【お香レビュー】ハチミツのような甘美な香り|HEM ROSE(ローズ)

お香といえばオリエンタル&スパイシーに限るんじゃ!

…はっ!いっとくです。

僕は大体のものは食べれます。

好き嫌いはほとんどしないし、食わず嫌いもほとんどありません。

しかし、なぜかお香に関しては食わず嫌いならぬ焚かず嫌いをしていました。

フローラル系です。

多分フローラル系の洗剤があんまり好きじゃないからでしょうか。

しかし、そんな僕にもフローラル系のお香に挑戦する機会が訪れたのです。

HEMのアソートセットを買ったのでね!

関連記事:お香を買うならHEMのアソートセットが一番ワクワクする

そんな訳で今回試したのがコチラです!

HEM PRESIOUS ROSE プレシャス・ローズ

日本語でいうとプレシャスなローズ。

もっと日本語でいうと大切なバラ。

もう花の王道ですよ。

あんまり強い花の匂い嗅ぐと頭痛くなりそうだなぁと思っていたのですが、想像とは裏腹に良かった!

スポンサードリンク

PRESIOUS ROSE プレシャス・ローズの特徴

バラといえば愛!

愛といえば甘美なもの。

それにちなんでか、バラは強く甘い香りがする。

個人的にはきつすぎて苦手…

そんなバラの中でもさらにプレシャスときたもんです。

たまらんぜ。

まずはいつも通り、火をつける前のインセンスの匂いを嗅いでみる。

強えぇぇ…

強烈に甘い香り。

でもどことなくバラのフローラルな香りにメロンのようなフルーツ感も混じっているような…

これは火をつけたら大変なことになるんじゃないかと少し不安になりながらも着火。

立ち込める煙。

そして、、、

愛!

火をつけたら急にお香っぽくなります。

その甘さは優しく、まるで母の香水のよう。

ふと頭の中に一つの風景がよぎります。

そう、授業参観です。

小学生の頃以来感じていなかった、授業参観の恥ずかしい気持ちとワクワクした気持ちが入り混じるあの不思議な感覚が蘇ります。

Oh…PRECIOUS!

おふざけは置いといて、火をつけると煙が混じって全体的に優しいフレーバーになります。

焚いている間もそうですが、時間が経つとどんどん優しい甘さに変わっていき、部屋がすごくいい匂いになる。

どことなくハチミツに近いような甘さ。

ハチミツも元は花の蜜だから不思議ではないか。

女性の部屋からこの匂いがしたらやばいかも!?イチコロかも!?

服にもちょうどよく匂いが残るので香水なくてとってもエコ。

女性は香水バシャバシャかけるなら寝る前にローズ焚いたほうがいい感じになるのでは、と思わされるような魅惑的な香りでございます。

フローラル系…

悪くないねぇ。

例によってローズも単品買いするよりはまとめ買いしたほうがお得です。

ただしずっと使っていると飽きがきそうな感じはするのでご利用はご計画的に!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする