新潟名物へぎそばは普通のそばだけどうまかった|越後湯沢にうまいそば屋あります

どうも、いっとくです!

僕は今、新潟の越後湯沢にいます。

新潟といえば「へぎそば」というそばが有名なんですが知ってますか?へぎそば。

スポンサードリンク

へぎそばとは

へぎとはそばを盛り付ける器のこと!

木でできたデカイ器です。

この写真の中野って書いてあるやつのこと。

そしてそのへぎにそうめんのように小分けにして並べているそばを「へぎそば」と言います。

多くは2人前から注文でき、グループでそばを食うことをメインとしたパーティ向けのそばなのです。

一応そばの麺にも特徴があり、つなぎの素材に布海苔を使っています。

そのせいか麺のコシが強いのが特徴!

せっかくなので新潟名物へぎそばを食べてみる

今せっかく新潟に住んでるわけなので、やっぱり特産物や名物は食べておくべきでしょうということでそば屋に行ってきました。

越後湯沢駅から徒歩でいけるへぎそばの名店「中野屋」です!

外観からすでに格式高そうなのですが、意外とリーズナブルでめちゃくちゃうまかったので紹介します!

お店のあまりにしっかりしている和風の外観に入る前から破格の高さでそばを売りつけられるんじゃないかと不安になります。

お店に入ると大量のおじいさんおばあさんがそばを食べています。

これ若者が食べれるようなお店じゃないんじゃないの?とさらに高まる不安。

そんな中野屋のメニューはこちら。

た、高い…!

と思いきや二人前からなので一人当たりにするとそうでもない値段。

ということで今回はへぎそばと舞茸の天ぷらを注文!

まずはへぎそば。ツヤツヤです。

そして想像よりもデカイこと。二人前だけどもっとあるんじゃないの?

そして舞茸の天ぷら。

うまそー!量も多い!

役者は揃ったので、いざへぎそば食い!

まずはつゆに薬味は添えずに食べます。

ツルツルすすって噛んでみるとコシが強い!

布海苔の味は特に感じず普通のそばだけど、、、、うますぎるー!!

そばとしてしっかりうまい!

続いてわさび、ネギをつゆに入れて再度食す。

う、うまー!!

なんだこのわさび!香り良すぎ!

よくみると色もチューブのわさびとは全然違う薄いグリーン。

試しにわさびだけで食べてみると、全然辛くないし香りがいい上質なわさび!

や、やりよるぜ。

続いて舞茸の天ぷらを食べる。

シャクシャクする!サクサクというよりシャクシャクと表現したいような、軽快な食感。

しっかりだしをとった天つゆがまたうまいこと。

素晴らしい!そばだけなら一人700円くらいでこのクオリティですか。。。

と感動しながら食べていると問題が。

…量が多いいいい。

今回は二人前を二人で食べていたのですが、そばがあと5塊くらいあるのにすでに満腹感を感じてきました。

天ぷらも頼むなら二人前を三人で食うのがちょうどいいことがよくわかりました。

味も量も満足で、値段もリーズナブルに食べれるへぎそば!

確かに普通のそばといえば普通のそばなのですが、地元の人がおすすめする理由がわかりました!

中野屋の営業時間とアクセスについて

今回行った中野屋がとてもよかったので、もし越後湯沢に来る機会があればぜひ行ってみてください。

もちろんへぎそばを頼むべきなので徒党を組んで行くべき。

【お店の情報】

店名:そば処 中野屋

営業時間:11:00〜20:00(木曜定休)

アクセス:越後湯沢駅東口から徒歩で1分

ホームページ:http://www.umaisoba.com/

なんかそばって田舎行くとどこでも名産な気がするんだけど気のせいですか??

それではさようなら!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする