僕はパイの実に洗脳されている話

こんにちは!

油断するとパイの実のことをチョコパイと言ってしまいます。だってチョコとパイなんだもん!

いっとくです!

突然ですがみなさんはパイの実好きですか?

僕は洗脳により好きになりました。

スポンサードリンク

パイの実ってなぜかみんな好きじゃない?

パイの実といえばチョコをパイ生地で包み込んだ一口サイズのお菓子です。

日本人であれば一度は食べたことがあるはず。

ですが、お店で見かけてもあまりお手頃な値段じゃないので、まず自分では絶対買いません。

パイの実に対して兼ねてから疑問があるのですが、数種類のお菓子が用意されている時にパイの実があると、必ずと言っていいくらい「おおお!パイの実!一番好き!」っていう人いません?

なんなんでしょうか。

前世でパイの実に命を救われた経験でもあるんでしょうか。

そんなパイの実ですが、僕は小さい頃からパイの実を食べると必ず同じ気持ちに襲われます。

…チョコ少ねぇ!

これに尽きます。

パイの実はチョコが少ない。

小さいチョコ菓子ランキングナンバー1のチロルチョコと比較してもその少なさは際立っているような気がします。

そのため、好きなチョコレート菓子を聞かれたとしても自分の中のランキングではかなり下の方でくすぶっているお菓子だったのです。

しかし、中学生の頃に僕はパイの実洗脳されることでそこそこ好きなお菓子に昇華されたのです。

Dくんとハロー効果

中学生の頃の僕はスクールカーストでいうと、完全に中くらいの位置にいました。

特にいじめの対象になることもなく、深い付き合いをする友人は少ないものの、なんとなくそれなりにやっていくような人間です。

当時の僕が通っていた塾にいたDくん。

彼はスクールカースト上位ランカー。

僕がもともと苦手とする、いわばイケイケ族に部類されるタイプです。

ふとしたきっかけで同じ塾の共通の友人の家に泊まりに行ったところ、お菓子の盛り合わせが出てきました。

そして、その中にはパイの実がいました。

もちろん僕は特に何も思いません。

しかし、Dくんは「おお!パイの実だ!これお菓子で一番うまいよね?ね?」

僕「うんうんうん!うまいうまいうまい!」

壊れたロボットのように首を縦に振り、パイの実を肯定し始める僕。

きっと学校でイケイケのDくんがうまいっていうんだからうまいに違いないと、自分の軸を全く持っていなかった僕は自らを騙し始めます。

パイの実うまいぱいのみうまいパイノミウマイ!パイの実バンザーイ!!

ここからパイの実の洗脳が始まります。

パイの実を見かけるたびにこの思い出がフラッシュバックし「パイの実=うまい」という方程式を頭の中で組み立ててから食べるようになりました。

恐ろしいハロー効果です。

そしていつの間にか僕はパイの実を美味しいと思うようになりました。

しかし、今でも思うのです。

チョコ少ねぇ、と。

ただ、久しぶりにパイの実を食べてみて一つだけ発見したことがあります。

パイの実で一番ウマイ部分はチョコでもパイでもない。

この砂糖でコーティングされているフタみたいな部分だと

もはや商品名を「砂糖のフタ」に変えてもいいと思います。

僕がパイの実から学んだこと

人には必ず長所・短所があります。

チョコパイで言えば、チョコが少ないという短所の中に、パイの食感やフタがうまいという長所があります。

自分の気持ちに正直になってみた結果、長所が見えてくる場合があります。

そして、僕は今回久しぶりにパイの実を食べて自分の気持ちに正直になった結果、気づいたのです。

源氏パイサイコー!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする