十二指腸潰瘍闘病日記その1|入院まで編

どうも、いっとくです!

新年早々腹痛で運ばれたと思いきや、まさかの十二指腸潰瘍で入院することに。

ちーん。

体に何本かチューブが繋がれており、髪もボサボサなので病人の雰囲気は出ていますが、歩いたりできる上に腹痛もそこまで重くないため、チューブで繋がれている人間の中では一番元気なんじゃないかという気がしています。

多分、僕より元気がないチューブに繋がれていない人間も存在しているくらいでしょう。

入院している間は本当にやることがないので、とりあえず入院生活とそれまでのことを書き綴っていこうと思います。

スポンサードリンク

腹痛は突然に…とはいえ前兆はあった

いつ頃でしょうか。

たまにみぞおちのあたりが怠いような感覚に襲われ、押したらちょっと痛いし思い切り息を吸っても痛いという状況が続いていました。

ただ、その時は元々患っていた逆流性食道炎の影響で胸焼けが変な感じで現れたんだろうとほとんど気にすることはありませんでした。

そして、来たる日。

朝から相変わらずみぞおちのだるさを抱えながら何食わぬ顔で仕事をしていると…

ビキッ!

筋肉が千切れたんじゃないかという痛みが、腹筋のさらに奥のあたりを襲う。

いやいや、だいたいこういうのは深呼吸して3分も経てば痛みなんてなくなるはずという意味も根拠もないポジティブシンキングを炸裂。

しかし次第に立てなくなり畳にうずくまることに。

おかしい、一向に治らない。。。

職場の人にお願いし、久しぶりにあのマシーンを呼ぶことに。

そう、救急車。。。

お世話になるのは大学2年生の冬に脾臓を爆発させるというアクシデント以来です。

6年ぶりでも、自分のためのサイレンが聞こえた時の助かった〜という安心感はかけがえないものです。

職場の同僚に同伴していただき、奥日光という死ぬほど山深い土地から下界の病院へ降りていく。

しかし、増していく腹痛。

それに追い討ちをかけるようにいろは坂というカーブの多い下り坂。

左右に揺さぶられ、病院に着く頃には痛すぎて腹筋から力が抜けない。。。

腹筋の力が抜けないため、うまく呼吸ができない。

しかし、あまり表情に出ていなかったため途中で救急隊の人に「本当に痛いですか?」って聞かれた。

本当に痛いです。

病院につくと検査をされる前に色々と質問攻めを食らう。

もう呼吸だけで必死なのに!と心の中で思いながら何故か大丈夫そうな雰囲気を出しながら受け答えをしていく。

そして、始まる触診。

先生「あれ、これ腹筋か肋骨かよくわかんないなぁ。筋肉隆々ですね!」

僕「あ、ありがとうございます。(死にボイス)」

冗談言ってる場合じゃねー!

日光にきてから鍛え続けていた腹筋が裏目出ることに。

そして意味のない触診が終わり、初のCT検査。

謎の筒状のマシーンで体の内部を輪切りにしていく。

全ての検査が終わり、痛み止めを打ったおかげでなんとか歩いたりはできるようになりました。

そして、医者から説明が。

「なんだか腸の上部が通常より多く、空気が溜まっていますね。腸閉塞のような症状かと思います。あとよくわかりませんが肝臓の周りに水が溜まっていますね。」

腸閉塞!?なんとなく便秘のやばいやつのようなニュアンスを受け取ったが、どうやらそういう軽度な話ではない様子。

本当に腸閉塞だったら手術らしい。

あと肝臓の水はなんだったんだろう?あれ、なかったことになってる?

とりあえず痛み止めである程度抑えられているところを見ると、まずは大丈夫そうなので入院はなしにして様子を見ましょうとのこと。

整腸剤と痛み止めと謎の薬を渡され再度山の中へ。。。

また、あの山の奥で何か起こったらシャレにならんぞ…と思いながら帰宅した夜。

トイレに行こうとして歩いたところ、尋常じゃない痛みに襲われ規定以上のペースで痛み止めを消費。

ヤブ医者バカヤロー!

僕は初めて山奥に住む怖さを経験したのでした。。。

その2へ続く

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする