せっかく琵琶湖付近に住んでいるので鳥人間コンテストを見に行ってみた

こんにちは。いっとくです!

僕は今、留学の資金を作るためにリゾートバイトをしています!

そして、8月に入って絶賛繁忙期に突入したのでめちゃくちゃ忙しい!月跨いだだけなのにこんなに変わるかってくらい忙しいです!

そんな忙しい毎日だったのですが、今日で地獄の9連勤が終わりましたー!

ヤッホー!

毎朝6時から仕事が始まり12時に一旦終わり、17時から再度働きはじめ23時に終わり、お風呂で汗を流して眠り、朝が来たらまた起きる。

こんな単調な毎日を繰り返してますからね。

きつかった…

お金になるから嬉しいという魔法の言葉で自分の感情をごまかしています。

中抜け休憩中もWEBライティングの方の副業に追われ、まだ追われてます。

あまりに追ってくるので、逃げてます。

そろそろ終わらせないとあとでめちゃくちゃ大変なことはわかっているんですが、一旦忘れたいと思います。

そんなわけで今開放感がすごい!

こんな日はビールがうまいぞー!

そんなわけで開放感に包まれていたのですが、どうやら彦根の方で鳥人間コンテストが行われているという情報をキャッチ!

せっかく滋賀にいるわけなので、鳥人間コンテストを見にいきました。

スポンサードリンク

鳥人間コンテストって何?

鳥人間コンテストとは、企業や学生たちが滑空するための小型飛行機を開発し、どこまで遠くへ飛ばせるかを競うという熱い戦い。

毎年テレビで中継されています。

テレビは見たことありませんでしたが、アニメの四畳半神話大系の鳥人間サークルの話で情報を仕入れていました。

そして今回、職場の同僚が行ってみるということだったんで付いて行っちゃいました。

会場は彦根。

なかなか人が集まってるし、いろんな企業がキャンペーンを実施しまくっています。

肝心のフライトは1回1回にとても時間がかかるので、2回だけ飛ぶところを見てから速攻コンビニに退避しました。

もちろんビールを買う目的もありますよ!暑いからビールが余計うまい。

ちなみにフライトの様子を伝えておくと、1回目の人たちはすごく遠くまで飛んで、2回目の人たちは湖へ直滑降で落ちて行きました。

多分2回のフライトで良いところと悪いところの両方を楽しめたので、すごく効率がよかったと思う。イベントに効率もクソもないんですがね。

鳥人間コンテストの様子

これが飛んでるシーン

鳥人間コンテストでチャレンジャーが飛んでいくシーン

そして、300メートルくらい飛んで、見事に水中に沈みゆく。

めっちゃ遠くまでいけるもんだな〜と思いながら写真を撮っていたのですが、見事にボートしか写ってない。なんの光景なのか全然わからないですね。笑

2回目のフライトはそのまま湖に落ちていったので写真を撮れませんでした。

司会席には東野幸治とかココリコ遠藤とか土屋太鳳とかがいたけど、近くで芸能人を見るとロボットを見てるような不思議な気持ちになりますよね。

初めて見たのに既視感がある不思議さと言いますか、なんなんでしょうねあの不思議な感覚は。

そんなわけで、近くでやっていたので鳥人間コンテストを見に行ったよという話でした。

感想としては、一台一台の飛ぶまでの間隔が長いのと、真夏だから暑すぎて、結構熱中症対策して行かないとしんどいイベントだな〜と思いました。

そして話は変わりますが、また明日東京に一時帰宅しまーす!

またダンスのイベントで踊るために帰るわけですが、前回帰ってから一回も踊ってないから体力とか不安です。

それではバイ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする