栃木県のコンビニで必ず見かけるアレを試してみた

こんにちは!いっとくです!

僕は今リゾートバイトで栃木県の日光に住んでいますが、コンビニに行くと必ずアレを見かけるんですよ…

黄色くて四角いアレを。

レモン牛乳!

よくよく見たら商品名は「関東・栃木レモン」になっていますが、通称レモン牛乳として栃木では大流通してます。

コンビニに行ってもあるし、スーパーに行ってもあるし、ホテルの売店にもあるしどこでも見かけます。

栃木県内であればどこに行っても見かけるのに他県では全く見かけないというガラパゴスっぷり。

我が地元北海道の「カツゲン」を彷彿させてくれますね。

カツゲンうまいよ!カツゲン!

派生商品も幅広く販売されており、アイスやヨーグルトはわかるのですが、せんべいやウィンナー、まさかのざるうどんまで出ているのは赤城乳業も驚きのチャレンジ精神ですね。

売り文句は「なつかしい味」

いや、、、飲んだことないから!

スポンサードリンク

というわけで本当になつかしい味かどうか確かめてみた

栃木に住み始めてもはや5ヶ月ほど経とうとしています。

コンビニやスーパーでは毎回見かけていたけど、紙パックという携帯性の悪さから買わずにスルーし続けたレモン牛乳。

…ついに飲むときがきました!

それでは早速ストローを突き刺していこうと思います。

少し押すとレモン牛乳がストローを上ってきます。

予想通りの薄黄色の液体。

味はなんだか甘くてレモンフレーバーがします。

レモンゴリ押しのパッケージですが、レモン果汁は入っていないため酸味は全くありません。

甘い牛乳にレモンの香料を足しています。

結構、ミルク感が感じられて美味しいですね〜。

流石に老舗の牛乳屋さん。

牛乳にこだわっていそう。

そしてなんだろう。

この味。

なんだか。

…なつかしい!

飲んだことはないんだけどなんだろうこの懐かしさ…

平成生まれなのに昭和を思い出すよ。

厳密にはクレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲に出てくる昔っぽい雰囲気を模した風景が頭の中を駆け巡る。

結論:レモン牛乳は道産子にもなつかしい味だった。

飲んでいるとストローに隙間が開いてしまい空気が入って飲みにくかったので、引っ張ると、、、

Oh….!!

取れた。

結果的に空気入らなくなったからいいかと思って飲もうとしたら、、、

Mmm…..

吸えない。

結局上からこじ開けてゴクゴク飲みました。

飲んだことない人にも「なつかしい味」なので皆さんも栃木に来たらお試しあれ〜 。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする