1週間お風呂に入らないとこうなるから!

どうも、ごきげんよう。いっとくです。

突然ですが、みなさんは毎日お風呂に入りますか?

中にはお風呂が嫌いと言う人もいるかもしれませんが、ほとんどの人は毎日入っているんじゃないかと思います。

かくいう僕もよほどのことがない限りは毎日入っていました。

そして今、よほどのことが起きており1週間お風呂に入っておりません!(十二指腸潰瘍で入院中)

そこで今回は1週間お風呂に入らなかったことで何が起こるかをお教えします。

スポンサードリンク

シンプルにくさすぎる

これに尽きます。

特に頭皮と股間周りを中心に体は腐敗していきます。

まず頭についてですが、例えるのであれば小さな町でトップクラスに臭いお父さんの枕みたいなニオイがします。

普通にしているだけでもたまに臭ってくるし、頭を掻いたなら指先は瞬時に枕の嫌な部分の臭いになります。

しかも、頭が痒くなる頻度はもれなく前月比5倍なので、指先の汚染頻度も必然的に高くなります。

どれだけお風呂が嫌いでも頭だけは絶対洗った方がいい。間違いない。

そして、パンツ。

僕は今点滴やら謎の管で繋がれているため、服を着替えることができません。

厳密にはTシャツが着替えれないだけでズボンは替え放題なのですが、上も替えないのであれば下も…というのが人間の常。

つまり、オブラートに包まずにぶっちゃけると、1週間わざとパンツを履き替えていないのです!

こういうとただの変態みたいですが、これもなかなかキツイものがあります。

僕はよく椅子に座ってパソコンをいじっています。

その時、片足だけ椅子の上に乗せてハードボイルド気取りの座り方をしていることがあるのですが、突然異臭が。。。

ズボンか?と思ってニオイを嗅いでみても騒ぎ立てるようなニオイではない。

そして気づく。

パンツのニオイがズボンを貫通していることに!

もはや今履いているパンツは退院と同時に病院のゴミ箱にブチ込んで帰りたい気持ちが強すぎます。

しかし、僕は豊富にパンツを持っているわけではないのできっと洗って使うことになるのでしょう。

というわけで1週間風呂に入らないと、自分でも耐えがたいくらい臭くなりました。

雪?いいえ、フケです。

当然のことながら1週間も風呂から遠ざかっているとフケがすごい出て来ます。

トイレにいき鏡を見るたびに髪にこべりつく白いホコリのようなもの。

そもそも髪自体が皮脂の影響でギャッツビーの弱めのワックスをしっかりつけたみたいな質感になってますが。

幸いグレーのTシャツを来ているので全く気になりませんが、きっと黒いTシャツなら襟周りに汚い雪景色が敷き詰められることでしょう。

また、どんどんPCのキーボードの隙間に入っていくことも問題です。

特にMacBookのキーボードって隙間が小さいから一度入ると思い切り息を吹きかけても全然撮撮れないのです。

しかし、個人的に一番驚いたのは、頭皮だけには止まらず顔全体からフケが出て来たことですね。

顎、頬、鼻、デコ全ての箇所からフケ的なものが出るわ出るわ。

よくよく考えると鼻のチューブ取れたから洗顔くらいはできるよね!

というわけで1週間お風呂に入らないと顔からもフケが出てきます。

結論:毎日風呂に入った方がいい

こうやって実際に1週間風呂から遠ざかった生活をしていて思ったこと。

それは、毎日風呂に入った方がいいということ。

当たり前だけど、自分から嫌なニオイが出ていることに気づくと急に萎縮してしまうものです。

そんなことで悩むくらいならいっそのことお風呂に入って清潔感を保つことが、より明るい生活を続けるために必要だと気づくことができました。

それでもめんどくさいというあなた。

せめてタオルで拭きましょう。

以上、お風呂に入らないと起こる出来事についてでした!おしまい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする