夏の終わりと滋賀最後の夜に

4月中頃に滋賀県長浜市のホテルでリゾートバイトを始めて早4ヶ月が経ちました。

来た時はやや寒かったけど、いつのまにか夏になってたのも束の間。

もうすでに涼しくなっています。

はじめからわかっていたことだけど、実際に一つの季節を過ごしてみると不思議な気持ちになります。

明日の朝の営業を乗り越えたら、そのまま一回北海道に帰ります。

もはや繁忙期も終わってただの消化試合なので、すごくやる気がでないですね。

そして、これでまずは一区切りなので琵琶湖ライフを振り返っていこうと思います。

スポンサードリンク

4月

4月はついに3年間続いた会社員を辞めて半月ほどニートになりました。

このときはリゾートバイトなら半年で100万円貯まるんじゃないかと本気で思っていました。

半年は無理なので思ったより長い道のりになることを教えてあげたい。

中旬くらいから滋賀の長浜にリゾートバイトでホテルに住み込みました。

ホテル暮らしサイコー!とか思ってたのが懐かしい。

ホテルの仕事が思ってたよりきつくて、月末からはリゾバではなく住み込みと呼ぶようになりました。

ブログも4月から始めて、ようやくまともな更新をするようになりました。

5月

5月は1番印象が薄い。

多分ゴールデンウィークでそれなりに忙しかったけど、それ以外は何かした記憶がありません。

改めてブログ読み返しても、そこまで真面目に書いていなかったからよくわかりませんね。

たしかこの月の最後にカードの支払いが22万円まで行って脳天揺らされました。

6月

6月は閑散期に突入したので、すごく本を読んだ月でした。

ホリエモンの多動力以外何読んだか忘れちゃったけど、図書館とかにも結構通ってましたね。

暇な時期に入ったことでジョイフルに入り浸るようになる。

ヨーグルト栽培を始める。

5月のカードショックでクラウドワークスでの案件をこなし始める。

そしてこの月もパソコン分割購入の影響でカードショックが起きる。

7月

7月からちょっとだけダンス復活し、ブログの更新回数も増えていきました。

もうすでに今の生活リズムにも長浜にも慣れて日々のルーティーンが固定化してきました。

社員さんには忙しくなるよと言われていたけども、中々忙しくならないなぁと思っていたら終わってました。

この月くらいからバイト仲間たちがすごく仲良くなってました。

8月

そして最終月。

この月は本当によく働いた。

朝6時から働いて夜の12時まで働く。

そして次の朝はまた6時という繰り返し。

長い日は13時間以上働きました。

立ち仕事なので非常に疲れた。

これで25万円と考えると、やっぱりお金稼ぐのは簡単じゃないなぁと思うと同時に別の稼ぎ方についてめちゃくちゃ考える機会になりました。

長浜での住み込みを終えて

明日で終わると思うとさみしいですね。

4ヶ月間も文字通り同じ釜の飯を食ってきた方々と離れるわけですから。

しかし、この4ヶ月はすごく良い時間でした。

というのも

  • 少額だけどパソコンを使ってお金を稼ぐことができるようになった。
  • 中抜けの時間を使って多くの本を読むことができた。
  • 新しい土地で新しい挑戦をすることで自分の強み弱みを改めて見直すことができた。
  • 行動力がついた
  • 働き方というものについて、たくさん考える時間があった。

などなど色々と学ぶことがありました。

特に会社員時代と大きく変わった部分は、中抜けの休憩時間に自分のために時間を使うことができるようになったことですね。

会社員の時は起きて仕事に行って、帰ってスマホやパソコンいじって寝る。

そして休日は遊ぶという生活でした。

しかし、正しい生活リズムの中で毎日5時間も好きなことができる時間があると、本を読む量も増え、色々なブログを読み大量にインプットすることができました。

おかげで情報が多く入りすぎて、今も整理しきれていません。

また、こうしてブログを書いてアップすることによって、今までほとんどできていなかったアウトプットもたくさんできました。

その結果、アウトプットの重要性を実感し、バイト仲間との会話内容や自分自身の考え方も変わって来た気がします。

もちろん精神的にきつい部分もありましたが、まずは海外留学するという目標を達成するためにも次の職場で頑張っていきたいと思います。

ちなみに明日の飛行機で北海道に帰り、9月5日から山梨県の合宿所に住み込んで働きます!

最初は気軽に帰れないように関東から離れたところにしようと思いましたが、どこに離れても筋肉定食の活動で呼び戻されてしまうことがわかったので関東に帰りやすいところで働く決断をしました。

そんなこんなで僕のリゾートバイト滋賀県長浜編完結です!

お世話になりました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする