【お香レビュー】ワンランク上のチャンダンにふさわしい完成度|HEM EXTRA CHANDAN エクストラ・チャンダン

こんにちは。いっとくです!

僕は今、とてもたぎっています。

それはそれはもうすごいたぎりようで、何があったかというとこんなものを見つけてしまったのです。

HEM EXTRA CHANDANパッケージ
HEM EXTRA CHANDAN エクストラ・チャンダン

HEMのエクストラ・チャンダンです!!

HEMのプレシャス・チャンダンといえば、どんな雑貨屋さんに行っても猛プッシュされているかなり有名なお香で、何を隠そう私も熱烈なファンなのでありますが、なんとこちらはエクストラ!

英語の意味的にエクストラとプレシャスどっちが上かというのは議論の余地はありますが、値段的にも少しお高めに設定されていることからおそらく上位モデルでしょう…

ちなみにGoogle翻訳の結果がこちら

extra … 余分な

オイいい!プレシャスより下っぽくなってない!?

precious … 貴重な

…なってるね!

まぁでもコレはきっと隠語なだけで、エクストラプレシャスチャンダンってことなんだと思う。ロゴの下にプレミアムって書いてるし、スーパードライもエクストラコールドの方が冷たいし。

というか、初めて見たよコレ!

Amazonにも売っていないし、雑貨屋さんでも見たことがなかったので、1秒も迷わずの購入でした。

さて、どんな香りなんでしょうか…

ずっとワクワクでした。だってこのちょっとモダンなデザインになったパッケージ!アラビアンナイトみたいじゃない!?

…もはや尊い!

もうテンション上がりまくってるからもう一回貼ったる!

オラァ!

HEM EXTRA CHANDANパッケージ

ということで心を落ち着かせるためにも、着火して香りのレビューしていきましょう!

スポンサードリンク

芳醇な香りなのに、なんとまろやか、、、

まず袋から取り出した時点で感じます。

なんという華やかさ…!!

チャンダンは別名サンダルウッドとか白檀なんて呼ばれているわけで、木自体は結構おばあちゃん系の香りがするのですが、これは色々と通り越して華やかな香りがしますね。

袋から出しただけで、自分の半径50cmがチャンダン。

しかし、どこか懐かしいような気がするのはプレシャス・チャンダンの香りをしっかり踏襲しているからでしょう。

確実に同じ系統の香りなのですが、どこか上品な印象に仕上がっていますね〜

なんだろうね、香りが近いとかではないんだけど、水ばっかり飲んでたのに急に紅茶を飲んだ時に感じる「あ、紅茶ってすごいいい香りする〜」っていうあの感覚にのにすごく近い気がする。

ということで、火をつけてみます。

コーンタイプなので、モクモクと煙が登っていきます。

あ〜、、、これチャンダンだわー

火をつけると、よりチャンダンっぽさが顔を出します。

心なしかプレシャスチャンダンよりも刺激少なめというか、乾いたようなトゲトゲした部分が削ぎ落とされており、よりマイルドな香りになっています。

でも香りは濃厚なので、物足りなくならないという秀逸なバランス感。

消えたすぐに焚きたくなりますね〜

焚いちゃおうかな!?

でも毎日楽しみたいので我慢するとしますか…

個人的には夏が終わって涼しくなり始める時期くらいにぴったりなお香かな〜と思いました!

素晴らしかった。

これで流通量が多ければ文句ないんですが、見つけるのがかなり難しいので、チャンダン好きの方は見つけたらぜひ手に取ってみてください〜

ちなみにスティックタイプなら楽天に売ってたのでよろしければどうぞ!

実はスティックタイプも買ったのですが、コーンタイプが好きすぎてそっちから試してます。

スティックタイプも使ってから感想書いていく予定です!

プレシャス・チャンダンも気になるぜって方はそちらのレビューもどうぞ

こんにちは。いっとくです! 突然ですが、なんだかこう最近体の調子がよくないな〜と感じてたりしませんか? おやおや、どう...

以上、いっとくでした。良いお香ライフを!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする