【お香レビュー】温かみのある甘さが絶妙です|GONESH No.7

こんにちは。いっとくです!

珍しいがいっぱい置いてあるお店を見つけるとワクワクが止まりません。

本日は今まで見つけたどんな雑貨屋さんよりも珍しいお香を取り揃えているお店に行ってテンションが爆上がりした挙句、結局珍しくないけどお気に入りのお香を久しぶりに買ったのでレビューしていこうと思います!

それがこちら。

GONESH No.7
GONESH No.7

GONESH(ガーネッシュ)のNo.7です!

GONESHはアメリカの老舗お香ブランド!

普通の六角香よりも値段はやや高いですが、値段に見合った洗練されたお香が揃っていることから人気のブランドです!

中でもこのNo.7は私がとてお気に入って鬼リピートしているやつです!

世間的にはNo.8が売れ筋なんでしょうけど、僕は断然No.7

濃厚な甘さの中に謎の爽やかさがあるので、夏でもうざったくならないとてもいい香りのお香なのです。

ということでちょっとNo.7の魅力について語っても良いですか??

スポンサードリンク

GONESH No.7の甘さは唯一無二!

まず、こちらのGONESHのNo.7というお香は、GONESHの中でも一番メジャーなCLASSICシリーズのお香です。

CLASSICシリーズは全部で8種類あり、いずれも複数のフレグランスをブレンドして独特の甘い香りを醸し出しているんだとか。

いずれもNo.〇〇みたいな感じで番号を冠しているのですが、このNo.7は唯一の奇数ナンバー!

奇数だと何が嬉しいのかというと、、、そこはご想像にお任せします!

でも7ってブランドもかなり思いを込めて作りそうだよね!うん、多分それはアメリカもそうだと思いたい!

では前置きはこれくらいにして肝心の香りについて

まずこのGONESHはスティック自体の香りと火をつけて立ち込める煙の香りにそこまで差がありません。

なので、サンプルの香りを確かめてビビッとくれば買えばいいし、そこでダメなら買わなくてもいいというかなり良心的な設計になっています。

そして、その香りは、、、なんというかとても濃厚で甘い香りがします。

しかし、先ほど説明した通り複数のフレーバーをミックスして作り出している香りなので、なんの香りかと言われると正直僕の鼻では全くわからない!

なんとな〜く、ココナッツのようなバニラのようなわかりやすい甘さがベースになっているのですが、奥の方にミントのような爽やかな香りが潜んでいるんです。

そして、その甘さと爽やかさのバランスがこれまた絶妙なんですねぇ〜

パッケージには「PERFUMES OF EARTHLY WONDERS」と書かれており、どうやら地球の大自然から湧き上がる神秘を表現して作られたそうです。

そう言われると不思議と大草原とか森とかそっち系の甘さにも感じてきます。

でも、だいたいそういう森林系をイメージして作られたお香って、甘い香りでは無いことが多いので、なんとも独特なポジションのお香ですね。

まぁ要するになんの香りかはよくわからずじまいなんですが、甘い香りの奥になんらかしらの爽やかさが隠れているよ!ということです。

ちなみにGONESHのNo.7にはコーンタイプも存在します。

しかし、GONESHのお香は総じてスティックタイプの方が香りの違いがハッキリしていていいなと思うことが多い、というかコーンタイプでアタリを引いた試しがないのでスティックタイプを強くオススメします!

なかなかこの香りは他に似たような香りがない、唯一無二のお香です!

はい、そんな訳でたまに買うと幸せになれる、ちょっぴり贅沢なお香GONESHのNo.7についてでした〜

それではみなさま良いお香ライフを!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする