便秘を解消するのに何が一番効くのかを検証したら漢方にたどり着いた話

こんにちは、いっとくです!

なんだかここ数週間、ケタ違いの便秘で黄門様が虫の息です。

いきなり汚い話で恐縮ですが、便秘といっても毎日出てるんですよ。

しかし、その硬さが尋常ではなく毎回恐ろしく気を使って解放してあげないと、多分ちぎれちゃうんじゃないかというくらいの奴が大腸に待機しているんです。

おそらく原因は十二指腸潰瘍を治すために食物繊維を控えていることか、飲んでいる薬の副作用と思われる。

副作用説が一番濃厚。

今までこんなことになったことはなかったので大変困りまして、便秘解消に効きそうなこと全部やるという人体実験をしてみたら何が一番効くかわかりました。

スポンサードリンク

漢方!最強!

漢方の効果がすごかった!

飲み始めは全然効かなかったのですが、3日ほど続けるとコンクリートのように硬かった便が泥団子くらいには柔らかくなりました。

しかし良薬口に苦しということもあってすっごい飲みづらいんですよ。

舌に乗せた瞬間から甘いし苦いし薬草くさいし。

しかし効くもんは効くんですね。

素晴らしい効果でした。高かっただけある。

効かなかったシリーズ

色々試して効かなかったシリーズです。

どうやらウンティヌスの構成成分はほとんどが水だということで水分が足りていないと硬くなるんだとか。

それを知ってから1日4リットルという過酷な量を飲みましたが全く効きませんでした。

今回は水分不足が原因ではなかったとうことでしょう。

乳酸菌

便秘といえば乳酸菌がすごい効きそうですよね。

こんなタイミングで偶然もらった乳酸菌タブレット。

乳酸菌の栄養となるオリゴ糖、食物繊維も兼ね備えたこのタブレットなら一発で解消してくれそうだと思っていたのですが、予想に反して効果なし。

味がヨーグレットみたいでうまかったです。

一度食べだすと止まりませんが、腸内フローラの乱れが原因でもなかったようです。

キシリトール

ガムを食べ過ぎると腹を下す人がいるらしいですが、どうやらキシリトールには便を柔らかくする効果があるとかなんとか。

全く効きませんでしたが、口がさっぱりしていいですね。

長持ちするので滅多に買い物に行けない山の奥住みにはありがたい一品。

便秘の解消にはそれぞれの原因に合わせないと効果が出ない

今回色々と試してわかったことは、便秘を治すためにはそれぞれの原因に合わせて問題を潰さないと効果がないということ。

むやみに乳酸菌や水分をとってもそこに問題がなければ治らないのですね。

今回は恐らく毎食後に飲んでいる薬の副作用が原因だったっぽい。

漢方がなぜかそれを緩和してくれたようです。

あぁ、そんなことより黄門様がボロボロになってしまったよ。。。

そんな便秘に関するお話でした!

おそまつおそまつ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする