初めてリゾートバイトをする人必見!リゾバに必要な持ち物リストを公開します

こんにちは。

毎日タダメシタダ風呂生活のいっとくです。

僕は今、リゾートバイトで雪深い日光の山奥でひっそりと生活しております。

4ヶ月も山奥にいると隠居しているんじゃないかと勘違いしそうになりますが、気のせいではありませんでした。圧倒的に隠居です。

初めてリゾートバイトをする時って、とりあえず何を持っていけばいいのか悩みますよね。

もちろん派遣会社の人が丁寧に教えてくれたりしますが、その人たちリゾートバイトしたことありませんからー!たぶん!

そこで実際にリゾートバイトをしてみてわかった、持っていってよかったものを紹介していこうと思います!

※僕が男なので男性目線です

スポンサードリンク

ということであって役に立ったものから、なくて困ったものまで様々な持ち物たちを紹介

ということでリゾバに必要な持ち物を色々と紹介していきますよー!

そもそも絶対に忘れないであろうものも混じっていますが、それに関しては量の目安について触れていこうかと思います。

ふつう誰も忘れないよね!着替え(参考までに量も)

間違いなく忘れる人はいないと思います。

いたとしても外出した瞬間捕まると思うので、限りなくゼロに近くなる理論を提唱したい。

しかし服も家にあるもの全部持っていく訳にもいかないし、どれくらいいるの?という疑問がある人はいるはず。

ということで参考までにどれくらいの衣服が必要になるのか。

  • 半袖Tシャツ…4枚
  • 長袖のシャツ…1枚
  • トレーナーorパーカー…1着
  • パンツ…5枚
  • ズボン…1着
  • 部屋着…1着
  • 靴下…5セット
  • 冬なら持っている中で一番暖かいアウター…1着
  • タオル…1、2枚

これくらいあれば余裕でなんとかなります。

もちろん住んでいる環境に合わせて調整する必要はありますが。

特に洗濯機が使い放題かコインランドリーかを確認しておくと、下着の量とかを調節しやすいのでGOOD!

1着しか持っていかないズボンなどは無難なデニムやチノパンにした方がいいですね。

柄物などで個性を出しすぎると組み合わせが難しい症候群に陥ります。笑

制服(指定があれば)

続いて必要になってくるのが制服です。

リゾートバイトの制服は支給される職場と自分で持っていく必要があるところがあります。

僕の経験上スラックスとYシャツと靴は自分で用意するところが多いイメージです。

で、ベストとネクタイは支給されます。

Yシャツ4着とスラックス2着を持っていれば大丈夫です。

慣れるとどうせ制服洗濯しなくてもいいかという発想になり、Yシャツが2着でも足りるようになることでしょう。

もしコインランドリーしか洗濯できる設備がないときはYシャツを多めに持っていけば節約できます!

あと靴に関してはAmazonで本革を買うのが一番いいです。

詳しくは別の記事で書いていますが、安い合皮の靴は立ち仕事の多いリゾバではすぐにぶっ壊れますし、むしろAmazonで売っている本革の靴は量販店の合皮の靴よりなぜか安い。

関連記事:ビジネスシューズはアマゾンで買うのが一番コスパいい!安いんだもの【1万円以下で本革が買えます】

ただし、かかと部分がすり減りやすいので修理キットがあるとなおいいかもしれないですね。

ハンガー&物干しロープ

ハンガーと物干しロープは必須アイテムです。

これらを忘れると洗濯するときに地獄を見ます。

ちなみに僕は一番初めに働いたホテルでは見事に全部忘れて、テレビやドアノブ、椅子の背もたれにシャツを干すというなんとも惨めかつ不衛生なことをしていました。。。

基本的にハンガーが用意されていることなんてないので絶対に持参すべきです。

まぁこれらは現地調達もしやすいので忘れた人は100均で探して購入しましょ!

洗濯洗剤や歯磨き粉などの生活用品

これも当たり前っちゃ当たり前なのですが、洗濯するので洗剤は必要ですし歯磨き粉もないと口のニオイがちょっとアレになりますよね。

逆に食器用洗剤やシャンプー、ボディソープなどは従業員食堂や温泉がついている案件ではなくてもなんとかなります。

なので現地に着いてから必要だったら購入すると良いでしょう。

あと、タンブラーやコップ的なものはあるとだいぶ重宝します!

僕の場合、100均でちょっと大きめのジャーとスプーンを購入し、コップがわりに使ったりヨーグルトなどを食べる時の器として大活躍してくれました。

ノートパソコン

神が作ったアイテムです。

リゾートバイトはかなり空き時間ができるので、パソコンが一台あるのとないので全然生活が変わってきます!

もちろんスマホでもいいといえばいいのですが、どうしても僕はパソコン派なので。

空いている時間に動画を見たり音楽を聞いたりネットショッピングを楽しんだり使い方は様々です!

また、リゾートバイトは雇用形態が派遣なので副業の禁止などの制約に縛られません。

これを機にネットを使った副業を始めてみるのも大いにありだと思います。

リゾートバイトは生活コストも下がりますが、収入は多くはないので月に数万円稼いだだけでも結構変わってきますよ。

ちなみに僕はクラウドワークスを通じてWebライティングの仕事やアンケートサイトを使って小遣いをチャリンチャリンしてました。

副業とかに興味があれば、こちらの記事も参考までにどうぞ。

関連記事:誰でも簡単にできる副業「Webライティング」の始め方

しかし結局稼いだお金で飲み屋さんに行くという愚かな生活リズム。

職場によっては寮にWi-Fiがついているので、可能であれば事前に要望として担当に行っておきましょう。

なお寮にWi-Fiがない場合は派遣会社で通常よりも安くWi-Fiのレンタルを行なっているところもある派遣会社もあります!

例えば僕が使っているアプリリゾートではWi-Fiのレンタルができます。

Wi-Fiルーターをアプリリゾート特別価格でご紹介

Wi-Fiを長期で使う場合であれば個人でポケットWi-Fiを契約した方が安いものがありますが、長く使わないのであれば1ヶ月単位で使えるレンタルを使った方がいいでしょう。

保険証

1ヶ月以上派遣会社を通して働く場合保険に加入できます。

これは絶対入ったほうがいいです。

リゾートバイトはホテルでの案件が多いので、朝が早く始まり、夜遅く終わり、しかも結構ヘビーな肉体労働だったりします。

すると疲れが溜まりに溜まり、体調を崩すこともあるでしょう。

僕は滋賀のホテルで腰を痛め整骨院に通い、あろうことか日光では十二指腸潰瘍を患い穴が開いたため入院するはめに。。。

もし保険に入っていなかったらとゾッとします。

むしろ、十二指腸潰瘍の時は2週間入院して14万くらい吹き飛んだので、医療保険への加入を検討しているレベルです。笑

体は大切にしましょう…

小さいバッグ

必須ではありませんが、あると大活躍します。

同僚からも「それください」と言われるくらいに便利です。

ちょっとコンビニに行くときはもちろん、出勤するときに財布や携帯などを入れておくこともできるので公私ともにお役に立つこと間違いない。

マンハッタンポーテージあたりは値段も手頃でオシャレなのでオススメです。

非常食

リゾートバイトの多くの案件では食事が無料で提供されます。

しかし、そのデメリットとして自分で食べるものを選ぶことができないのです。

そのため、自分の苦手なものが出てきたり、量が少なかったりしたとき空腹と戦うことになります。

そこで非常食的なものがあるととても便利!

特に役に立ったのは以下のものです。

  • フルーツグラノーラ
  • 牛乳
  • カロリーメイト的なもの
  • ヨーグルト
  • 野菜ジュース
  • 業務用のミックスナッツ

基本的に日持ちするものを買いだめするといいです。

そして従業員食堂の飯って結構栄養バランスが偏ってたりするので健康に良さそうなものにしておくと精神衛生上かなりGOOD!

フルーツグラノーラのパッケージにある栄養素のパラメータを見ているだけで健康になった気がします!

ミックスナッツは1kgくらいのものを買っておけば1ヶ月はおやつに困らないし、栄養価が高く食物繊維も取れるので最高です。

オススメのミックスナッツはこちらの記事をどうぞ。

関連記事:僕はナッツ喰い。今からAmazonで買えるオススメのミックスナッツを教える。

印鑑

春休みや夏休みだけの短期の場合はいらないかもしれませんが、長期で考えている場合はあった方がいいし忘れがちです。

たまに使う時がきます。

本当にたまに。

例えば書類を書く必要がある時や、稀に職場で必要なこともあります。

かさばらないので持っておきましょう。

朝弱い人は目覚まし時計

僕はとてつもなく朝が弱いのです。

しかし5時起き6時起きは当たり前のこの世界。

寝坊しないためにも朝弱い人は強力な目覚ましがあると安心感がだいぶ違います!

あまりにも目覚ましが強すぎて、4個隣の部屋に住んでいる同僚にも「今日も目覚まし聞こえたで〜」とよく言われていました。笑

それがこちらのスリープバスター

サラリーマン時代からの相棒です。

僕はこれがないと起きれません。

番外編

番外編では持ち物というよりサービス的な方面でのオススメについて紹介していきます!

Amazonプライムへの加入

これは僕も最近加入したのですが、もう完全に手放せません。笑

特に雄大な自然の中でリゾートバイトする人は必須と言っても過言ではありません。

完全に僕の身の上話ですが、今の職場は本当に山の中です。

最寄りのコンビニですら徒歩40で、冬は雪に閉ざされているのでそもそも行けません。

なので買い物をするとなるとバスで1時間かけて山を下る必要があります。

そしてその交通費たるや往復3000円。。。

高すぎるよおバカ!

でも本当にそんな辺境の地で働くこともあるのです。

そこで大活躍のAmazonプライム。

買い物をしても対象商品であれば山奥であれ送料無料で届けてくれます!

しかも1、2日で。

早いものだと前日の夜に頼んだものが次の日の昼に届いたりしますからね。

届くまでは明日届くは嘘だと思うくらいすごいことです。

職場に届くので荷物を直接受け取る必要がないのもかなり相性がいいです。

さらに商品を買わないにしてもプライムビデオで映画やアニメなどの動画が見れ、プライムミュージックで音楽が聴けて、プライムリーディングで本が読める。

これ全部込みで月額およそ400円!

バスで1回下山したら7ヶ月分のアマゾンプライムですから本当にコスパ良すぎます。

詳細は別記事に書いたので参考までに。

関連記事:Amazonプライムに入ったけど便利すぎて何も言えない

ここまで山の中じゃなくても、生活用品とか購入できるお店がそこそこ遠いという案件はいっぱいあると思うのでかなりオススメです。一番オススメ。

とりあえずは1ヶ月無料で使えるので、試してみてダメだったらやめればいいだけです。

Amazonプライムを試してみる

ゆうちょ銀行の口座開設

突然ですがあなたはメインバンクに何を使っていますか??

UFJ?みずほ?三井住友?りそな?

たとえメガバンクでも地方にないから!!怒

これは本当です。

リゾートバイトをする前は東京に住んでいたので、有名どころの銀行はてっきり全国にあるものだと思っていました。

地元も札幌が近かったので、流石にメガバンクは普通にあったんですよ。それが一番の勘違いの原因だったかもしれない。

しかし、一番最初の勤務地で滋賀に行った時、メインバンクのUFJの支店を検索してみると滋賀県に1個しかない!!

しかもめちゃくちゃ遠い!

交通費を考えると手数料を払ってでもコンビニでおろした方がお得という考えにいたり、最終的にはクレジットカード生活が一番お得という結論で着地しました。

しかし、ゆうちょ銀行なら本当にどこにでもあるのです。

かなり山奥でもあります。

リゾートバイトを検討している人は、必須でゆうちょ銀行の講座を開設し、給料の振込先にしておくべきです。。。

これで快適なリゾバ生活が送れます

これだけ用意すればかなり快適なリゾバ生活が送れることでしょう!

あとは自分の生活スタイルや趣味に合わせて持ち物を調整してみてください。

リゾートバイト関係の体験談に関しては他にも色々書いてあるので、興味がある人は見てみてください!

リゾートバイト関連の記事一覧

それではおしまいです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする