「れんがya」という地元民に愛される日光の焼きそば専門店に潜入

今日はちょうど台風も接近しており、最悪の天気だったにも関わらず休みだったので税金を払いに下界に降りてきました。

バスで山を下ること1時間。

ここまで行かないとATMのあるコンビニがないのです。

何でお金払うために2700円を払ってコンビニ行くのか納得はいきませんが、とにかく納税サボると今後怖いことが起きそうなので渋々行ってきました。

そしてコンビニ付近でこの前社員さんが話していたお店を偶然発見!

焼きそば専門店「れんがya」

話によると、日光市の人にとってはソウルフードのようなもので知らない人はいないのだとか。

そして味はめっちゃ好きな人と全然好きじゃない人のどちらかに別れるもよう。

その社員さん方が「ゴムそば」と呼んでいたことから、日光市民にはその愛称で通っているのかもしれないし、通っていないかもしれない。

曰く麺が短く切れた輪ゴムのような食感だとか。。。

話を聞く限りあまり美味しそうな印象は持てませんでしたが、日光に来たもの一度も飲食店に入っていない上に、この地域はどこにいっても湯葉湯葉湯葉湯葉と湯葉を勧めてくるので、まずは試そうぜということで突入して来ました。

店の中は昔からあるナポリタンが美味しい喫茶店のような感じ。

入ってすぐに壁に大量の色紙が目に入ってくるため、我期待高まりけり。

メニューを見るとその安さに驚く。

普通盛りなら550円。

さらに大盛りと特盛りがあり、さらに上に値段だけプラスされているものの、名前のない料金設定が。

何と言って頼めばいいのだろう。。。

グルメ系のポータルサイトを見ると玉子やきそばが圧倒的に人気だったが、特に玉子を欲しているわけではなかったので普通盛りを注文。

メニューの裏には、お店のこだわりが書いている。

とにかく、伝統的で噛めば噛むほど味が出る無添加のヘルシーな焼きそばとのこと。

もちろん麺は自家製麺。

さらに写り込んだ左手がまるで芋虫のようです。

読んでいるとあっという間に焼きそばが到着。

結構でかい。

普通盛りでこれなら、恐らく1100円の名無しメニューはお相撲さんしか食べ切れないであろうことが容易に伝わってくる。

これで550円なら相当安いなぁと感心しながら一口。

う、う、う、

うすーい!!

食感はゴムというほど歯ごたえのあるものではなく、少し硬めのやきそばという感じなのですが、味付けが薄い!

これが噛めば噛むほど味が出るというキャッチコピーの正体か!

なのでめちゃくちゃ噛む。そして味を探す。。。。

あ、やばい。見つからない。

結構よく噛みましたが見つかりません。

舌に封印の呪いでもかかっているのでしょうか。

そこでテーブル脇にある塩胡椒を投入。

しょっぱい。

ストレートな塩胡椒味になります。

周りの席では日光の人と思しき作業着のおっちゃんたちも飯を食っていたので、どう食っているのか観察してみると、どうやらみんな卓上のソースをかけていることに気づく。

僕の次に来た人もソースをかけていた。

大盛りっぽかったが普通盛りの1.8倍くらいある。

そうか、日光の人たちはみんなこれにソースをかけて食べているのか。

てっきり卓上の黒い液体を醤油だと思い込んでいた僕に一筋の光が差し込む。

ソースを垂らして食う。

うんめっ。。。

スポンサードリンク

まとめ

卓上のソースをかけると美味しい焼きそばになる。

日光の民は皆かけているようだった。(その場では5分の5でかけていました)

値段もかなり財布に優しく、車で近くをとったら寄っちゃいそうなお店です。

バス停が正面にあるので、バスを待っていたらしょっちゅう車が来てテイクアウトしていました。

ビールがあればよかったなぁ。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする