ブログのPV数が月間1000を越えたと思ったらGoogle Analyticsの設定ミス発覚!WordPressはプラグインにも気をつけよう

こんにちは、いっとくです。

ついにこのブログの月間PV数が1000を越えました。

ファーストステージ突破です。

という記事を書こうとしたらGoogleAnalyticsの設定ミスが発覚してただの勘違いに終わりました。

春の夜の夢の如しでした。

今月に入り、ほとんど知り合いしか見ていないはずのこのブログがじわじわと閲覧数を伸ばして1000PVを越えていました。

これは素直に嬉しいと思い、ふとGoogleAnalyticsを隅々まで見ていると直帰率がグイグイ下がって5%という異常な数値を叩き出している。

こんな直帰率を叩き出すほど魅力的な文章を書けているだろうか、いや書けていない。(反語

というか普通ブログなら直帰率は80%台になるでしょう。

とりあえず前職でクライアントのウェブサイトの解析データを見ていた時にGoogleAnalyticsのトラッキングコードの重複貼り付けで同じ現象が起こったことがあったので早速ソースを確認。

ここで壁にぶつかる。

…トラッキングコードが一つしかない!?

そうやらトラッキングコードの重複はしていない模様。んん〜わからん!

スポンサードリンク

GoogleAnalyticsのタグが重複していない場合はテーマとプラグインの設定を見直すべし!

ソースとどれだけにらめっこをしてもトラッキングコードが一つしか見当たらない。

デベロッパーツールでソースを見ても怪しいものが一つも見当たらない。

じゃあどうすればいいんだろうかと悩んでいたところ、ネット上にはたくさんの直帰率の異常値に関する記事がたくさんあったので漁りまくる。

すると、ちょうど今使っているワードプレスのテーマのSimplicityとAll in One SEOで異常値を出している記事がありました。

参考にした記事:直帰率が低すぎるときはGoogle AnalyticsのトラッキングIDの重複を疑うべき

僕の場合はSimplicityの方でGoogle Analyticsの簡易設定はしておらず、テーマ編集に直接トラキングコードを貼っていました。

なのでSimplicityの方での設定は特に見当たらず。

そしてAll in One SEOの方を見たところ、、、

…ありました!発見!確保ー!

申し訳程度にトラッキングIDだけ貼られています。

すぐに消す!

不要なものを無くすのが禅の心得なり。

こんな設定したことなんて普通の人なら記憶に残らないので、All in One SEOのプラグインを使っている人は注意した方がいいですね。

今回はワードプレスのテーマ変えた時にミスったっぽい。

半月分はPV数が倍のカウントになっていたので、実質600〜700PVくらいでしょうか。

とりあえず設定できたのかどうかよくわからんので、このIDだけ外して様子見てみます。
→確認したところ直帰率が正常に戻ってました。(2017年9月18日追記)

正しい解析ができていないと精神衛生上よろしくないので、ワードプレスでブログ書いている人のなかに直帰率が一桁になっている人がいれば重複設定が怪しいのでぜひ確認すべきですね。

ソース上に一つしかなくても重複設定されている可能性があります。

そんなわけで正しく設定してみると80%台後半…

頑張ろう、おれ。

以上、Google Analyticsで直帰率が低すぎるときの解決方法でした。

おしまい!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする