ブックスタンドを買ったのだが、勉強が捗りすぎる|Readaeerブックスタンドで技術書開き放題

ブックスタンド オススメ情報

こんにちは、いっとくです。

新型コロナのパンデミックで引きこもりがちになってからAmazonでの衝動買いがすごく増えたのですが、今回買ったブックスタンドがあまりに良すぎたので紹介したいと思います!

特に技術書を見ながらPCに入力したいけど、本を押さえながらキーボード触れないよ!!っていうストレスを抱えている人には神の恵みとなりうるでしょう!

スポンサーリンク

Readaeerのブックスタンドがコスパ抜群!

ブックスタンドは手で抑えなくても本を開きっぱなしにするという地味便利アイテムです。

あまりにも地味すぎて、そもそもそんなものが世の中にあると考えたことがなかったのですが、ある日ダイソーでレジ待ちしていたところ、ブックスタンドなるものがたまたま並び列の近くに陳列されていたので買ってみました。

しかし、ダイソーのやつはちょっと質が低すぎてあんまり良い満足度ではありませんでした。

何がダメだったかというと、まず本を押さえるアーム的な部分に滑り止めがなく、閉じる力が強めの本を開きっぱなしにすることが出来なかったのです。どうにかして使いたかったので、アームのところにボールペンのグリップを装着してなんとか使っていました。

さらに机に接している面に滑り止めがついていないので、ページをめくった時にかかるエネルギーで後ろに滑っていくんですね。これもなんとかして下に両面テープを貼って固定していました。

しかも分厚い本を置いた時にその奥行に対応できず、アームが機能しなくなっていました。これはどうしようもありませんでした。

そんな感じでとにかく工夫しないと使用に耐えないくらいの使い心地だったのです。

ぶっちゃけそれに慣れたのでそのままでも良かったのですが、ついつい買ってしまいました。これ。

ブックスタンド
Readaeer ブックスタンド 黒

カッケェェ…!百均とは比べ物にならない完成度をしています。

見てくださいこのアーム。

ブックスタンド詳細

ページがピタァっと抑えられています。適度なグリップ力があり、勝手にページが変わってしまう不安感は全くないけど、めくる際に引っかかりすぎることもない

…絶妙です!

10ポインツ!

そしてこの底面の滑り止め。

ブックスタンド滑り止め

ページをめくる力で後ろに滑っていくこともないし、両面テープじゃないので机に張り付くこともありません。

…これも絶妙!

20ポインツ!

ブックスタンド使用感

バサッと開いたまましっかりキープしてくれています。

読む時にアームが邪魔ということもありません(百均のは邪魔だった)

10ポインツ!

ブックスタンド厚い本

分厚い本でもしっかり開いてキープ!

ちなみに今置いている本はページ数500ページ強のストロングブックです。これより分厚いやつとなると、オライリーの詳解リナックスカーネルとかハイパフォーマンスSQLみたいな変態本に限られるので気にする心配はほぼないでしょう。

10ポインツ!

ブックスタンド最初の方のページも開ける

また、特にページが開けなくて困るのはこういう分厚い本の序盤とか終盤の右と左に厚みの差が出ているときです。

しかし、この分厚い本のイントロダクションの部分ですらバシッと抑えています!これなら最初から最後まで安定してページをキープできることでしょう!

30ポーーインツ!!

ボディの素材はプラスチックで出来ており、チープな感じは出ていますが、無駄にリッチな素材で重いよりも、これくらい軽いほうが使いやすいかなと思います!

10ポインツ!

若干角度を変えるための部分が固すぎて、角度変えるだけでへし折れるんじゃないかという不安に襲われましたが、しっかりしているゆえに本の重さに負けて角度が変わっちゃうということもなさそうです。

10ポインツ!

ということで、合計100ポインツの非常に満足度が高い商品でしたぁ!

一体何のポイント何でしょうかね!?知っている人がいましたらメールお待ちしてます。

とにかくこのブックスタンドがあると、技術書を開きっぱなしにして、ストレスフリーでサンプルコードの入力とかが出来るのでめちゃくちゃ勉強が捗ります。

あるのとないのでは、人生における本の開きやすさが圧倒的に変わります。

Let’s keep book open in your life (?)

紙の技術書で勉強する系のエンジニアにとっては非常にいい買い物になると思います!

Amazonに「とにかくバシッと決まる」というレビューがあったのですが、まさにその通りでほとんどの本がバシッとそこにハマるような感覚がぴったり来るブックスタンドでした!コスパ良い!

以上、いっとくでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました