11月が終わるからこそ今年を振り返るメリット

時が経つのは早いもので今年も残すことあと1ヶ月ですね!

みなさんの一年を漢字一文字で表すと何でしたか?

ちなみに僕は「々」でした。

この漢字一文字だと、なんて読めばいいのかをずっと考えていた一年でした。

そして最終的に「クマ」と呼ぶことにしました。バカヤロッ!

スポンサードリンク

僕が11月に今年を振り返る理由

ところでなぜ僕は今年の振り返りを年末ではなく、11月末の今やっているのでしょう。

もちろん理由があります。

それは、今年という一年を最高の形で終えるためです!

12月に振り返ってしまうと、「あぁ今年はこんなことがあったなぁ。懐かしいなぁ」でおしまいです。

そして年が開けて1月に突入し、「よし、今年はこんなことするぞぉ〜!」と息巻いたものの数ヶ月後にはそんな目標は頭の片隅でホコリをかぶってうずくまっているのです。

しかし、11月に振り返れば今年の目標を改めて確認し、残り1ヶ月で当時の目標に一歩でも多く近づくことができるじゃありませんか!

なんという巧妙なアイディア!

残り1ヶ月という期間が絶妙にちょうどいいですね。

今年は個人的には激動の1年になったので書き綴りつつ思い出していく!

といって振り返っていたら12月に突入してだいぶ経ってしまいました!大目に見てください!

1月〜3月|さらば青春!新卒で入社した会社を去る

会社を退職することを伝えたのが2016年の10月ごろだったので、この頃は自分の中で残りの期間が消化試合に感じてしまうという雑念との戦いでした。

ひたすら自分の中のナマケモノと戦いながらテレアポをしたり営業リストを作ったりしていました。

途中からは4月から入社予定のインターン生達に多少教えるようになるも、僕自身この時点でこの部署に異動して3ヶ月くらいしか経っていなかったのでスマートに教えたいという承認欲求に反して、自分の実力のなさを痛感していました。

しかし、この新卒で入社した会社での3年間は本当に濃いものでした。

結果的に辞めているものの、この会社に入っていなければ今のようにプログラミングを学ぶ道を選択することもなかったように思います。

そして、3月末に自分にとって一区切りとなるダンスのイベントも終え、無事に有休消化に突入します。

最終出社日に社内に「お疲れ様でした!」と言った時の気持ちは間違いなく「解放された」よりも「寂しい」の気持ちが強かったですね。

最後にもらったメッセージは今でもやる気を奮い立たす為に思い出しています。

特に思い出すメッセージは

Q.いっとくを調味料で例えると?

A.柚子胡椒。たまに欲しくなる。

なんだか絶妙すぎて何度でも思い出すし、これからも柚子胡椒みたいな男でいようと思いました。

座右の銘「柚子胡椒。」

4月〜8月|マザーレイク琵琶湖!ズボンが異様に短いホテルマン現る

初のリゾートバイト赴任地は滋賀県の長浜という街のホテルでした。

琵琶湖に面した豊臣秀吉の街です。

街並みは蔵のような古い街並みで、休日遊ぶところがあまりないので地元民は休みは京都に出かける。そんな街です。

しかし、山奥に住んだ今考えるとすごく住みやすい街でした。

歩けばコンビニはあるし、飲み屋さんや飯を食えるお店がある。

車があれば何も困らないでしょうね。

そしてここでホテルマンデビューを飾ります!

移動日の前日に急いでドン・キホーテで「裾上げしなくてもいいスラックス」というものを買ったのですが、向こうについて履いてみるとまさかのくるぶしの5センチ上という丈の長さ。

いやいやいや!そりゃいらないよね!裾上げ!

精一杯の腰パンをしてもくるぶしより下に丈が来ることはありません。

勤務開始3日目で最強の派遣社員Mさんに「裾短すぎない?」と言われたことは今でもいい思い出です。

その後もこの裾の短さのおかげで、後から来た派遣仲間にも突っ込まれてすぐ打ち解けられるといういい感じのチャームポイントになりました。

仕事は思ったよりもきつく、力仕事&長時間立ち仕事で体の色々なところにガタがきました。

一番やばいのは足の指先の痺れ。

まだ治ってないんですけど大丈夫なんですか、これ?

ここではホテルマンとしての基礎をひたすら叩き込まれた気がします。

高級ホテルと比べたらそれは大したことない接客力なんですけど、段取りとかある程度の専門用語と常識はよくわかりました。

全然お金たまらない期間ではありましたが、現地のダンサーとも知り合い、ブログも始め、色々な経験ができました。

もし関西に行くことがあって本当に何もすることがなければ行くかもしれない。

9月|レイクインマウンテン山中湖!自由過ぎる職場と僕の働き方

そして次に行った土地が山梨県は富士山の麓に構える合宿所の聖地山中湖。

また湖!という感じもしますが、琵琶湖と違って標準的な湖の大きさで、それなりの自然に囲まれているので違った風情がありました。

僕はここの合宿所とキャンプ場で働くことになります。

この合宿所は働いている人も同年代の人が多く、1ヶ月しかいなかったとは思えないくらい楽しんでいました。

気分的には半年くらいいたんじゃないかというくらいの濃さです。

仕事内容は合宿所の掃除や食事提供の補助。

ここは派遣会社を通さず直接知り合いのツテを通して行ったのですが、すごい自由な職場でした。

固定概念がぶっ壊された気持ちです。

特に決まりがあるわけでもないので、パソコン業務とかキャンプ場の掃除とか衛生管理マニュアル作成とか毎日違うことしてたんじゃないかというような気がします。

そして、住み込む場所もプレハブという新体験!

結局のところ、なんだかみんなずっと事務所にいて、遊んだり映画見たり、ゲームしたり、飲んだりとどこからプライベートでどこから仕事?みたいな感じでした。

後半は合宿所の繁忙期が終わった為同じ会社で所有している近くのキャンプ場に移動。

4年前に関東大学ダンス連盟の公演に出演した時の後輩が切り盛りしており、余計に公私混同した生活が始まりました。

相変わらず濃いキャラでした。

最後は、繁忙期お疲れ様会でバーベキューをして東京へ一時帰宅。

面白い人だらけで、通年で働いてたいと思えるところでした!

10月〜11月|マウンテンオブザマウンテン奥日光!陸の孤島で何思う

そして今の職場です。

山中湖もだいぶ自然に囲まれていると思っていましたが、格が違いすぎました。

寮の前に鹿の家族。

ホテルの庭には狐。

道路に蛇いる。

向かいは牧場。

ガードレールに猿。

コンビニは徒歩45分(しかも17時に閉まる)

標高1400m。

何もかもが異世界です。

月収は今までの職場よりも低くなりましたが、圧倒的に消費しない環境なのでお金たまりそうです。

さらにここのホテルは精神衛生面がかなりいい。

動物園みたいに個性の強い人が多いですが、いい人だらけです。

寮にはWi-Fiも完備されているので、アマゾンプライムにさえ入ってしまえば一気に住みやすくなります。

仕事以外だとたまにダンスのイベントで駆り出される時に、滋賀から東京に向かうよりも時間がかかるのが個人的には衝撃です。

11月にはかなり久しぶりに筋肉定食で埼大の学祭に出てきました。

今回は練習もかなり気合を入れて合宿してきたのですが、やっぱりこの人たちいると楽しいなぁとつくづく思いましたね。

もっといろいろと面白いチャレンジができそうなきがするので、裏でこっそり計画でも練ろうかと思います。

12月|僕の私の未来予想図

そして、ここですよ。

書き始めに11月だからとか行ってたけど、過去の振り返りも含めて以前の記事を全部見ていたら内容がしょぼかったのでリライトしまくってました。

結果、11月30日に振り返り始めたのについに12月に突入してしまいました。

いつも自分は変わらないと思い込んでいるので過去に書いた記事もそんなに変わらないだろうと思っていたら、なんという文章の稚拙さ!

そして、内容の薄さ!

恥ずかしいと思うと同時に、自分の成長も感じられます。

もう思い切ってしょぼいのは消して、かなり多くの記事を書き直しました。

まだ納得いっていないけどね!

そんなことはさておき11月末に今年を振り返る一番の目的はここなんですよ!

僕の今年の目標はこんな感じでした。

  1. 海外に留学する
  2. プログラミングができるようになる
  3. 英語ができるようになる
  4. ダンス上手くなる

ざっくりしすぎですね。

留学に関してはもう今年は手遅れです。

しかし、ここでぜ全部諦めてしまっては振り返った意味がありません。

残りの1ヶ月で今年の僕を最大限まで持っていかないといけないのです。

なので、ここで再度目標を立て直します。

しかもかなり具体的に!

そんなわけで僕は今年これをやります。

  1. プログラミングの学習サイト「Progate」でレベル170を達成する!
  2. 毎晩ポッドキャストで「1日5分ビジネス英語」を聞く!
  3. 本を今月中に3冊読む!
  4. 倒立で30秒キープできるようになる!

これをすべて達成することで、少しでも年始に考えていた自分に近づくのです!

一年を過ごしているうちにやりたいことなんて変わるでしょうから、年始の目標をそのまま達成する必要はありません。

しかし、こうして1年が終わる1ヶ月前に振り返ることで、忘れていたなりたい自分を思い出し、1ヶ月かけて追いつこうとする。

それでいいじゃありませんか。

達成できるかどうかギリギリのラインを攻める。

これがポイントです。

なんだか生きるモチベーションも上がるので、暇があればあなたも振り返ってみましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする