セブ島上陸!始まるIT留学!成田空港からセブのホテルに行くまでの体験談

こんにちは!いっとくです!

ついに来ましたIT留学inセブ!

セブよりブログ更新してます。

本当は明日から始まるんですが、飛行機の関係でセブへの直通便が今日の便しかなかったので、ホテルで前泊しております。(マニラでの乗り継ぎがよくわからず怖かったので)

正直初日からめちゃくちゃ自分の英語力の低さと海外へのビビリっぷりがやばいんですが、何とかなったので日記的に書き綴っていこうと思います!

スポンサードリンク

めちゃくちゃ不安なセブのホテルまでの道のり

正直に言おう。僕は海外旅行の経験が乏しい!

4年前に社員旅行でバリに行っただけです。

社員旅行の時はもちろんガイドもいるし、周りに知ってる顔が揃ってたから大安心でした。普通に楽しいだけで何の苦労もない海外旅行でした。

しかし、今回は訳が違う。何てったって一人で入国してホテルまで辿り着かねばならぬのですから…!!

成田空港からセブ・マクタン国際空港までは余裕の一言

まず第一の関門である成田空港。

というかここは日本語も通じるから特に難関でも何でもなかった。ただただ初めての経験だったから何時間前に行ったほうが良いかとかがわからずに11:55発の飛行機に乗るために8:00から空港イン。めちゃくちゃ時間持て余しました。

今回渡航費をやすくするためにLCCのセブパシフィック航空を使ったのですが、めちゃくちゃ事前のWebチェックインの案内が来る。ただし不安だったので一応カウンターにてチェックイン!

次からはもうWebチェックインで良さそうな感じ。

あとは搭乗ゲートに行って、飛行機を待つだけです。

こうやって淡々と書いてますが、空港での心理状態は結構ドキドキしてます。手が震えてました。

事前に入国に必要な手続きは全部学校側から送られて来ていたのですが、どこで書くとかが全然わかってませんでしが。

特にいつ書くのだろうと思っていた入国カード。どうやら飛行機の中で書くようです。

雲の上を4時間以上飛び続けるフライトはなかなか堪えました。肩とか腰が痛い痛い…

あまりにも長いんで、僕のバイブル的ビジネス書である「人生を面白くする本物の教養」(著:出口治明)を読みきりました。何度読んでも良書だし、特に留学前にはかなり響く内容でした。

そして長いフライトも終盤、、、ついにセブ島が見えてきました。

セブ到着後、さっきまでのドキドキは吹き飛び一気に上がるテンション!バナナの木みたいなのが生えてる!南国や〜!なんて思いながら飛行機からおります。

本当の第一の関門入国審査|捨てチケットはいらない

僕にとっての旅はここからが不安のピークです。

空港の入国審査が怖い。

事前情報だと帰りの航空券を見せる必要がありますということだったのですが、印刷した航空券がなくGmailの添付データでしか持ってなかったのです。

まずはネットに繋がないと見せれません。なのでWi-Fiを探します。

そこで設定開いて言葉を失いました。

めちゃくちゃWi-Fi飛んでるんですけど…

正直いっぱいありすぎてどれに繋げば良いかわからん。周りを見回してもWi-Fiに関する情報は特になし。

困った。この数あるWi-Fiから空港のやつを見つけなければいけない…

でざっとみて名前から想像してたのですが、MCIA〜〜みたいなのがあって気づきました。

ん?

Mactan Cebu International Airport(マクタンセブインターナショナルエアポート)や!

なんか二つあるしフリーWiFiだからセキュリティ的な不安もいっぱいだけど、背に腹は変えられないので電話番号を登録して通信開始!繋がった!これでチケット問題は解決。

あとは3ヶ月留学だからビザのことを聞かれた時に英語で延長する旨を答えれば良いだけだなと心の準備だけして入国審査を待つ

この列が死ぬほど長かったのですが、ついに順番が回って来た!英語のフレーズもばっちりだし、まずはファーストイングリッシュぶちかますぜ。

意気揚々とパスポートと入国カードを渡す。

空港の人「………。」

ペラ。ペラ。(パスポートをめくる音)

グッ(指で通れの合図)

いや、何も聞かれないんかい!

結局、帰りのチケットに関しては何も言われなかったし、準備してた英語の答えも特に使うことなくお蔵入り。意外と緩いチェックだった。

日本で留学について調べた時、フィリピンの入国時は1ヶ月以内に別の国に出国するチケットが必要だから、捨てチケットと呼ばれる安めのチケットを購入しましょうとか書いてましたが、どうやら特に使わないようです。

こうして僕はフィリピンの地に降り立ったのでした。

ここからが難関。タクシーわからなすぎて大人だけど泣きそうになった

空港について預けた荷物を受け取って外に出たら…なんか知らんけど柵の向こうにめちゃくちゃ人がいる!しかも乗り出してる!怖い!

よく見ると、学校っぽい名前のボードを持っていたので、留学関係の現地の人たちでしょう。

今回は関係ないのでスルーして、ホテルに向かうタクシーを探す前に、空港にあると噂のセブンイレブンで買い物でもしようかなとうろうろするも…

なんか事前に受け取った資料と全然空港の構造が違うんですけど!?

工事のせい?それとも違う出口から出ちゃったの??

歩いて行ける範囲に歩行者用の道路が全然ないし、セブンイレブンも見当たらないよ??

もうセブンイレブンは諦めてホテルへ向かおうとしたのですが、タクシーの乗り方がわからない。

まずは空港に戻ってWi-Fiをつなぎ、タクシーの乗り方を調べる。

写真付きで丁寧に解説しているサイトがあったのですが、写真と今僕がいるところの風景が全然違う!

ここで物とかすられないか気にしながら、ひたすらうろうろしてあたりを見回すも全然わからないんですよね。

困り果てたので、とりあえず拙い英語でタクシーはどこで乗れるか聞いてみました。

こっちの意思は通じたようだけど、向こうが何を言ってるかわからない。

なんとかジェスチャーであっちの方だということが何となくわかりました。

しかし、そっちに行っても大量の人間が無造作に列をなしているせいでどこが列の最後尾かわからない。目印もない。

結局、人が減って列を把握してタクシー乗るのに1時30分くらいかかりました。これが海外の恐ろしさです。

でタクシーに泊まるホテルの名前を言って移動!

ちなみに移動中めっちゃ不安です。

今回泊まったホテルはエロイーザロイヤルスイーツという何ともラブホみたいな名前の普通のホテルなのですが、正直土地勘がないからよくわからないけど遠回りしてない??

たまに話しかけられるも発音がイメージと違っていて、聞き取りが難しい…

ツアーじゃなくてトールなのね。

あとなぜかフィリピンの人クラクション頻繁に鳴らすんだよね。プッ!プッ!って。ビビるわ!

本当に目的地に向かってるか不安すぎてキョロキョロ街を見回してると、15分ほどで無事エロイーザにつきました。ありがとうフィリピンドライバー。黄色いタクシーの安心感はやばい。

タクシー料金は214ペソ。

正直高いか安いかわからないけど、多分普通の価格だと思う。

ここで問題が。持っていた一番細かいお金が100ペソ!

海外のタクシーはお釣り無いからね〜。

もうよくわからないし不安な僕をちゃんと運んでくれたから214ペソの代金のところ300ペソ払って、華麗に「チップ。」と言いました。今まで無愛想だったドライバー急にがニコッとして運転席から降り、丁寧にドアを開けてくれた。そんな急に良いサービスしなくて大丈夫だよ、ありがとう。

セブのチップ文化について何の予備知識もなかったので、あとから調べたんですが、セブはチップ文化がほとんどないらしいですね。タクシーはたまにあるけど、それでもこの額は破格(相場が10%だから20ペソくらいだよね)

そんなこんなで無事ホテルにも到着し、あってるかどうかよくわからない英語でチェックインを済ませる。

ホテルの予約にはBooking.com使ったんですけど、これめっちゃ良いなぁ。ユーザーエクスペリエンスが抜群でした。簡単に予約と決済ができる。

海外旅行でホテル取るならオススメです。

Booking.com

↑ちなみにこのURLから予約すると2000円引きになるので、よかったらどうぞ。

快適なホテルとちょっとした冒険

ホテルはなんと部屋ごとにWi-Fiがあるので安心してインターネットができる!

おまけにエアコンもあってめちゃくちゃ快適です。

ベッドも二つあるし、そもそも部屋がかなりキレイ。

これで5000円くらいだから良いわぁ。セブ良いわぁ。

色々な緊張感から解き放たれたと同時にあることを思い出しました。

夕食のこと考えてなかったー!

なんかいきなり飲食店入るのも怖いなぁと思ってたら近くにセブンイレブンがあるっぽい!

これは救世主!砂漠で見つけたオアシス!

もう日が沈んでるから、一人で外で歩くのは怖いんですが、どうせやばいやつにあっても走って逃げれるべという考えで、外を練り歩きます。

ホテルを出て数メートルで2匹のデカい犬に遭遇!

人より怖えええ!狂犬病持ってることもあるとか書いてあったしなぁ…

もう怖く無いふりして突き進む。すごい近くまできたけど何もなく振り切れました。

すると大きなショッピングモールが。

あ、ここなら安全っぽいと思い、ちょっとうろうろして飲食店に入ろうか悩みましたが、とりあえずセブンに行くことにしました。

そして、コンビニ内の全ての商品を見て、晩飯を購入。

  • ゼリー(主食)
  • プリングルス(副菜)
  • ビール(汁物)
  • 水(飲み物)

以上。

もうね、これだけは言わせて?

マジで食べたいものが全然売ってない。

僕の知ってるセブンじゃない。なぜか店内のドーナツがミスドだし。

美味しくなさそうなサンドイッチとか謎の弁当とかがあったんですけど、これ買うの勇気いるよ…

日清のカップヌードルもあったんですが、なぜか見たことないゼリーにしてしまいました。

あとプリングルスの安心感やばかったなぁ…

見知らぬ土地で見知ったものを見たときの安心感はやばい。

でもある程度見知らぬものを食べようということで、僕が許容できたのがこんな感じだったのです。

もっと色々挑戦できるように頑張りますわ。

初日はこんな感じでした!

本当はもっと写真撮りたいんですが、精神的に余裕がなかったので今度から写真撮れるようにしていきます〜

それでは!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする