コンビニで1万円札を崩したい時、何を買えば一番無駄がないのか議論

こんにちは、いっとくです!

最近日本ではキャッシュレス化を進めようとしてどんどん色んなサービスが出てますよね。

ていうか出過ぎ!モンスターハウス!

確かにキャッシュレスが進んで消費者間でもやりとりができるようになれば、お店の割り勘とかめっちゃ楽で良さそう。

それを利用した詐欺も増えそうだけど、今はそれはおいておきましょう…

ところで、友人と食事や飲み会に行ったりする時、手元に1万円札しかなくて困った…なんてことありませんか?

…え?あるんですか?

いいですね〜僕はお金なさすぎて数千円単位でしかお金降ろさないので、ほぼほぼありませんよ〜いいですね〜。

あ、すいませんトチ狂ってました。反省します。

こんな僕ですが、つい先日ちょうど財布に1万札しかなくて、この後の飲み会どうしよう、、、なんて贅沢な悩みを抱えていました。

両替をするとなると銀行やゲーセン行けば普通にできるけど、近くにないし、そもそも両替のためだけにそこまで行くのも気が重いんだよな〜。

なのでコンビニが一番良い。どこにでもあるし、気が軽い!働いている人には申し訳ないけど気が軽い。

というわけで僕の中での一番良い方法はコンビニで小さい買い物をすること。

でもさすがにうまい棒やチロルチョコ1個とかを1万円札で買うのも気がひけるよね〜。

法的には違反じゃないと思うんだけど、もしやるとしたら絶対店員さんに1万円札以外見えないように工夫しちゃうと思う。それくらい引け目を感じる。

つまり何が言いたいかっていうと、コンビニで万札を崩すための小さい買い物の僕の中での最低限度は100円だ…!

スポンサードリンク

100円を払って万札を崩すのであれば絶対に損したくないのだ…!

どうせ100円払うのであれば、絶対に今後役立つものを買いたい。

それが人間です。

100円くらいでちっちゃいやつだなと思うかもしれない。

でも100円払ってこの後確実に飲むであろうお茶を買うのと、このあと絶対に飲まないであろう飲むうんこを買うのだとどっちが良いかっていう話です。

もちろんこの世に「飲むうんこ」なんて商品はないし、今後出てくることはない。

でもそういうことです。お金を払うのであれば役に立つものを買ったほうが絶対に良い。

ってことで僕は僕に備わっている全ての脳細胞とシナプスをフル稼働させて考えてみた。

1万円札を崩すのに最適な買い物というのをね!!

そして、以下の内容は僕がその最適解を見つけるまでに繰り広げた思考実験である。ご覧あれ。

どうせ飲む!お茶

一つ目の選択肢はお茶!

これは買って損がないだろう。なぜならどうせ飲むからだ。

保存がきくから買ってすぐに飲まなくても良い。

喉が乾いたら飲めば良い。

マジで万能です。

もしお茶が好みでないなら、別に水でもコーヒーでもなんでもいいです。

とりあえず自分がよく飲む飲み物を買えば良いわけです。

ちなみに僕のオススメは爽健美茶!

麦茶くらい飲みやすいし香ばしいし、何よりカフェイン入ってないから、その辺気にする人でも時間帯に関係なく飲めます。ボタニカルな恵みが最高です。

完全にただの好み!ドーナツ(オールドファッション)

コンビニコーヒーが5年前くらいから急に流行り出したと思うんだけど、各コンビニが次にヒットさせようとしたのがこのドーナツでした。

理由はコーヒーに合うからとかそんな感じだった気がするけど、結局鳴かず飛ばずのまま、レジ横のホットメニューから姿を消した悲しい存在。

そんなドーナツですが、実は次なるヒット商品として仕立てようとした一連の流れの中での企業努力によって、めちゃくちゃ味がレベルアップしていることに気づきましたでしょうか?

いや、正直元の味を覚えているかと言われたらよくわからないんですがね。

ただ以前の味と比較することは無意味!今がウマければそれで良い!

つまり何が言いたいかというとコンビニのパンコーナーにおいてあるドーナツがうまいということ!

個人的にはセブンとファミマのオールドファッションがマジでうまい。

他のコンビニでは試していない。

とりあえずミスドくらい美味しいと思ってるので、ドーナツ好きは買ってみても損しないと思う。

冬ならこれもあり…なのか!?リップクリーム

冬といえば乾燥しますよね。

空気が乾燥すると静電気がイヤホンを伝って耳の中を爆撃したり、さかむけが重症化したり、唇がガサガサになって最終的には血が出たりと何かと悪いことが続きます。社会的に見たら火事も増えます。

その割に寒いから洗濯物全然乾かないし、一体なんなんだ!と言いたくなる季節です。

しかし唇の乾燥に関しては画期的な発明によって解消することができるようになりましたね。そうです。リップクリームです!

このラードを固めたような固形油を唇に塗り重ねるだけで、ある程度唇のガサガサを解消することができます。すごい発明品だ。

そんな便利で冬に大活躍するリップクリームですが、よく無くしません!?

無くしたと思って新しいの買ったら、前使ってたやつが見つかって、どんどん増えていきます。

でも結局使うので、そういえばリップクリーム持ってないな〜って時にはこれも良い選択肢だと思います!

家にどれくらい予備があるかにもよるけどね!僕は5本くらいあります。

最強の汎用性!ポケットティッシュ

ポケットティッシュはマジで最強。

年中使える。

別に鼻かむ時に限らず、なんかこぼしたから拭きたいとかそんな理由で使えるもん。

人によってはすでに持ち歩いているかもしれないけど、僕は全く持ち歩く習慣がありません。

しかし、たまにカバンに入っていて大活躍することがあります。

見た目がデカイからちょっと高そうな気持ちがしてしまうんですが、100円くらいで買えるというリーズナブルさも魅力の一つ。

ポケットティッシュ最強。

こうやってブログを書いている間にこぼしたコーヒーも拭けちゃいます。便利でしょ!?

高いしすぐ使わないけどいつか役立つ!文房具シリーズ

全然100円じゃ収まらないんですが、文房具も個人的にはありかなと。

確かにすぐは使わないけど、とりあえず買ってカバンに突っ込んでおけばいつか役に立つ時がきます。

例えば修正テープ

絶対にすぐには使わないですよね。

ただ、忘れた頃に必要になるタイミングがきます。そしてカバンに入っているのを見つけるとテンション上がります。

もしくは朱肉

ハンコはみなさん持ってると思うんですが、朱肉持ってる人って少なくない?

家にはあるけど、持ち歩くひとは少ないはず。

でもこれがあると精神的に楽な時があります。

ハンコを押す必要がある時って大体お店側で朱肉を用意していると思うんですが、ごく稀に声をかけないと持ってきてくれない時があります。

そんな時に朱肉を持っていると、無言のまま作業を続けられるので精神的に楽。なんか楽。コミュ障なのかな?

とりあえず朱肉をもっておけば精神的に楽になるケースが増えます。

結論!最強の選択肢はSuicaとか交通系のICカードにチャージすること

はい。こんな長々と万札を崩す方法について案を出しまくってきたわけですが、結論を言うとSuicaとかPasmoみたいな交通系のICカードに1000円チャージするのが一番無駄がない方法だと思ってます!

友達に話すとたまに知らない人もいるので言っておくと、コンビニのレジでも交通系の電子マネーはチャージできます。

なので、1万円札とSuicaを出して、「1000円チャージィィィ!GO!!」と店員さんに伝えることで、1万円札は1樋口一葉と4野口英世、もしくは9野口英世に分解されます。

しかも1円も使ってない。1万円札の中の1000円だけを電子マネーに変換しただけですから。

1000円分のチャージなんて交通費やら買い物やらで1週間以内に使うことも珍しくないでしょう。

つまりエコ!しかも1万円札で100円程度の商品を買うよりも、目的がありそうな感じをナチュラルに醸し出せるので、謎の罪悪感も全く感じずに済みます!

精神的にも経済的にもかなりエコ!

ただし、この方法には1つだけ弱点がある。

それは、小銭が全く生まれないことだ。

これを回避する方法は一つ。

チャージによって手に入れた、1000円札を使ってコーヒーでも買おう。笑

1000円札ならもう罪悪感なんて感じないはずだから!

以上、僕が見出した最強の1万円札の崩し方(コンビニ編)でした。

これがマジで画期的だと思ったので、Googleで「1万円札 崩し方」で調べたらみんな思いついてて衝撃を受けました。

ただ、コンビニでできるってことを知らない人もいると思うので、ぜひ万札を崩したい時に悩んだらこの記事のことを思い出して欲しい!

いっとくでした!さよなら!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする