人はこうしておじさんになっていく

こんにちは。いっとくです。

完全に私事ですが、最近全然眉毛の手入れをしていませんでした。

その結果、長く伸びた眉毛が重力に負けて下に垂れ下がって、街で見かけるおじさんのようになっていたのです。

そこで僕は思いました。

あぁ、人はこういう積み重ねを経てどんどんおじさんになっていくのだなぁ、、、と。

スポンサードリンク

油断しているとすぐおじさんになる!

毎日の眉毛の手入れを怠っていなかった自分は一体どこに行ってしまったのでしょうか…

行方不明になっているので、可能であれば捜索願を出したいレベル。

しかし、これは予兆の一つに過ぎないことに気が付いたのです。

僕はまだ20代中盤。社会では若い部類ではありますが、小学生から見ればおじさん。

100年前の日本の平均寿命が44歳だったことを考えると、しっかり人生を折り返している。

そこで最近気付いたこれを積み重ねておじさんになるんだろうなという体験について語ろうと思います。

身だしなみに対する意識が下がっていく

眉毛に始まったこの身だしなみ問題。

油断すると髪の毛くらい太くて長い眉毛が生えることも。

高校生の頃は毎日のように眉毛の手入れをし、毎朝どれだけ遅刻しそうでもワックスで髪の毛をバチクソ決め込んでいましたが、いつのまにかそんな気持ちは忘れてしまいました。

なんなら2日同じ服を着ていることも…

きっと人はこうして身だしなみに気を使うことに疲れておじさんになっていくだろうなぁ。

何もしてないのに足を痛めている

特に運動はしてない。ひねってもいない。

でも足の付け根が痛い。

なんだろうこれは?柔軟性が落ちてる証拠かな?

今住んでいる寮が和式のトイレなのですが、ここで用を足すと股関節がやられます。

一応毎日ストレッチするようにはしてるのですが、油断してるとすぐ怪我します。

ダンスする時もストレッチする前にテンション上がる曲が来て、急に踊り出したら全治2ヶ月の怪我をします。

きっと人はこうして怪我をしやすくなって、運動をしなくなっておじさんになっていくんだろうなぁ。

あんなに綺麗な軌道を描いていたおしっこが…

昔は綺麗な一本線を描いていたおしっこ。

いつの間にか二又のおしっこになっています。

それと関係あるのかどうかわかりませんが、残尿があることもしばしば。

かなり気を使ってふり絞らないと大変なことになります。

きっと人はこうして排尿機能が衰えておじさんになっていくんだろうなぁ。

突然襲いかかる便意

僕は昔から便意が訪れても我慢するタイプでした。

その結果、我慢し過ぎて便意が数日後までなくなることも。

そんな我慢強い僕だったのですが、徒歩5分の間ですら急に便意が襲いかかって来て、トイレがないと爆死寸前の冷や汗をかくようになりました。

やっとの思いで見つけたトイレが使用中だった時は、世界の終わりが訪れたような絶望感に襲われます。

その時に別のトイレを探すか、空くまで待つかというのは一世一代の究極の選択になります。

きっと人はこうして便意に抵抗できなくなっておじさんになっていくんだろうなぁ。

自然が好きになる

子供の頃に自然が好きじゃなかったかと言われるとそういうわけではないのですが、高校生を過ぎたくらいからは自然への興味はすっかり失っていました。

しかし、どうやらここ1年で急激に自然に目を奪われるようになりました。

咲き誇る桜や色あざやかな紅葉はもちろんのことですが、天気がいい日の山や野に咲く花、小さいけど綺麗な川など何気ない自然に心が癒されるようになっています。

立ち止まって見ることもしばしば。

だから老人は山に登ったり田舎の温泉旅行が好きなのかもしれません。

きっと人はこうやって自然が好きになっておじさんになっていくんだろうなぁ。

睡眠が変わってくる

睡眠が一番の娯楽といっても過言ではなかった学生時代。

特に一人暮らしをはじめ、学校の規則にも縛られない大学生活はそのピークです。

いつでも寝れるし、いつまででも寝れました。

しかし、今は睡眠が嫌い。寝ている間なにも起こらないんですもの。

リゾートバイトをしている影響もあって、早寝早起きが身につき、午後まで寝るということはほとんどなくなりました。

きっと人はこうして睡眠時間が減っておじさんになっていくんだろうなぁ。

昔はなかった毛が生えてくる

なんで人はハゲるのに、体毛は濃くなるのか。

ハゲの予兆は特にないので、そのショックは味わっていないのですが、今まで生えていなかった部分に毛が生えるのも意外とショックなものです。

学生時代はすね毛やもも毛、ケツ毛が気になり引っこ抜いたりしていたものですが、今では諦めてボーボー。

最近では、胸毛が1本だけ生えたり乳首毛が生えたりしては引っこ抜いて抵抗しています。

きっとこれも手がつけられなくなって抵抗をやめるのでしょう。

きっと人はこうして体毛が濃くなっておじさんになっていくんだろうなぁ。

歯並びが悪くなってくる

昔は歯並びを気にしたことがなかったのですが、気づくと歯が微妙に前後にずれてるし、1本だけ以上に削れていたりする。

コーヒーを飲むせいか前より黄ばんでいる気も…

きっとこうして歯並びが悪くなっておじさんになっていくんだろうなぁ。

素朴なもののうまさに気づく

昔は揚げ物やラーメンこそ至高の食べ物なんじゃないかと思っていました。

しかし、最近は素朴な旨味を持った食べ物がうまいと感じます。

例えば、昆布。

しょっぱいでも甘いでもない独特な旨味。しびれます!

例えば白米。

今住んでいる寮の食事は魚沼産のコシヒカリ。かつて食ったことないくらいうまい!

例えば水。

リゾートバイトをして各地に住んでみると、それぞれの地域で水道水のうまさが全然違う!今の所、越後湯沢の水が1位で2位が日光。

例えば甘いもの。

ケーキ?いえいえ甘味の王は甘酒である !

人はこうやって素朴な味わいを求めておじさんになっていくんだろうなぁ。

無意識で生きているといつの間にかおじさんになっています

ピックアップしてみるとかなりおじさんが進行していました。

悪いことばかりじゃないけど、意識することで防げるおじさん要素も多数ありますね!

とりあえず身だしなみだけは気をつけて、ダンディでかっこいい歳の取り方をしたいものだなぁと思いました!

以上、人はこうしておじさんになっていくという話についてでした!

おしまい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする