【お香レビュー】チャクラ全開になります。HEM CHANDAN(チャンダン)

なんだかこう最近体の調子がよくないと感じていませんか?

その原因は野菜不足でも運動不足でも睡眠不足でもありません。

チャクラが閉じてます!

そんなわけで今回は僕が一番愛用しているお香チャンダンを紹介したいと思います!

こいつのフレーバーで身体中のチャクラが恐ろしく研ぎ澄まされたものになることでしょう

あとやっぱり野菜不足の人は野菜を食べた方がいいし、運動不足の人は運動した方がいいし、睡眠不足の人はすごく頑張ってるなぁと思います。

スポンサードリンク

チャンダンとは

そもそもチャンダンとは何か。

チャンダンというとどこか知らない国の格闘家の名前のようにも聞こえますが、わかりやすく言い換えると白檀もしくはサンダルウッドです。

今回紹介するチャンダンはもちろんのことインド香なのですが、白檀は日本でも昔から香りの原料として愛されてきた植物です。

扇子の骨に使われているのでおばあちゃんっ子には特になじみが深い。

何が言いたいかというと日本人の遺伝子にしっかりと染み付いている香りなので人気が出るのも当然のお香だということでございます!

そんなチャンダンがこちらです。

PRECIOUS CHANDAN プレシャスチャンダン

アホなんでプレシャスの意味が全くわかりませんが、お願いしゃす!チャンダンさん!みたいな感じかと思います。

漂うインド感。

火をつける前の香りはどことなく爽やかさとスパイシーさが入り混じった香り。

扇子を開いた時の香りからは結構遠ざかっているので、なにかしらの調合はしている模様。

火をつけると煙のにおいと混じって日本のお線香に近いけども、どこか少しスパイシーで落ち着くような香りになります。

個人的には浅草寺の前で煙を浴びている人たちがいると思うんですけど、まさしくその香り!

ありがたそうな香り。

白檀の香りには鎮静作用があるので、勉強中にチャンダンのお香を焚けば、集中力アップ間違いなし!?

僕は今チャンダンを焚きながらパソコンに向かって黙々とブログを書いているわけですが、作業が黙々と進んでいます。おそるべしチャンダン。

ネットショップとか実際のお店とかでも「一番売れています!」と書いてあるのをよく見かけることから万人ウケする香りでもあるのでしょう。

個人的にオススメ度ナンバー1の無敵インセンスです!

ちなみにチャンダンはお香にしては珍しく、アマゾンで買った方が一個あたりの値段がやすくなります。

お香が安いマライカなどのエスニックショップでも1箱100円に対して、アマゾンでは1個あたり79円!

一度実際に匂いを嗅いでみてリピ確定!という気持ちになった人はまとめ買いしちゃった方がお得ですね。

そんなわけで、僕もチャクラが研ぎ澄まされてきたのでそろそろお暇しようと思います。

おしまい!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする