セブ島IT留学!滞在2週目|フィリピン料理はシシグばかり食べている

こんにちは。いっとくです!

現在フィリピンのセブ島にて英語とプラグラミングが両方学べると言うIT留学なるものを体験しています。

そして現在2週目。

まだリゾート感溢れることなんもしてねぇ…

とりあえずセブ島留学こんな感じだよって記事なので、行ってみたいけどどんな生活がわからんぜって人は読んでみてください。

スポンサードリンク

激化する勉強スケジュール

まずは勉強の方から。

プログラミングは今まで独学でやってたので意外といけるやんって思っていたのですが、2週目にしてストックが無意味になりました。

僕の独学1年はIT留学の1週間ちょい分しか学べていなかったようです。

とりあえず急ピッチでHTML、CSS、JavaScriptの勉強が終わったと思ったらPHP始まって、ギリギリ食らいついていたんですが、データベースと連結するところで最初の挫折!

ムズ杉晋作!

そして英語。

今までは日本語を英語に翻訳してから、答えると言うザ・ジャパナイズイングリッシュばかり学んできたので、英語で考えて英語だけ使うというのがやっぱり難しい。

でも最近はだいぶ慣れてきてました。

僕が通っている学校では英語禁止ルールというのがあって、たとえ日本人と喋る時でも英語を使わんといかんのです。

そしてそれを破ると重いペナルティが…

1回で英作文(結構ヘビー)

2回で授業1回休み(授業料返して欲しい)

3回目で授業1日休み(逆にバカンス)

今週は英作文のペナルティ食らったので、いっぱい英語が勉強できます。うれPーー!!

そんなわけで急に会社辞めてリゾートバイトなんていう楽しそうなバイト初めて、セブ島に飛んでったもんだから遊び散らかしてるんじゃないかと思っている人に言いたい。

飯食う時以外ずっと部屋にいます。

勉強してるか何もしてない。

その証拠にこんな南国に来てもう2週間経つというのに、めちゃくちゃ真っ白。ホワイティな肌をキープしてます。地黒の引きこもりよりも確実に白い。

多分沖縄に4日くらい旅行行った方が日焼けするんじゃないかな。

そんなわけでいつまでもホワイティでもいられないので今週から週末は少しはっちゃけようかなってことで、カジノ行ってきました。

そして10分で1000ペソ溶かして泣いて帰ってきました。(日本で2000円ほど)

僕がこういう賭け事で勝てない星の元に生まれていたことはだいたい今までの人生で気づいていたんですが、ついつい…ね?日本のカジノも合法になるっていう事だし…ね?

もう行かん。

あと部屋にゴキブリが出ました。

セブは外を歩けば死ぬほどゴキブリを発見できるんですが、まさか11階の部屋に出るとは思わなんだ。

なんの殺虫剤も用意していなかったので、先日買ったアバターみたいな色したリンスインシャンプーインボディソープをトロトロかけて殺害。

※グロ注意!

そんなわけでしっかりセブを楽しんでいるのでしたー!

フィリピン料理はシシグが一番うまい

フィリピン料理って結構色々あるんですが、基本的に言語の雰囲気が違いすぎて全然覚えられないんです。

そんな理解不能な両名の中、めちゃくちゃ覚えやすくてうまいのがあるわけです。

それが、シシグ!

どうですもんじゃ焼きみたいでしょ?

これ豚肉を細かく切り刻んだやつと、よくわからないけど細かく切り刻んだやつを混ぜて、よくわからないしょっぱい系の味付けをしている料理です。

店によって味付けは全然違うのですが、基本どこで食べてもうまいという奇跡の料理。

こっちのセブンには牛丼的なノリでシシグが格安で売られていて、それもまたありがたい。そっちはまだ食べてないけど。

とにかく迷ったらシシグとビールを頼んで1食400円くらいだから、やっぱり生活費が安くてサイコー!

プログラミングで日本円を稼ぎながらセブとかに住んだらマジで最強だと思う。

シシグに飽きたらアメリカナイズされたハンバーガー屋さんでハンバーガー食ってます。

インスタ映えしそうなお店。

味もボリュームも抜群で、コスパ最高です。

ちょっとフィリピンきてからブログ記事について全然考えてないので、こんな備忘録的な記事で申し訳ないですが、もっと情報溜まってきたら色々発信していこうと思うんで乞うご期待!

それでは、See You~

あ、英語でちゃった!

さようなら!

P.S. ムエタイはじめました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする