ベタつかない整髪料なんていらない|個人的にオススメのジェルはこれだ!

こんにちは。いっとくです。

僕は今リゾートバイトで滋賀県の長浜にきています。

ここにくる前は3年くらい東京に住んでいたのですが、滋賀県は僕にとって完全な新天地なので、どこで髪を切れば良いのかわからない!

引っ越した瞬間に一番困るのは美容室と安いスーパー探し。引っ越しあるあるですね。

新しく探すのが面倒臭いということもあって髪を切らずにいたら、前髪が鼻の下まで到達しました。

今までずっと単発で生きてきたので、人生で一番髪が長い状態になっています。

ただ、ホテル業という客商売をしている身なので身だしなみはしっかりしないといけません。

なので毎日がっつりと整髪料を使って整髪しテカテカパリパリの七三分けの清潔スタイルで仕事をしています。

ここで髪が長くなったことによる弊害が出てきました。

髪が長くなると使うジェルの量も増えてくるので、ジェルの減りがめちゃくちゃ早くなってきます。

今回も整髪料がきれてしまったので、新しいものを選んでいる時に思ったこと。

「まるで無重力!」とか「超長持ち!」とか「ベタつかない!」とか、色々なワックスがあると思うのですが…

…ベタつけ!

スポンサードリンク

整髪料がベタついた方が良い理由

長時間ホールドとか、強力なセット力とかセクシーなウェット感みたいなのはすごく良いと思うんですよ。デメリットないから!

ウェット感を出したくない時に、ウェット感でるやつ買わないでしょう?

でもワックスって使い心地よりも髪がちゃんとセットできるかどうかの方が大事だから、ベタつかないと髪がまとまらんのですよね。

特に僕は若干癖毛なので、多少のベタつきとセット力がないと綺麗にセットできません。まとまりきらなかった髪がピョインピョインはみ出ます。

会社員時代はギャッツビーの超ベタつくワックスを使って整髪していたので、めちゃくちゃセットしやすかった。髪も短かったし。

しかし最近ホテルで働くようになってからは、ジェルやスプレーで固めています。

この前、ベタつかないを売りにしたスプレーを買ってしまったのですが、めちゃくちゃセットしづらい。

ベタつかないから髪がまとまらない。

だけどスプレーのおかげで髪が固まります。

するとガチガチに固まった細めの毛束が飛び出してきて、あろうことか目に刺さってきます。

もしベタついていれば細かい毛束も頭上で絡み合って落ちてくることはないでしょう。

なのでスプレーはモッズとかケープみたいなベタつくやつサイコー!

そんなわけで整髪料はもれなくベタつけ!

ちなみにジェルの消費量が増えたので色々と市販のジェルを試しましたが、一番オススメはドンキホーテのめっちゃでかいやつ。

ドンキホーテのジェル

もうパッケージからめちゃくちゃ強力にセットしてくれることを物語っていますね。

ガッチリ固まる上に、洗い落とすのも簡単。

そして量も多いという神がかりなジェルです。

特に髪が長い人は、一度この青髪力を味わってしまうとギャッツビーのジェルには戻れなくなります。

ちなみにこれでだいたいセットしたのちに、ベタベタ系のワックスで表面をコーティングすると、最高にまとまります。

もちろんドンキホーテのプイライベートブランド商品なので、ドンキホーテでしか買えません。

強力なパワーで髪をセットしたい人はドンキホーテへGO!!

以上、髪はベタついてほしい派の男の独り言でした。

さよなら!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする