甘酒が体に良すぎてうますぎて飲みすぎてしまうから逃げたほうがいい

こんにちは。いっとくです!

突然ですが、甘酒ってどんなイメージですか!?

僕は昔から甘酒が苦手でした。

というのも名前に酒が入ってるせいで、子供ながらに飲んでいいのか悪いのかよくわからないというファジーな印象を引きずっている!結果、正体不明で恐る恐る飲む飲み物というイメージがこべりついていました。

あと、どことなく漬物っぽいニオイがするイメージがあったのもあるかもしれません。

しかし、僕が今住んでいる新潟はまさに米の名産地。

当然米から作られる甘酒はこれでもかというほど売っている。

あまりにも売ってるもんだからうっかり買ったら、うますぎてびっくりしたので飲みすぎてる。逃げないとやばいよ!

スポンサードリンク

甘酒のマイナスイメージを払拭する

甘酒は体にめちゃくちゃいいことから「飲む点滴」なんて言われて、ちょっとブームになったらしい。

でもやっぱり甘酒はまだ市民権を得てないと思うんだ、僕は。

だって好きな飲み物なんですか?って聞かれた時にココナッツウォーターくらい出てこないでしょ、甘酒。

その最大の原因は名前だと思う。

甘酒は改名せよ

甘酒は名前に酒が入っているのにアルコールが入っていないという天邪鬼なやつなんです。

と思いきや、実はアルコールが入ってるやつもあるという裏切りの連続。

まさにブルータスお前もか状態なのですが、このややこしさが甘酒の繁栄を阻害していると思う。

どうやら甘酒は2種類あって、米を麹で糖化させて甘くした「米麹甘酒」と酒粕を水でといて砂糖などで味付けした「酒粕甘酒」があるのです。

この酒粕タイプはアルコールを含んでいる上に、健康にいいと言われている方は「米麹甘酒」の方らしいので別物として考えましょう。

そこで「酒粕甘酒」を甘酒、「米麹甘酒」を健康兵器KJと呼びたいと思ってます。

まずは健康兵器KJがどれくらい健康にいいのかを解説したいのだが、健康兵器KJではあまりに呼びにくすぎるので便宜上「甘酒」と呼ぶことにする。あれ?ふりだしに…

まぁなにはともあれ、これでマイナスイメージの一つを払拭できたと思う。

続いて漬物くささについて。

漬物くさいのは一部の甘酒

これはもしかしたら僕だけなのかもしれませんが、甘酒って漬物みたいなニオイすることありません?

いやまぁ漬物好きなんですが、甘いものからこれがするとどうもね…?という感じ。

おそらくこれは原料の米麹が関係しているんじゃないかという気がしますが、実際に越後湯沢に来ていろんな甘酒を飲んで見た結果、それはごく1部に限るということがわかりました!

むしろ強烈な甘さの中に蜂蜜のような濃厚な香りや、謎の爽やかさすら感じるものも!

そんな訳で一度漬物臭を感じたくらいで諦めないでください。

甘酒はあなたを待っています!

甘酒はこれくらい体にいい

飲む点滴とか言われてるけど本当に体にいいの?っていう話ですよね。

めちゃくちゃいいらしい。

最近めっちゃ飲んでいて、その効果を実感しているかと言われたら無口になってしまうと思うけど、めっちゃいいらしい。

何にいいかって、まず腸にいい。

最初から分解された糖だから、胃腸への負担が軽いし、オリゴ糖が大腸で効く。死ぬほど効く。

つまり便秘が解消できるって訳だ。

どうりで最近急な便意で漏らしそうになることが多いなと思っていたよ!

そして脳にいい。

ブドウ糖が入ってるから、速攻エネルギーになって速攻脳の疲労が回復する。

だから最近はライティングの仕事をしまくっているのだけれど、意図的に甘酒を飲むようにしている。

集中力は上がったかもしれない。

けれどもやっぱり締め切り間際のような、あの追い込みは再現できそうにない。

さらに肌にいい。

なんでも必須アミノ酸が全部含まれていて、ビタミンB群が豊富で、代謝を助ける酵素が100種類以上入っているらしい。

なんかすごそうだ。どの成分ががどう効くのかはさっぱりだがとにかくすごそうだ。

しかし、僕の肌荒れは一体いつ治るのだろうか…??

とにかく、腸が良くなって、頭の回転速くなって、肌が綺麗になったらそれだけですごい。ミス東大くらいすごい。

しかもめちゃくちゃうまい

人は体にいいと聞くだけで飲みたくなるんですよね。これは不思議でしょうがない。

慢性的には体にいい生活していない人でも、急に体にいいからといって野菜ジュースを飲んだり甘酒を飲んだりするわけだ。

だからと言ってそれを飲んで健康を実感するのは難しい。だって健康になっても何が原因か分からなくない!?

でもなんとなく安心するし、信じきっている。

きっと人間はちょっと安心するために、その場しのぎで体にいいものを摂取したくなる生き物なのかもしれない。

そんなわけで健康のために甘酒を飲む!

…と言いたいところだが、これがうまくてしょうがないことに気づいた。

砂糖を使っていないけど恐ろしく甘いのです。

さらに、謎の爽やかさ。

特に今は夏なので冷やし甘酒の全盛期です。

はっきり言って温かい甘酒はそんなに好きじゃない僕ですが、冷やし甘酒は本当にうまい。

なんなら毎日飲みたいんですけど一つ問題が…

普通に高くね?

唯一の欠点!甘酒は高い

そんな本当はうまくて体にいい甘酒なんですが、個人的に思ってる最大の欠点。

それは値段が高いこと!

もうあれは暴利を貪ってるよね!なに?税金でもかかってんの?ってくらい高い。

酒税がかかっていてほぼ同じ製法なんじゃないかと思われる日本酒よりも高いこと多々あり。

安いのなんて森永の甘酒くらいですよ…(もうちょいあるか)

特に米と麹だけで作った系の甘酒は基本的にヤクルト並みのサイズで200円は簡単に超えてくる。ハーゲンダッツより高い。唯一の欠点。

でもやっぱり甘酒はオススメ

甘酒は高い。でもそれを補って余りあるうまさと栄養がある。

特に脳の疲労回復効果は筆舌に尽くしがたいものと思われる。

これ以上に美味しくて健康にいいものあります??

あるなら教えてくれー!飲むからー!食べ物だったら食べるからー!

ちなみに八海山だのセブンのPB商品だの白鶴だの乳酸菌入っているやつだのいい感じに分離しているやつだのもう本当に色々飲んできましたが、結局一番うまかったのはこれでした。 もっといいの見つけたので最後に追記します。

小さいのに高いんですよ、こいつは。

でも流石に魚沼産のコシヒカリを使っているだけはある。適度な甘さと謎の爽やかさ。抜群にうまいです。

そして、大量に残っている米の食感!

あれ…?おかゆ飲んでる??みたいな感じ。

ちなみにこのまるいち謹製魚沼産コシヒカリ甘酒は名前の通り魚沼産のコシヒカリを使っています。

このコメがどれくらいすごいかわからない人向けに解説すると、28年連続食味ランキングで最高評価を獲得し続けた伝説的な米。

2017年に最高評価を逃したことは、魚沼地区ではかなりのビッグニュースになったそう。

最近、魚沼産のコシヒカリばっかり食ってるんですが、衝撃的なうまさです。なんでこれで最高評価を逃したのかわからんレベル。とにかく色艶、粘り、硬さ、甘み、どれも絶妙です。

ちなみに越後湯沢の人は米にプライドを持ってるけど、ずっとこれを食べて育ってきてるから、このポテンシャルの高さにピンと来ていない人もいるように感じます。笑

Amazonには売ってないのがちょっとネックですが、最高の甘酒です。

【2018/6/13追記】

色々飲んだとか言っておきながら、もっといいの見つけてしまいました。

ちょっと一本がデカイのでお試しで買うには微妙っちゃ微妙かもしれません。

しかし、このスッキリした甘さ…最高品質!

もう小さいの毎日買ってたのですがちょっとお金もったいなぁということで、大きいやつの方がコスパよくない!?ってことで選んだのが三崎屋醸造の甘酒。越後湯沢だと結構いろんなところで見かけるんですが、デカさゆえに今まで買ってこなかった。

しかし最高でした。ありがとうございます。

甘酒サイコー!でも高くて財布をずいぶん圧迫するから逃げた方がいいよ!逃げろー!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする