怒らない、焦らない、受け入れる。禅の思想はマジでサラリーマンにオススメ

こんにちは、いっとくです。

突然ですが、心穏やかでありたいですね〜。

やっぱり心穏やかであることって、それだけで大人でかっこいいな〜って思うんです。

さらに、僕は今後心穏やかであることがステータスになってくるんじゃないかなと思ったりもしています。

その原因はSNS!!

SNSとかを見ていると、良い内容であれ悪い内容であれ、有名な人が投稿したりバズった投稿には、いろんな人のコメントが集まっています。

そしてまだ心が発達しきっていない僕は、そのコメントの質の低さや民度の低さを目の当たりにして、悶々としてしまうのです…

きっと自分のように悶々としつつも、なんか心に引っかかってしまうって人がいると思うんですよね。で、我慢できなくった人が書き込みをしていると。

そんな状況だからこそ、どんな感情を向けられても我関せずの気持ちで自分のやるべきことを淡々と積み重ねられることが価値だと思うのです。

そして、僕はそれができる人に憧れている、、、!

ということで、僕の中で心を鍛える一番の方法は禅の考えを摂取することだと思っているので、定期的に読んでいるわけです。

心配事の9割は起こらない 表紙
心配事の9割は起こらない
著:枡野 俊明 出版:三笠書房

ご存知めちゃくちゃ出版している住職の枡野さんの本です。

僕は本を買うときに、割と作者で決めることがあります。例えば橘玲さんとか大前研一さんの本だとそれだけで買っちゃいます。

実は枡野さんの本はこれで3冊目なのですが、全部たまたま手にとった本が後々見たら枡野さんの本でしたといいう感じで、猛烈に吸引力が強いんですよね。

ここまで引き寄せられるのなら、もういっそのこと枡野さんの本も著者買いして良いかもしれないと思い始めてきた今日このごろ。

読んでみてやっぱり禅の教えは穏やかで大人でかっこいいな〜と思いました。

そんなわけで今回読んでみてビビッとしびれたやつだけをピックアップして紹介していこうと思います!

スポンサードリンク

色眼鏡を外すだけで人間関係の悩みはほとんどなくなる

生きていれば人間関係の悩みというのは尽きることがありません。

仕事、家族、プライベート等どんなシーンであれ一人で過ごし続けていますなんて人はほとんどいないと思うので、それが問題になるのは当たり前といえば当たり前のことなのでしょう。

どこで見聞きしたのか忘れましたが、人間の悩みのほとんどは人間関係から来ているっていう話もあります。

確かに、見た目のコンプレックスとか環境への不満とかストレスとかって、他の人がいて相対的に比較することができてしまうことで生まれる悩みなのかもしれない。

そんな複雑な人間関係を生きるための禅の知恵があります。

それが「一切衆生悉有仏性(いっさいしゅじょう、ことごとくぶっしょうあり)」という禅語。

これは、あらゆるものには、仏性という美しい心が備わっているという意味です。

身の回りを見渡してみると、必ずなんか反りが合わないんだよな〜って人や、嫌いじゃないけど苦手だわーって人がいると思います。

そんな時はぜひ、この禅語を思い出しましょう。

どんな人でも仏性を持っているのですが、自分が持っている先入観が邪魔をして、見誤ることがあるのです。

特に苦手な人っていうのは、恐らく何かしら嫌だな〜って思うきっかけがあったり、人づてにあの人は厄介だよ〜見たいな情報が入ってきた結果苦手だと思っているということがあると思うのです。

しかし、実際はそんな色眼鏡を取ってしまえば、苦手でも厄介でもなんでもない人物だったりします。

ぜひとも先入観を捨てて良い側面を見つけるようにしましょうということですね。

それでネガティブな感情が減れば、人生の幸福度は確実に上がっていくと思います。

ちなみにこの色眼鏡はSNSでの質の低いリプライにも応用ができると思います。

例えばクソリプというものを見つけて、心がモヤモヤしたとします。

ただ、このモヤモヤも色眼鏡によって増幅されていると思うんです。

例えば、そのクソリプを見たときに無意識のうちに相手の人物像をイメージしていると思うんです。

で、そのイメージって割と自分と似たようなステージの人間だと思ってしまいません?

大体同じくらいの年齢で、、、とかとか。

でも実際にネットの向こう側にいる人間は、まだまだ精神的に未完成な子供かもしれないし、一定の比率でいる頭おかしいやつの可能性もあります。

そう考えると、なんかモヤモヤするのもバカらしくなります。

まぁこれも色眼鏡なのかもしれませんが、相手がどんなやつかわからなくていろんな可能性があるという考えでいると、かなり心穏やかなSNSライフを過ごすことができます。

ちょっと、一切衆生悉有仏性とはずれたかもしれませんが、これも穏やかに過ごすための知恵としてはありなんじゃないかと思います。

こんな感じで今回はこの著書のほんの一部だけピックアップしましたが、こんな悩みやモヤモヤを解決するための禅の心意気が詰め込まれた一冊でした。

ちょっとタイトルの「心配事の9割は起こらない」というよりは、今起きている問題や悩みに対して、心穏やかでいるためのアドバイスのような印象でしたが、いい本であることは間違いなかったですね〜。

そんなわけで、悩み多き人はぜひこの本に限らず禅に関する本とか読んでみると幸せになれる気がしてます。

枡野さんの他の著書とかも結構面白いので興味ある方はどうぞー

こんにちは。いっとくです! 生産性を高めることこそ至高!仕事で結果を出してなんぼ!若い時の苦労は買ってでもしろ! 世間では...
こんにちは。いっとくです! なんの番組かも忘れたし内容も覚えていないけども、最近ポッドキャストのラジオ番組で禅と経営についての番組を聞...

以上、いっとくでした!

さいなら!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする