十二指腸潰瘍闘病日記その13|退院、そしてシャバへ

前回の記事:十二指腸潰瘍闘病日記その12|入院10日目

こんにちは、十二指腸潰瘍で入院してから11日。

ついに退院日を迎えることができました。

あまりの感動と開放感に、、、、、、、頭が痒いです。(風呂入ってないからね)

朝は最後の体温測定と血圧測定。

初日から最終日まで安定した体温と安定した低血圧。

最高血圧は100前後、最低血圧は50前後というこれでよく朝早い仕事できるもんだなと関心します。

だんだん病院食が個体になっていたので今日こそお米と思って楽しみにしていたらこちら。

全がゆ、高野豆腐と大根と人参の煮物、梅ねり、じゃがいもの味噌汁、ほうれん草、牛乳。

いや最後までおかゆかーい!

水分をあえて飛ばしたくらいしっかりしたおかゆでした。

煮物は相変わらずうまい。

やっぱりここの病院食いけてるなぁ。

食事が終わり、退院後の薬を渡されいざ退院!

と思って息巻いたもののお会計が全然こない!

待つこと2時間。

ようやくお会計がきました。

じ、じ、じ、14万円!!?

目ん玉が飛び出るほど高い!

一般消費者から納得させてこれだけの高額請求できる職業なかなかないよ!

健康だったらこの分のお金で海外旅行いけてたよ!

マジで医療保険の加入を検討し始めました。

クレジットカードで支払いを済ませ、いざ外へ出る。

スポンサードリンク

11日ぶりの外の空気最高!

シャバい〜!

1週間以上も病院という温度・湿度・食事が全て管理されていた空間にいたので、外の冬の空気がうまいのなんの。

ついに解放された僕は、まず好きなものを食べます。

どうしてもコーヒーが飲みたい。飲みたい。飲みたい。

しかし、今僕には課されている食事制限があります。

  1. 油が多いもの
  2. 刺激物
  3. カフェイン
  4. アルコール
  5. 極端に熱いもの
  6. 極端に冷たいもの
  7. 硬いもの
  8. 繊維質なもの

多い!

カフェインがダメそうなのでスーパーでデカフェを探すもない。

結局マウントレーニアのデカフェのカフェオレがあったので購入して一言。

…うまっ。

今日の昼だけは好きなものをということで帰りにガストに寄り、期間限定のイチボステーキの和膳を。

そしてデザートに黒蜜きな粉ソフクリームを。

全部アウトです。今日だけ許しておくれ。

たっぷりと好きなものを平らげたのち、寮に帰宅。

そして11日ぶりの温泉!!

これがね、めちゃくちゃ気持ちいいわけですよ。

体が汚いとかそういう問題じゃなくて、今まで病院という管理された空間にいたわけで温度や湿度も一定だから皮膚に全くと言って良いほど刺激がありませんでした。

それが久しぶりにお湯に浸かることで全身にしゅわ〜っと刺激が広がり神経が一気に活動して、、、、

キモチィイ!

ってなりました。良すぎて鳥肌立ちました。

11日我慢した後の風呂は相当気持ち良いことがわかりました。

もっさり生えた髭を剃り落として、がっつりこべりついた皮脂を除去し、新品同様の体になりました。

本当に最高。

入院していた人はまず温泉に行くべき。

間違いなくトリップできます。

しばらくは再度穴が開くリスクと隣り合わせなので、無理せず生きてたまに通院する生活になります。

早く健康になりて〜!

〜完〜

—追記—

アフターストーリー〜ピロリ菌ヲ除菌セヨ〜

その後は暴飲暴食に少しだけ気をつけながら生活。

退院後も検査があったので何度か通院し、ついに穴が塞がったのでついにピロリ菌の除菌が始まります。

ずいぶんたくさんの薬を処方されました。

これを朝晩1週間飲み続けてピロリ菌をぶっ殺す!

その後、3週間様子を見てからピロリ菌が再生していなければ除菌は完了。

晴れて健康になり、胃がんのリスクも減るというわけです。

人によって効く薬が違うらしく、中には一時除菌じゃダメな場合もあるらしい。

そして時期は3月だったのですが、僕が日光にいるのも3月まで。

めちゃくちゃギリギリのの戦いだったので、絶対に一発で終わらせたい!

そして3月31日…

検査の結果は、、、、

後日わかりまーす。

ということで次の職場の住所を病院に伝え帰宅。

そして後日病院から一通の手紙が届きました。

ピロリ菌の除菌は、成功しました。

や、やったー!完全にそんなこと忘れてたけどこれでもう病院行かなくて済むぞー!!

ということで、僕の十二指腸潰瘍との戦いは幕を閉じたのでした。

〜完(2回目)〜

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする