ホテル生活からのプレハブ生活

私いっとくは9月からまた新天地にてリゾートバイトを開始しましたので謹んでご報告申し上げます。

というわけで僕は今山梨県にある山中湖付近の合宿所に来ています。

琵琶湖からの山中湖ということでなんだか湖好きみたいになってますけども、特に湖に愛着はありません。

これから湖好きになる可能性はあるかも。

そんなわけで4ヶ月間滋賀県のホテル生活を終えて、心機一転して標高1000mの地点にある合宿所でのプレハブ生活が始まりました!

なんという違い!

スポンサードリンク

ホテル生活とプレハブ生活はこれくらい違います

もう真逆です。

天と地。月とスッポン。きゃりーぱみゅぱみゅと和田アキ子。

まずは写真で比べてみましょう。

これがホテルの部屋からの眺め。

天気も抜群によく、6階なのでそこそこの眺め。

近くにコンビニやスーパーがあってとても便利でした。

そしてこちらが今の住まい。

どんよりした天気の中たたずむ1棟のプレハブ。

コンビニは近いけどそれ以外は何もない。

一見ホテル生活の方が抜群に優れているように見えますね。

しかし、個人的にはプレハブ生活の方が落ち着いてて気に入っています。

というのもホテルの部屋は長期間住むものじゃないんですよ。

なぜなら洗濯物が干せないから。

そりゃ洗濯物干すような造りにするわけないよね!

洗濯もいちいちコインランドリーで200円かかるという贅沢仕様だったので、制服はめちゃくちゃ着まわしてお香で匂いを誤魔化していました。

あとは部屋に戻るには7階とかまで登らないといけないし、キッチンもない。

そんなわけで部屋にお風呂とかは付いていないものの、ただ生活するだけなので洗濯も自由にできて外に堂々と干せるプレハブの方が落ち着くわけです。

ひとつどうしても許せないポイントは、プレハブ内に蚊がいすぎて起きたら顔とか足とかが7箇所くらい刺されていることです。

蚊には気の毒ですが早く寒くなって一網打尽にされてほしい。

とりあえず1ヶ月はこの山中湖で過ごすことになるので、次は山梨県の魅力を見つけて発信して行こうかなと思ってます。

アディオス!

そして発見した山梨県の魅力

〜2018年3月追記〜

随分と間が空いてしまいましたが、山中湖周辺の紹介記事をいくつか書いたので時間があればどうぞ。

山中湖1周プロジェクト

とりあえずチャリで山中湖を1周したときのこと。

山中湖で妥協して行ったそば屋がうますぎた

本当にうまい蕎麦屋さんでした。卓上のそば茶が香ばしい。

山梨といえばほうとうでしょ!ほうとう専門店「甲州ほうとう水神」に行ってきた

素朴な味わい。滋味に富んだお味です。

雨でもよかった!富士山が生んだ山梨の秘境忍野八海

なんで雨降っている中チャリで行ったのかいまだに謎ですが、すごくいいところ。

年中0℃の神秘!鳴沢氷穴でインディージョーンズ気分

探検気分を味わえるワクワクスポットです。

1ヶ月と短い間だったので、ちょっと不完全燃焼。

まだまだ行ってみたいところがたくさんあるので、また機会があれば。。。

〜おしまい〜

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする