定期的にマックのハンバーガーを食べたくなる病

誰もが食べたことがあるであろうマクドナルドのハンバーガー。

特段好きな訳ではないけど、あの赤と黄色を見ると無性に食べたくなるのですが僕だけでしょうか。

むしろ見なくても急に食べたいなぁという感情が沸き出ることさえあります。

薄いパンに薄い肉と申し訳なさそうなトッピング。

メインはむしろポテト。

マクドナルド創業者のレイ・クロックはマクドナルド兄弟の運営するハンバーガー屋さんに人が集まる理由はポテトにあると感じたという。

でも僕にとってのメインディッシュはハンバーガーでもポテトでも、ましてやコーラでもない。

そう、ピクルス!

ピクルスです!

マックのハンバーガーに入っているピクルスはきゅうりです。

そしてあのピクルスは、ピクルス抜きで注文する人もいるくらい癖の強い食べ物です。

きゅうり自体は食感もシャキッとしていて味や香りの癖も強くないので子供でも食べやすく、食べられないレベルで嫌いな人を見つけるのは難しいのではないのでしょうか。

それが酢に漬け込むだけで、食感も味も一気に曲者になる。

僕も子供の頃はかなり嫌いでした。

しかし今はピクルス食いたい!→そうだ、マックに行こう。となるほどです。

そんなわけでピクルス食いに来ました。

マックには年に1、2回しか行かないので久しぶりの訪問です。

もちろんビッグマックセットのドリンクはコーラという黄金パターンで行こうと思っていたら、妙に気になる商品を発見。

グランクラブハウス!

コーラが入りすぎててじわじわと染み出て来てます。

うまそう。

トマトが入っているハンバーガーはハズレがないと学会で発表されて久しいですが、これはベーコンとレタスも入っており、見事なBLTを醸し出しています。

美しいコントラスト。

そして何よりもパンの部分がすごい。

適度なボリュームと究極のふわふわ感で、例えるなら楊貴妃の肌のような触り心地。

とにかく柔らかい!

こんなにうまそうなパンで挟んで美味くないわけがない。

いただきます!

ふむふむ…

う、う、

うまいけどピクルスがないー!

なんということでしょう。

ピクルスが入っていません。

マックでは裏メニュー的に中に入っているものを増量することができます。

それはピクルスも例外ではありません。

しかし、元から入っていないものを増やすことはできないという。。。

つまり、元からピクルスが入っていないハンバーガーなんて…

ただのパンと肉!

うまかったんだけどね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする