【お香レビュー】原宿や下北沢の古着屋みたいな香り|HEM PRECIOUS MUSK プレシャス・ムスク

こんにちは!いっとくです。

これは大学生時代のお話。

北海道から上京した僕はテレビドラマでしか見たことがないということもあって原宿に行くのがなんか好きでした。

原宿といえばクレープと古着屋。

しかし、古着屋に入ってみるも自分がオシャレじゃないため、恥ずかしくてすぐお店を出ちゃう。

何を思ってか古着屋に行くための服が必要だという結論にいたり、敷居の低そうな古着屋に入り服を買う。

そしてその服を来てリベンジするも到底足りないオシャレレベルに絶望し恥ずかしくて帰る。

そして慰めのクレープ。

そんな敷居が高すぎる古着屋はかなりの高確率で大人っぽいオシャレな香りがするのです。

おじさんが食事後につまようじを使うくらいの高確率。

大学時代の思い出の香り。

そしてそんな香りの原因を突き止めました!

PRECIOUS MUSK プレシャス・ムスク

プレシャスなムスク!

ついこの前ホワイトムスクを試したばかりだったので、同じムスクの名を冠するプレシャス・ムスクも試してやろーじゃないかという魂胆。

関連記事:【お香レビュー】結局ムスクってなんの香り?| HEM WHITE MUSK ホワイトムスク

ムスクについての予備知識は全部ホワイトムスクの記事に突っ込んでいるのでそちらをご覧くださいまし。

そんなわけでー

スポンサードリンク

プレシャス・ムスクの特徴

プレシャス・ムスクの特徴について書いていくよー!

まずいつお通り着火前のインセンスコーンのフレーバーチェック!

石鹸的な匂いがするんだろうなーと思って嗅いでみると、やっぱり安定の石鹸でした。

もう火をつけないとお香の匂いはわからんぜ。

ということで着火!

蚊取り線香のごとく立ち上る煙。

そしてその香りは。。。

ふ、古着屋!(敷居の高いタイプ)

ホワイトムスクとは全く違います。

どっちかがムスクを名乗るのやめた方がいいと思えるくらい違う。

ホワイトムスクがさっぱりとしていて万人受けする甘さだとすると、こちらのプレシャス・ムスクは個性が強くてねっとり重みのある甘さ。

特徴的な香りなのでかなり強い香りに感じますが、慣れてくるとナチュラルに部屋の空気に溶け込んでいい感じ。

多分これ嫌いな人は嫌いなんでしょうが、僕的にはかなりドストライク!

これぞザ・インド香という感じのオリエンタル感!

大人の香りだなぁ〜。

プレシャス・ムスクを買うならまずは少量がオススメ!

初めて使いましたがかなりいい感じ!

ただ好みが分かれそうな香りではあるので、まぁとりあえず安いからという理由で12パック買っちゃうと地獄をみる可能性があります。

まずは、お店に行って1パック買うとかがいいかもしれません。

ちなみにサンプルがあっても火をつけるとかなり違う香りがするのであまり信じない方がいいです。

あと確信はありませんがこの手の香りはスティックタイプでも十分香りを楽しめるかと!多分木の燃えるニオイに負けません。

好みのお香を探しているなら、色々入ってるアソートパックもオススメ。

12種類のお香が1個ずつ入っているので色々試せて便利だし、何よりお香のストックがたくさんある余裕感が段違い。どんどん燃やせる。

関連記事:お香を買うならHEMのアソートセットが一番ワクワクするのでオススメ

とりあえずプレシャス・ムスクはオシャレな古着屋の香りがするので、焚いているだけでオシャレになった気分がします。笑

ぜひオシャレボーイ&オシャレガールは使ってみては!?

木目調のインテリアが揃えられたオシャレな部屋には似合う香りだと思うよ!?

以上、いっとくでした!

みなさま良いお香ライフを!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする