山中湖で妥協して行ったそば屋がうますぎた

山中湖グルメハンターこといっとくです。

山梨県といえばほうとう。もしくは桃、ぶどうなどのフルーツ。

そんなイメージです。

山中湖を自転車で1周していたところ、ほうとう屋がたくさんあったので最後にほうとう食って帰ろうとしたら、宿の付近にほうとう屋がなかったので妥協してそば屋に入りました。

関連記事:山中湖1周プロジェクト

結論、うま過ぎた。

スポンサードリンク

山中湖の絶品そば屋さん 手打ちそばやまさと

本当はほうとうを食べたいと思っていたのですが、そば屋しかなかったのです。

まぁ、でも山梨って長野と近いからそばでも美味いだろうという安易な発想。

古民家みたいないい感じの佇まい。

入り口の看板を見ると、どうやら裏磐梯のそばらしい。

裏磐梯って福島じゃん。

早速長野県と近いとかは関係なくなってきました。

とりあえず入ってみると、入り口には本格的なそばを挽く空間が。

後ろの方でゴリゴリとそばが石臼で挽かれています。自動で。

自動化バンザイ。

そばの製麺所の上には芸能人の色紙が。

ほとんどの色紙がオリジナリティ溢れるフォントのため読めませんでしたが、左から2枚目に「MAGIC セロ」って書いてある。

世界のセロが食べたそばを食う!

席に着くとお冷の代わりにそば茶が出てきます。

このそば茶が格別にうまい。

そば茶は元々好きでたまにコンビニで買ったりしていたのですが、香ばしさが段違い。

ピッチャーのそば茶をほとんど飲み干す勢いで飲みまくってました。

そして、注文したのは天せいろ。1700円。

はっきり言って安くはない。むしろ高い。

さらに100円追加で麺を粗挽き田舎そばに変更。

それがコチラです、はいどーん!

天ぷらが豪華!

麺にはそばの甘皮が練りこまれており、職人さんのこだわりをひしひしと感じる。

すごいパワー。めちゃくちゃうまそう!

しかも薬味のわさびがすりおろした新鮮なやつで香りが強くて辛味が控えめ。

むしろほのかに甘い??

ここにも職人さんのこだわりを感じる。

すごいパワーだ。うますぎ!

麺は多分二八そばかな?

だいたい美味しいそば屋は二八そば。これ常識。

まずは通ぶって何もつけずに麺を食う!

うん。麺味!

僕の舌と鼻はそこまで繊細な違いを感じ取れる程よくできていないので、やっぱりつゆをつければよかったとは思います。

そばは非常にコシが強く僕好みの食感です。

そして豪華に盛り付けられた天ぷら。

エビがデカ美味!

つゆにつけても美味いけど、天ぷらの横にある抹茶塩をつけても美味い。

というか抹茶塩がすごい。

抹茶の香りラッシュ。めちゃくちゃフレッシュな香りがします。

全部食べ終わった後は、つゆをそば湯で割って飲む!

そば湯は濃くてトロトロしてます。

薬味の風味が絶妙に残っていて美味いんだ、これが。

あまりのうまさに2杯目も作ってみると、つゆが無くなってたので重湯みたいになりました。

仕方なく抹茶塩を入れてみたけど、これはこれでイケる!

もう満足しすぎて、香ばしすぎるそば茶を飲んでいたら急に黒糖くず餅が食べたくなったので注文。350円。

くず餅に黒蜜がかかっているものを想像していたらコーヒーゼリーみたいなのが出てきた。

うーん、上品な甘さ。

しつこくないけど、物足りなくもない。

絶妙なバランス感。

食事を終えて、そば茶を飲む。

本当にそば茶飲みすぎだけど、うますぎるんで仕方がないよね。

大体こういう店はトイレが汚いと噂されがちですが、トイレも綺麗で素晴らしい。

外には趣深い井戸があり、雰囲気もよろし。

手打ちそばやまさとは値段がやや高めなので頻繁には行けないけど、近くに住んでいたら月に1度は訪問したくなるようなそば屋さんでした。

うましうまし。ごちそうさまでした。

手打ちそばやまさとのアクセスと営業時間

山中湖の絶品そば屋であるやまさとのお店情報です!

店名:手打ちそばやまさと

営業時間:11:00~15:00 火曜定休

ホームページ:手打ちそばやまさと

アクセス

近くに駅とかそういうものは全くありませんので、車で行くことになるでしょう。

もしくは近くのセブンに新宿からのバスが停まるので 、バスでもと思いましたが他の用事がないと来ないですよね。

やっぱり車でしかいけません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする