手持ち花火の良さがわからない

こんにちは。

最近はホリエモンとかイケハヤとか、日本の古い体質に厳しい人たちの本ばかり読んでいます。

その結果、性格が捻じ曲がってきたような…?

そんな僕の性悪エピソード。

この前、一人でくつろいでいたところ同じく住み込みでアルバイトをしているやつからLINEが。

「今、何してます?」

私「うるさい」

「今から花火するんですけど来ません?」

私「行かない」

「みんなくる感じですけど来ません?」

私「行かない」

こんな感じでありがたくも花火のお誘いがありましたが、クールを気取っている思春期の高校生のごとく頑なに断る私。

もちろん、私も鬼ではないので完全に行きたくないわけではありません。

しかし、ここには一つの問題が。。。。

そう。

何を隠そう私は手持ち花火が大嫌いなのです。。。

さすがにうんこよりは好きだよ!?

でも爪切りや生ハムと比べると圧倒的に嫌いです。

打ち上げ花火ならわかります。

綺麗だし、音にも光にも迫力があって、パワーを感じます。

ただし手持ち花火は本当にわからんのです。

汚いか綺麗かでいったら綺麗ですけど、感動的に綺麗だとは思いません。

そして一番厄介なのは、それを持ってどういう反応をしていいのかわからない!

笑う?叫ぶ?人に向ける?

花火を向けられることが人生で一番嫌い。

二酸化炭素も出るし、蚊にも刺される。

お金と時間も消費する。

僕は子供も苦手なのですが、その最も大きな原因はどういう反応していいのかわからないから!

手持ち花火は結局これと同じことが起こるんですよ。

なんというか、ビンゴ大会で一番最初に当たってしまってなかなか言い出せないみたいな。

これは違うか。

あぁ、でも線香花火はいいなぁ。

細カワ。

そんな感じで手持ち花火にはかなり否定的な意見を持っているので、誰か論破してください。

そして僕と花火しましょう。

後日、その時の花火の写真を見たらね、羨ましいな!って思いました。

自分アホ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする