セブ島IT留学!滞在8週目|なぜみんなこぞってプログラミングをやるのか?IT留学で気づいたプログラミングの魅力

こんにちは。いっとくです!

ヤバイって言葉を日本人以外に教えるのって難しすぎてヤバイなと思います。

だって、冷たくても暑くてもデカくても小さくても危険でも安全でもヤバイって使うからー!でも一番ヤバイのは大したヤバくなくてもヤバイって使うところー!超ヤバーイ!

てことで僕は現在セブ島にIT留学で来ているわけです。

全部で3ヶ月のコースなのですが、もう残すところあと1ヶ月切っております!

セブは楽しいけど、日本でもこれから色々面白そうなことが起こりそうだから、いち早く帰りたいけどやっぱり楽しいから一生帰りたくないという究極の矛盾と戦っている最中です。

でも日本に戻ると全身無職なので、私「いっとく」こと、ノリ三世を採用したい人を募集しています。

そんな冗談はさておき、(まぁ割とガチで求職中ではありますが、、、)今週は本当に何もしていなかったんですよ!

セブやで!?ビーチもあるし、日本だと一晩で数万かかるんじゃないかくらいのラグジュアリーなバーでオシャレかつインスタ映え極まりない夜を破格の安さで過ごせるセブやで!?

もっと映えに映える渾身の写真をスマホと言う名のフィルムに納めて、1年くらい前に登録したものの一度も写真をあげていないのはもちろんのこと、そもそも全く見てすらいないインスタグラムという今巷で一番ナウいサービスにて華々しくデビューを飾りたーい!!

あぁ、でも大したことない写真アップロードしたらあれかも、、、「一年放置した挙句、最初にアップロードした画像がこの程度か…」という内容の手紙とともに、東京の家の鍵穴に焼きたての消しゴムを詰められるイタズラされちゃうかも…!?

どうしよう…

まぁ、いっか!ちょうど消しゴム欲しかったし!

とりあえず一番最初にインスタにアップロードしてみようと思っていた写真を今回のブログに載せますね!

ただただかわいいフリー素材

バカヤロッ!!

さて、そろそろお気付きですね?

ネタが尽きているということに…

いやネタ自体は結構ストックしてるんですが、今週の留学に関するネタがないんですよね。留学してるのに。

別に書くことないなら無理して書く必要もないんじゃないかとは思うんですが、7週目まで書き続けて来たので、ここで折れたら負けだよね。もう意地になっていますよ、僕は。

ということでなんとかひねり出した結果、今日は僕が最近毎日勉強している愛すべきプログラミングについてのお話をすることにしました!

スポンサードリンク

IT留学で気づいたプログラミングの魅力とは!?

プログラミングと聞くと、ビジネス的にかなり重要と聞くけど始めるの難しそう…っていうイメージありませんか?

僕はありました。あと難しいです。

もうね、エラー出まくり。

トライアンドエラーからのシンタックスエラー、変数定義ミス、コロン忘れからの閉じ括弧行方不明でそろそろトライさせてくれませんか?って状況によくなります。

でもね、、、楽しいんだこれが!

まだ自分のWebサービスも完成していない初心者ですが、そんな時期だからこそ感じるプログラミングの醍醐味がコチラ!

実際に書いたコードが動く快感!

プログラミングをするに当たって必要なコーディング。

むしろこれこそザ・プログラミングって感じしますよね!

実際はコード書く以外にもWebサービスのUI・UXとか考えたり、データベースの構成決めたりとパソコンをカタカタせずに紙とペンを片手に脳みそをこねくり回してる時間も結構あるのですが、今は置いておいておきましょう。

自分で設計を考えて書いたコードが正しく動いて、画面上に再現される…それがプログラミングの醍醐味であり、恐ろしい快感を秘めています!

それはパズルにも似ていて、世の中の課題を解決するためのパズルを解くようなものなのです!

これは僕のプログラミングの原体験でもあるのですが、当時IT系の会社で営業をやっていまして、そこでお客さんのサイトのソースをいじる機会があったんですね。

とは言っても触っていい部分はHTMLとCSSだけなんですが。

ただその時、全然わからなかったマークアップの仕方を自分で調べて、自分の思うように調整するって言う体験が当時の僕にはとても楽しかったのです。

そしてその体験から僕は営業じゃなくて、エンジニアとして生きていきたいと思うようになりました。

そこで留学のためのお金をリゾートバイトで貯めながら、空いた時間にProgateというサイトを使って地道に勉強をして来ました。

しかし実際に留学に来てプログラミングを初めてみると、HTML、CSS以外の理解度が極度に低い!

おまけにBootstrapとかいう使ったことないフレームワークを使うことになり、振り出しに戻った気持ち。でも負けじといろんなサイトを見て勉強してるうちに、Bootstrapを使えるように!

するとある程度解説を参考にしていればすんなりうまくいくことが増えるわけです。

この新しく覚えて使えるようになる達成感がまたたまらん!

新しい技術を習得した達成感と、自分の書いたコードが動く快感。これは間違いなくプログラミングの魅力だと思う。

今はPHPで苦戦しているわけですが、最初はエラーが出るたびに消耗していたものの、今ではエラーが出てそれを解決するのを楽しむゲームになりつつある。

プログラミングはただのパズルです!

その気になれば通勤せずに仕事ができる自由度の高さ!

これについてはまだプログラミングを使って仕事をしていないから憶測っちゃ憶測です。

でも身の回りのエンジニアや、先日潜入したセブ島エンジニア・ブロガー交流会でいろんな話を聞いていると魅力に感じて仕方がない!

関連記事:【潜入レポート】セブ島にて怪しい会合に参加してきました【iSara主催!セブ島エンジニア・ブロガー交流会】

実は今就職活動を始めようとしています。

エンジニアの需要は年々高まっているらしいけど、正直仕事としては未経験者だから不安で仕方がないのです。

でも最悪その気になれば、家に引きこもって作業するだけでお金を作ることができるのがこのプログラミングというスキル!

これだけメリットあるなら、あと1ヶ月も淡々とスキルを積んでいこうと思えます。

とにかくスキルさえ身につけば、とりあえず生きていけるという安心感が見え隠れするところもプログラミングの魅力だと思う。

なんか知らんけどめっちゃ流行ってる!

今に始まったことではないけど、プログラミング流行ってない??

ここまでもてはやされてると、正直プログラミングが流行することで儲かる層がいて、かつそいつらが世の中に絶対的な影響力を持ってるんじゃない?と勘ぐってしまう僕ですが、よく考えればプログラミングの需要が高いことは当たり前なことの気がします。

だって今までインターネットと無縁だった農業や酒造などなど、あらゆる産業においてコンピューターは必須のツールなのだから。

そりゃエンジニアも足りなくなるよ!

そんなわけでプログラミングを始めたタイミングはむしろ遅い方ではありますが、しっかりキャッチアップして世の中の流れに乗っていけたらなぁなんて思ってます。

とにかくこのあふれんばかりのポテンシャルもプログラミングの魅力だと思う!

プログラミングをIT留学で勉強する意味

ところで「プログラミングってフィリピンで勉強する意味あるの?」なんて思ってませんか?

いいところに気づきましたね。

はっきり言おう!

…ちょっとしかないけどオススメ!

なぜならIT留学自体が面白いし、いろんな経験できるから!

多分プログラミングを最短で学びたいなら、こんな遠回りしないで未経験でも就職できるWeb系の会社に就職するのが一番だと思うよ!

プログラミングって無料で学習できるサービスが数多く存在しているので、ちょっとかじったことある人は多いと思うのですが、だいたいHTMLとCSSができるようになって次JavaScriptとかPHPやってみようかなぁという流れで、条件分岐とかループ文とか書けるようになったけど、、、、で、これでどうするの?ってなりませんか?

僕は独学でやった時にそうなりました。

Progateも有料会員になって結構レベル重ねたんですがね、、、いきなりサービス作れって言われたら全然できなかったと思う。できても静的なダサいページを作るくらい。

だからこそ基礎を学んだ後は、実際に仕事としてやるとなると何が必要かを知らないといけないのですが、結局それって仕事した方が早い。だって嫌でも1日8時間以上やるし、必要なものは自然に目に入ってくるので。

このIT留学では自分で一つのサービスを作ることになるので、実際の仕事で使う知識を学ぶことができます。

なので独学よりは圧倒的に実戦向きのスキルがつくんですが、やっぱり最短でスキルを身につけるとなると就職しちゃうのが一番手っ取り早いと思う。

でも、もし時間とお金と周りの理解に余裕があるのであればIT留学はいい経験だと思うんですよ。

特に僕なんかはプログラミングどころか、海外に行ったこともほとんどなかったわけだから。

そんな僕が毎日英語使って、プログラミングの勉強して、たまに息抜きにどっか行ったりして、しかも働いてないから使える時間が圧倒的にたくさんあるときたもんです。こうやって書き出してみるといい時間過ごしてますね〜。

やっぱり社会人になってからする勉強は楽しい。

あとプログラミングに関して、IT留学ならではのメリットもあります。

それはプログラミングに関する情報収集を英語でできるようになったこと!

普通はプログラムでわからないことがあったら基本的に日本語で書かれているサイトで調べて解決することが多いと思うのですが、僕は英語とプログラミングの勉強を一番効率よくやるために英語でプログラミングを勉強するのが手っ取り早いんじゃないかと思って実践していました。そしてこれが結構いい。

多分日本にいたら思い立って英語で調べてみても全然わからんわ〜って心折れてたと思うのですが、英語とプログラミング漬けの生活だからこそ耐えることができました。

その結果、英語のサイトでプログラミングを学習することに抵抗がなくなるという奇跡が起きました!

さらにそこで気づいたのですが、プログラミングは日本語で勉強すると、オブジェクトとかメソッドとか変数とか引数とか聞きなれない言葉が登場しすぎるせいで拒否反応が出ます。

でもこれが不思議と最初から英語で調べると、どこが専門的な言葉なのかわからないままスッと頭に入ってくるのでわかりやすいんですよね〜。

これは結構なメリットだと思っていて、プログラミングの新しい情報は英語で出てくることを考えてもすごくオススメの勉強法です。

そして、IT留学の環境はこの英語でプログラミングを勉強するという状態に一番抵抗なく入れると思います。

そんなわけで、学習速度的には就職には負けるけど、メリットは十分あると感じている今日この頃です!

あとシンプルに楽しいよ!人生楽しい方がええやん!?

そんな感じで今週はIT留学とかプログラミングのお話でした〜

また来週!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする