【お香レビュー】フルーティーな香りと煙の少なさに驚愕|GONESH No.4

こんにちは。いっとくです!

お香を買い始めてもう9年経ちましたが、恥ずかしながら初めて買うお香です。

GONESH No.4

GONESHは日本でも超絶人気商品ですね。

HEMのお香と比べると、ややいい値段ですがクオリティには間違いがない。

No.4はフルーティ系の香りがするのですが、フルーティー系のお香を今まで避けて通ってきた自分にとってはちょっとチャレンジングな香り。

実際に使って見た感想は全然違う!

すごく違いました。

何が違うかと言うと、、、

スポンサードリンク

焚く前から質感が全然違う

さすがはアメリカのナンバー1ブランド。

焚く前から全然違います。

フォルムが細長い!

他のお香がデカいシゲキックスみたいな形をしているのに対して、GONESHのコーンインセンスはなんとも言えない細長いフォルムをしています。

そして触り心地も全然違う!

普通なら紙やすりのようにザラザラしている表面も、チョークのごとくサラサラです。

持った指には大量の黒い粉末が…

ちなみに焚く前の香りは外国産のグミのような匂いがします。

いざ点火!

ボボボボボボ…

…全然違う!

全然火がつかない!

なかなか火がつきません!

普通のコーンタイプのお香は一度炎がついて、良きタイミングで消すといい感じに最後まで燃えるのですが、全く炎が上がりません。

ずっとライターで炙っていると、いきなり炭のような燃え方をします。

そして写真ではちょっとわかりにくいのですが、煙がほとんど出てこない??

少なくとも普通のお香は部屋が火事なんじゃないかくらいの勢いで煙が出るのですが、全くと行っていいほど煙がでません。

これなら机の上でお香を焚いた時に、煙が目に入って目が痛い現象が起きないのでは!

煙は全くでませんが、部屋には少しづつフルーティーな香りが漂い出します。

不思議だ。

よくお香を焚いていると、パソコンの画面のホコリを指で取った際にやたらといい匂いがすることがありますが、この煙量だとそんなことにもならないのかな。

ただ、やはりフルーティー系の香りは個人的にはあまり好みではありませんでした。

しかし燃焼前の香りと煙の香りがほとんど変わらないので、お店にテスターがあればすぐに好みを判断できるお香でした!

ドンキホーテとかでも売っているので、テスターで試してみて気にいるようであれば買っても間違いないお香です!

他のコーンインセンスに比べてだいぶ火がつきにくいので、火をつける際は火傷に注意!

ターボライターやチャッカマンを使った方がいい気がします。

それではみなさん良いお香ライフを!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする