カレーは好きだけどカレー味はそうでもない説

カレー

こんにちは。いっとくです!

夏ですね〜。完全に夏です。

夏といえば海!かき氷!夏野菜!

そして、カレーですね。

ラーメンが冬だとしたらカレーは夏だし、肉じゃがは秋だしほうれん草のおひたしは春ですよね!

青空が照りつけるお昼時、クーラーの効いたお店で汗をかきながら食べるカレーは格別です。

でも僕はこれだけは言いたい…

カレーはうまいけどカレー味は全然うまくない!

スポンサードリンク

どうして僕はカレー味を許せないのか?

カレーは美味しいけど僕はどうしてもカレー味のカレーじゃない食べ物の良さが全然わからないのです。

カレー味のラーメン、カレー味のせんべい、カレーコロッケ、カレー味のスープ(スープカレーは好き)…

あげれば霧はありませんが全部ダメなんです…!

なぜなのでしょうか…

こんな自問自答を繰り返していますが、理由ははっきりしています。

カレー味の食べ物はどれも本家のカレーを全く超えていないんです!

カレーどころか、本家の料理も超えていないと思う。

カレーラーメンより醤油ラーメンの方が美味しいし、カレーせんべいより塩のせんべいの方が美味しいし、カレーのコロッケよりコロッケの方が美味しいし、カレー味のスープよりコンソメスープの方が美味しい。

なのに今日も世界のどこかで誰かカレー味を作り出してしまう。

レギュラーメニューもカレーも超えることのないカレー味を作り出してしまう。

学生時代にお世話になった店長とカレー味

僕はアラサーになった今でもお金がなさすぎて大変参っていますが、学生時代はもっと参っていました。

大学進学をきっかけに、ありったけの夢と明るい未来に期待を抱きながら北海道から埼玉に上京ならぬ上玉したわけですが、絵に書いたような貧乏学生。

奨学金を借りても、あまりに高い関東での一人暮らしを乗り切ることはできないのでもちろんバイトに明け暮れていました。

ダンスの次に明け暮れていました。

それでも生活費はギリギリなので、本当に金欠の時は、ポンタカードのポイントを使ってローソンの無料引換券を発行するという錬金術を使用し、飢えをしのいでいたくらいです。

そんな僕は今でも熱心なポンタカード信者

しかし、そんな苦しい生活を一番救ってくれたのが、バイト先のラーメン屋の店長でした。

オラオラ系に憧れたまま大人になってしまったような人なので、性格はかなりの曲者だったのですが、学生にたくさん飯を食わせることに喜びを感じているような人でした。

飲食店だと、まかないつきのバイト先って結構あると思うのですが、だいたいそれは働いた日に限るという制約がついています。

しかしこのラーメン屋は働いていない日でもまずしい僕にご飯を食べさせてくれました。それも大量に。

さらに驚くべきことにこのお店でのまかないはお店のラーメンとかチャーハンとか唐揚げとか、お店のメニューは何でも食べていいのですが、いっつも店長が手料理を作ってくれるのです。

しかも店長のポケットマネーでスーパーで食材を買って調理してくれるという奇跡

とてもありがたいことでした。

店長の性格がちょっとあれだったのでアルバイト仲間の間では文句ばかり言っていましたが、僕が大学時代に飢え死にすることなく生活できたのは店長のおかげだと言っても過言ではありません。

とても感謝しています。

とても、感謝していますが、、、、

まかないだいたいカレー味!!

作る料理だいたいカレー味!

カレー!カレーさえなければすごくいいのだがカレー味!

その仕上げのカレーパウダー的なやつ入れるのやめてくれ!

いっそのことラーメン食わせてくれー!

それくらい僕はカレー味が許せない!

許せないカレー味の食品あれこれ

まずはカレーせん。

カレー味のせんべい。

絶対塩の方が美味しい。

手塩屋の塩味とか最高に美味しい。

次にカレーで味付けしたコンソメスープ。

浮いてる油が黄色くなっているアレ。

絶対普通のコンソメスープの方がうまいし、だいたいそういうスープにはコーンが入っている。

そして、カレーラーメン。

カレーもうまいし、ラーメンもうまいのに、両方揃った瞬間パッとしなくなる代表格。

なんか絶妙にマッチしてない。

タピオカミルクティーもタピオカとミルクティーがそれぞれ全くマッチすることなく美味しいと思うんですけど、カレーラーメンに関してはなんかお互いの足を引っ張りあっている印象すら感じるほど。

そして、、、カレーうどん。

…これはうまいよね。

カレーうどんはすんごくうまいんだわ〜

気分次第ではうどんとかカレーを優に超えて美味しいもんね。

ということで最後にめちゃくちゃ美味しいカレーうどんだけ紹介。

巣鴨にあるカレーうどんの名店「古奈屋」のカレーうどん!

スーパーで見つけて買って食べた時は衝撃を受けました。

うどんにカレーを入れたカレーうどんではなく、カレーうどんのために作り込まれたクリーミーなカレースープ!

皿まで舐めたくなるほどうまい。

食べ終わった後、気づけば皿をぺろぺろして箸をレロレロしちゃうと思います。

このインスタント食品の方で初めて古奈屋のカレーうどんを食べましたが、あまりのうまさに巣鴨のお店にも足を運んだほどです。

ということで、気軽に巣鴨に行ける人は並ぶの覚悟で本店に行き、そうでない人はインスタント麺で食べることによって、世界が少し平和になると思います。

以上、カレー味は許せないけど、カレーうどんは美味しいよねっていう話でした!

さよなら!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする