リゾートバイトで月30万円稼ぐことは可能だけど覚悟は必要だという話

こんにちは。いっとくです!

先日ツイッターで「優しい坊主の訳ありチョップ」とつぶやいたら「三蔵法師のボタニカルポストイット」という言葉が返ってきたので、改めてSNS面白いなぁと思いました。

今回はそんな訳ありチョップとは全く関係ないリゾートバイトのお話。

IT留学をするために100万円を貯めるという目的でリゾートバイトを始めてから早いもので1年が経ちました。

最初はよっしゃ毎月30万稼いで、半年で留学してやるぜ!と鼻息を荒げていたのですが、なんやかんやで1年経ってしまいましたね。

30万円稼げれば月に20万貯金して半年で120万円!MacBookを買えばちょうど良いだろうという計画です。

しかし実際はそんなうまいこといかずにズルズルとリゾートバイトを続けています。

すると思ってたより長く働いたことによって、リゾートバイトに関する大体の相場観というのが見えてきました。

そこで今回は僕みたいに一気に資金を貯めるためにリゾートバイトを考えている人に向けてリゾートバイトで月30万円という金額を稼ぐというのは可能なのかという話をしていきたいと思います。

ちなみに僕の結論はリゾートバイトで月30万稼ぐことは可能ですが、結構な覚悟は必要というものにたどり着きました。

スポンサードリンク

リゾートバイトで稼げる金額の相場

まずはじめに、リゾートバイトで30万円稼ぐために絶対に知っておくべき収入について。

そもそもリゾートバイトの平均的な時給や給料の相場はどれくらいなのかっていう話からしましょう。

これに関しては案件によってピンキリなのですが、時給に関していえば1000円くらいがほとんど。

調理師免許などの資格を持っている場合を除くと、時給1100円あればかなり良い方です。

そして給料でいうと月に15万〜22万円くらい稼げる職場がほとんどだと思っています。

ただし中には例外で極端に暇な職場と忙しい職場があります。

僕はどちらも経験したのですが、うっかり暇なホテルの暇な時期にきてしまい給料が12万円だったこともあれば、繁忙期で手取り27万円だったこともあります。

これはどっちもきついです。

特に給料12万円の悲しさったらない。ちょっと稼いでる学生のアルバイト並みの低所得!

そこから税金年金保険が引かれてギリギリ10万円。貯金どころじゃない。

27万だった時は肉体的にきつかったですね。

肝心の30万円経験してないじゃんっていう話なのですが、リゾートバイトをやっていると周りの人から30万稼いだ経験をしている人がいるので話を聞くことがあります。

そして、総じてきついという声が…

これは実際に30万円を稼ぐために必要な労働時間を計算すれば大体見えてきます。

リゾートバイトで30万円稼ぐために必要な労働時間

肌感ですがリゾートバイトではほとんどの案件が時給1000円前後です。

よくリゾートバイトでは時給が大事だから時給が高い案件を選びましょう!ちなみに僕は1200円ぐらいでした!という記事も見かけたりますが、おそらくその記事が書かれたタイミングではリゾートバイトが今ほど普及しておらず単価が高かったのでしょう。

今だと調理業務か着付けや部屋出しができる仲居ぐらいしか1200円を超える案件は見つかりません。

4年ほど前にリゾートバイトをしていた友人が時給1300円だったと言っていたので、年々時給が下がっている気がします。

では時給1000円で30万円稼ぐためにはどれくらいの労働時間が必要なのか見ていきましょう!

まずは基本給です。

月の休みが8日あるとして、一月で22日間働いた場合、基本給が以下のようになります。

1000円×8時間×22日=17万6000円

30万円までは12万4000円足りません。

リゾートバイトの場合は日毎に8時間を超えると25%の残響手当がついて時給が上がるので、8時間以降は1250円になります。

なので足りない12万4000円を1250円で割ると、99.4時間残業が必要ということがわかります。

大体100時間…

数字だけ見るとちょっとわかりにくいですが、22日に分散すると、1日4.5時間くらいです。

ちなみに数年前に電通の女性社員の自殺がニュースになりましたが、大体その方と同じくらいの残業量です。

かなりやばくない!?

実際はこれくらい働く職場だと、深夜手当が着く時間まで仕事が食い込むことも多く、さらに時給が上がるのでもう少し時間は短くなります。

ただホテルとか旅館の仕事は朝が早く、夜が遅い。そしてほとんどが立ち仕事です。

すると連勤が続くとどんどん疲れが溜まって、朝起きた時に「あ、しんどい。今日はあえて寝坊しようかな」なんて気持ちが湧き上がってきます。

ちなみに運良く時給1100円の職場につけた方は、この100時間残業が80時間まで減ります。

それでも毎日4時間いかないくらいの残業は必要になる訳ですが、結構現実味が出てきます。

ということなので、リゾートバイトで30万円を稼ぐのはあきらめましょう。

精神的にも肉体的にもしんどいので。

これを読んでもなお稼ぎたいと思った人は派遣の人に死ぬ気で貯金したいので鬼のように残業させてくれる職場を紹介してくださいと言いましょう。

そういう案件もありますので…

でも個人的にはどれだけ貯金がしたくても月20万円くらいの給料でヌルヌル働くのが良いと思います。

むしろ貯金を目標にしないで気楽に働きたい。

30万円まではいかなくても安定して稼ぎたい人はこんな職場がオススメ

正直30万円いかなくても良いけど、それなりに安定した額は稼ぎたいという人はいると思います。

そこで1年間働いてみてわかった、安定して稼げる職場について触れていきましょう。

1.レストラン業務ならバイキング

リゾートバイトはレストラン業務がほとんどの割合を占めています。

きっとある程度やれば誰でもできる業務だからでしょう。

そして、レストラン業務で安定的に稼ぎたいのであればバイキングの業務がオススメです。

理由は2つ。

  1. バイキングをやっているところは規模の大きいホテルが多い
  2. バイキングは客が少なくても営業時間が変わらない

1つ目の規模が大きいホテルだからというのは安定的に稼ぐのであれば大事なポイントです。

大きいホテルということはそれだけお客さんの数が来るということ。

力仕事が多く大変な職場ではあるのですが、閑散期でも一定数の集客があり、小さなホテルにありがちなお客さんが0もしくは数名だから今日は休みという事故に遭遇しにくいです。

2つ目の客が少なくても営業時間が変わらないというのも魅力的です。

だってバイキングは時間で区切っているから、多かろうが少なかろうが労働時間はほとんど変わりません。

多いと大変で片付けに少し時間がかかる、少ないと暇という違いがあるくらいです。

安定的な稼ぎを得たいのであれば絶対的にバイキングです!

2.フロント業務

フロントは僕もやったことないので業務に関する細かいことはわからないのですが、客観的にみて圧倒的に羨ましい職種!

なぜなら、どんなに暇でも常駐していないといけないからです。

お客さんが来ようが来るまいがフロントで電話を待ったり、飛び込みのお客さんの対応しないと行けませんから。

特に規模が小さくて客数が時期によってまばらなホテルのフロントなんか最高だと思います。

暇な時期も安定して稼げて、忙しい時期は残業つく訳ですから。

いいなぁ。一度はやってみたかったけど結局ずっとレストラン人生でした。

リゾートバイトはほどほどに

貯金ができるということで留学の資金貯めやワーホリやバックパッカーから帰国したちょっとの期間で人気のリゾートバイト。

正直20万円くらい稼げばがっつり貯金できるので、個人的にはゆるゆると働く方が色々と楽しめて良いんじゃないかなと思います。

なんなら特に貯金などの目的もなく働いて、離島や山奥などの普段は生活しないような地域を楽しんだり、自分が観光でいきたいスポットに行って惜しみなく観光したりできたら楽しいだろうなぁとつくづく思います。

楽しいリゾバにするためには案件選びがすべてです。

参考までに案件選びのコツの記事もあわせてどうぞ。

リゾートバイトの入り口であり醍醐味!いい案件を選ぶためのコツ

そんなわけでリゾートバイトで30万円貯金できるのかという話でした!

おしまい!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ellevia /曽我(株)戸田 より:

    初めまして。elleviaの戸田と申します。
    AmazonでのHEMのお香のご購入とレビューありがとうございます。
    お礼と言ってはなんですが、もしご入り用の商品がございましたら
    1つサービスとしてお送りいたしますので言ってくださいね(#^.^#)