【お香レビュー】情熱の真っ赤なバラの香りをお部屋に|HEM RED ROSE レッド・ローズ

こんにちは!情熱の真っ赤ないっとくです!

あ、嘘です!人物的にはどちらかというと淡々としてます。

そんな僕にはかなり似合わないのですが、今回はこんなお香を試してみました!

HEMのRED ROSE(レッドローズ)

HEM RED ROSE レッドローズ

もうパッケージから出てますよね。情熱というよりエロさが。バラというより薔薇って感じがします。

パッケージの雰囲気ありすぎて、カラオケの歌詞の後ろで流れている映像の中でも一番艶やかなヤツでこんなバラ出てきそうですよね。

レッドローズを直訳すると赤いバラ。

赤いバラと言えば、情熱の赤いバラ。

なんだかブルーハーツの名曲を彷彿させてくれる名前ですね!

どんな香りなんでしょうか。

答えはきっと奥のほう。心のずっと奥のほう。

あ、やべぇやべぇ。うっかり歌詞の途中の部分が出てきてしまいました。

そんな気持ーち、わかーるでしょ?

はい、戯言はこの辺で終わりにしてレッドローズの香りの感想の方に行きましょう!

スポンサードリンク

HEM RED ROSE レッドローズの香りの特徴と使ってみた感想

まずバラといえばフローラル系の王道の香りです。

バラの香りは以前HEMのアソートパックにプレシャスローズというのが入っていたので、試したことがあったのですが、それはかなりいい香りだったので今回も期待が高まりますね〜!

火をつける前の香りは、ザ・バラのお香という感じです。ちょっとフレッシュでグリーンな感じも混じっているかも?

なんというか食べるとバラの香りになるソフトキャンディみたいなのがあったと思うんですけど、それに近しい感じ。

そう、これです、これ。

まぁ火をつけたら香りは変わるので着火してみましょう!

久しぶりにフロール系のお香を使ったのですが、結構いいですね〜。

他の香りとは一気に雰囲気が変わります。

かなりプレシャスローズに近い香りなのですが、プレシャスローズほど強くない印象。

ちょっとプレシャスローズを使ったのが結構前なので比較できないのですが、多分プレシャスのほうが香りが複雑でもう少し強かったイメージです。

しかし、逆に強すぎず弱すぎずでいいバランスが取れているお香だな〜と思います。

こっちのほうがより万人受けしそう。

でも僕はパンチが強いほうが好きなので、プレシャスローズのほうが好みですね〜。

もしそっちも興味あれば、感想まとめているので参考までにどうぞ!

そんなわけで今回試したお香はHEMのRED ROSEでした!

ただの雑談ですが、バラといえば情熱とか愛みたいな花言葉があります。

でも本数とか色によって微妙に意味が変わってくるらしいのですが、999本で「何度生まれ変わってもあなたを愛する」という意味があるらしいですよ。

やばいよね。受け取った側が数えれないよ!

どうする!?

これで998本だったら!

ということで、1000本のバラには「ありえない量の物を正確に数えられる才能」という花言葉をつけたいなと思います。

以上、ただの屁理屈でした!

みなさん良いお香ライフを!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする