田舎に住みたいけど都会の便利さが必須と思っている人に知って欲しい都会の消費圧力。

最近YouTubeのコメントで一番笑ったのは、尾崎豊の15の夜のライブ映像にあったこのコメント

いっとくです!

1ヶ月の山梨ライフを終え、東京に戻ってきました。

いや〜、山じゃないところの天気は変わりにくいね!

晴れてるからという理由だけで安心して洗濯ができる代わりに、天気が悪い日は希望もクソもない。

山中湖だと晴れてても雨降るから。

とりあえず次は栃木の日光で山籠りする予定なのですがトランジット中です。

スポンサードリンク

都会の本当のコストは家賃と消費圧力

東京に戻ってきてからわずか1日で多分山梨で見かけた全人口を超えました。

そりゃそうだよね!

だって東京の人口密度山梨の33倍だもの。

東京1日で山梨33日分の人間を見るはずだもの。

ところで東京は物価が高いから住むのは、、、という声をよく聞きます。

僕自身東京に住んでいた頃は、家賃以外あまり変わらんくない?と思ってました。

でも改めて数日間過ごして思いました。

東京に住むコストは、なによりもその消費に対する圧力なんだと。

東京にはきらびやかなお店やスポットがたくさんあります。

そして、歩いているだけでこう囁いてきます。

「お金使え〜、お金使え〜」

と。

何なら道ゆく人もブツブツと「お金使う、お金使う」とつぶやいているのではないかと。

なんとお金を使える場所の多いことよ。

これが最大のコスト!間違いない!

少し歩けば何個もコンビニがあり、駅の周りには飲食店が乱立し、すぐそこには自販機がある。

コンビニや自販機は、もはや2世帯住宅の数よりも多いのではないか。

住み込みのアルバイトをしていると、ほぼ食費と家賃がかかりません。

そのせいで金銭感覚が逆方向にイカれてはいますが、感覚値だと1週間あれば山梨で使った1ヶ月分のお金を消費してしまいそうな気がします。

なんせ山梨では付近に観光客向けのほうとう屋さんかコンビニしかありませんでした。

すると、例えば服屋や飲み屋など選択肢にない欲望が不思議と湧いてきません。

コンビニ欲だけの生活。

飲むとしてもコンビニやスーパーなどでお酒やお菓子を調達して宅飲み的なものになるので、毎回500円で収まるという財布エコパーティ。

でも東京で飲み会となると何故かほぼ必ず居酒屋に行き、安い居酒屋に行っても3000円かかることなんてよくあること。

もちろん東京の方が賃金が高いというのはあるけども、貯金は相当な意志の持ち主でないと難しいでしょう。

東京が便利すぎるけど地方に興味がある人はとりあえず1ヶ月住んでみよ

田舎から上京して都会の便利さに取り憑かれてた昔の僕。

リゾートバイトをきっかけに田舎に住むことの魅力を発見してしまいました。

確かに東京は便利です。何でも揃います。

でも田舎も住んでみるとほとんどのことは不便しません。

むしろ欲しいという感情が落ち着く。

選択肢になくなるという方が正しいかもしれません。

限りある24時間の中から欲を満たすという行為が減るので、自分のための時間が増えます。

読書、捗ります。

勉強、捗ります。

おかげで目、悪くなりました。

疲れた時は湖とか夜空を見てぼーっとします。

気づいたらその土地に愛着が湧いてきます。

スズメバチだけはずっと無理でした。

あと虫がデカくて多いのは慣れるのに時間がかかりました。

たぶん今なら靴下履けばカマドウマ蹴れます。

きっとこれで自給自足せねばならんとなるとまた変わってくるんだろうけど。。。

でも今はインターネットも発達してリモートワークなんかも増えてきています。

正直住んでて思ったのは、田舎の家で家庭菜園で自給自足しながらパソコン使って仕事するのが一番幸福になれるんじゃないかと思わされた1ヶ月でした。

本当に田舎暮らしに興味あるけど都会の生活が便利すぎて離れる怖い人は試しにリゾートバイトした方がいい。

家庭持ちや正社員の立場を手放したくない人は、、、、ご計画的に。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする