【副業】Webライティングで月1万円以上稼ぐなら案件選びにこだわるべき理由

こんにちは。駆け出しWebライターのいっとくです。

僕は今留学の資金を貯めるためにリゾートバイトをしながら副業でWebライティングをしています。

そして今回はWebライティングについてのお話です。

Webライティングとは企業や個人が運営するメディアの記事を作成して納品するというもので、パソコンとネット環境と時間さえあれば誰でもできちゃうお手軽副業です。

自分の得意分野を書いたり、知らないことを書いたり、ネット上にある情報を切り貼りするだけだったり内容は案件によりけり。

Webライティングは副業としてはとてもいいんですよ。

というのも、結構大変でははあるのですが誰でもすぐに始めることができて、記事を納品すれば確実にお金になるからです。

僕は現在Webライティングで月にだいたい1万から2万円くらい稼いでいます。

え?もしかして少ないと思った?

バカヤロー!副業なんてそんなもんだよ!

最初に言っておくけど結構大変なんだから!

でも会社で昇給を待つよりは手っ取り早いでしょう?

あと1万円収入増えたら心の余裕がかなり違います。

しかし専業ならまだしも副業でやるとなると1万円は結構なハードルだったりします。

やってみるとわかるのですが、実際に仕事をしながら1万円以上稼ぐとなるとコツがいります。

そこで今回はWebライティングの副業で月1万円以上稼ぐ際に意識すべきことを伝授したいと思います!

スポンサードリンク

Webライティングの副業で月1万円以上稼ぐならひたすら単価を意識すべし

もういきなり答えなんですが、報酬の単価が高い案件だけをこなしましょう。

え?それだけ?てかどうやって?って感じですよね。

順をおって解説しましょう。

単価が高いやつだけやればいいの?

そうです。単価が高いやつだけやればいいんです。

なぜかというと、単価が低いもので1万円を達成しようとすると膨大な作業量が必要になります。そしてそれは苦痛を伴います。

Webライティングの副業をやるにあたって、ほとんどの方はランサーズやクラウドワークスを経由して案件を探すことになるでしょう。

しかし、この辺で案件を探して見ると、初心者オッケーだけど1000文字以上で100〜500円くらいの案件がゴロゴロ転がっているのです。

文字単価でいうと1文字0.5円とかいうやつ!

1000文字なら楽勝じゃんと思うかもしれませんが、ほとんどの場合自分が詳しく知らないことについて書かないといけないため情報収集が必要になります。

この情報収集が鬼のように時間かかります。

すると例えば1000文字500円の案件だと20件こなさないといけません。

そして情報収集に40分、執筆に30分、写真素材探しで20分、修正および納品のやり取りで1時間くらいかかるでしょう。

すると1記事作るのに2時間半かかるわけです。

2.5×20=50時間

休みの日だけやるとして、休みを8日とすると、1日あたり6時間以上使うことになります。

それが何を意味するかわかりますよね…?

そうです、休みが全部潰れます。

さらに休みに予定なんて入れようものなら寝る時間を削ってやる羽目になります。

いややー!!

しかもそれで1万円しか稼げてない。

普通ならバイト探そー!ってなります。

だからこそ単価の高い案件にこだわってやる必要があります。

、、、でもどうやって??

単価の高い案件を受注する戦略

これに関しては僕も正直運みたいなところはあると思っているのですが、まずは案件探しの時に単価が高いものから応募していくべきです。

もちろん単価の高い案件ほど競争率は高いので、ミスマッチになることも多いでしょう。

ましてや初心者であれば高単価の仕事に応募すること自体、気が引けるというのもわかります。

僕自身初めのうちは経験も実績もないから低いものに応募して、仕事ができればなんでもいいと思っていました。

だってスキルもないし、実績もないし、、、、云々。

応募するだけなら損しません!

あと報酬の単価は書いている人のスキルというよりも、募集している側の金払いの良さに依存しています!

なので単価が高い順に応募すべきです。

テストライティングがあるものも多いと思うので、文章力がある人はうまくいくし、ない人はどんどん単価が下がっていきます。

そして見つけた仕事が今のあなたの報酬額なのです。(運もあります)

なのであとは仕事の量を調節するしか方法はないのです…

単価を上げるべく行動するのです。

単価を上げるための2つの方法

単価を上げる一つの方法は自分のスキルを高めて単価を上げる方法です。

文章は基本的に書けば書くほど上達していくでしょう。

メディアによって色々なルールがあるのでそれをいくつか学んでいるうちに無難な文章は書く技術が伸びてきます。

そして文章力が上がってきたなと感じたら、報酬の交渉をします。

ライターを雇っている側からすると、せっかくうちのメディアのルールをおよそ把握している人に辞められてはまた新しく人を探して教育しないといけないので、単価を上げた方が結果的にお得という判断をします。

もしダメだったら、いっそのこと高単価の案件を探しましょう。笑

別に副業ならどこと仕事をしてもいいわけですから、それなら金払いのいいクライアントを探す方がいいです。

スキルが上がって実績がついていれば、最初に案件を探した時よりも選択肢が広がっていることでしょう。

高い仕事に乗り換えるか、今の仕事の単価をあげてもらうかという違いはありますが、これがスキルをつけることによって単価を上げる方法です。

そしてもう一つはちょっと運任せなのですが、SNSを使って今まで書いた記事の実績をシェアしてみましょう。

すると意外なところから紹介でお仕事が舞い込んでくることがあります。

正直どんな人脈があるかによって可能性の大小は変わってきますが。

とはいえ周囲の人たちに自分は今こんな仕事もしてますというのを知らせておくというのは結構大事なのです。

友人が勤めている会社のオウンドメディアでライターを募集しているときに、「あ、そういえばあいつライターやってるって言ってたなぁ」って思ってもらうことが超重要!

こうなると急に仕事が紹介で舞い込んできます。

そして紹介の案件って人手が足りてないことが多いので、総じて単価が高い傾向があります。

かくいう僕も今は紹介の案件しかやっておりませんが、月に数記事書くだけで1万円を超えるようになりました。

まとめ

というわけで、今回は副業のWebライティングで月1万円以上稼ぐための方法は以下の二つ!

・高単価の案件から応募するべし!

・自分が作った記事やWebライターをやっているということをSNSで告知すべし!

1万円以上を副業で稼ぐって実は結構大変ですが、実際にできるようになると心の余裕と自分で稼いだという満足感がアップすることは間違いないので、興味がある人はまずやってみるといいと思います。

もしダメでも別に死なないし、路頭に迷うこともないでしょうし。

ということで始め方については別記事で書いておりますので、参考までにどうぞ!

関連記事:誰でも簡単にできる副業「Webライティング」の始め方

おしまい!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする