【お香レビュー】ジンジャーだけどジンジャーじゃない!?|HEM GINGER LILY ジンジャーリリー

こんにちは。いっとくです!

突然ですが、僕、、、生姜がすごい好きなんです。

こうしてブログを書いている時も両手にはキーボード、両足には生姜!という感じでかなりの生姜ラバーでしょ??

足に生姜は普通に嘘なのですが、何かと料理には生姜とかニンニクとか薬味系をガッツリ入れるタイプです。中でも家系ラーメンに入れる調味料といえば一般的にはニンニクが不動の1位だと思うんですけど、そこであえて生姜のみを入れるのが「いっとく流」の家系ラーメン攻略法なのです。

それくらい生姜が好き。

というか薬味で1番好き!2位はミョウガ。

そんな生粋のショウガ二ストとして放っておけないのがこちらのお香です!

HEM GINGER LILY ジンジャーリリー

正直言うと「ジンジャーリリー」とは一体何なのか、調べるまで全然わかっておらず、生姜の普段食べてる部分が根で、その花の部分かと思っていたのですがどうやら違うみたい。

ジンジャーリリーという種類の観賞用の花です!

普段食している生姜とは別物です!

チェリーとチェリーブロッサムくらい違います!カニとカニカマ程は離れていません。

カニカマといえば筋肉にすごい良いという話なので、最近僕の中で密かにカニカマブームが訪れようとしているのですが、今は全然関係ないので早速ですがジンジャーリリーの使用感について書き綴っていこうと思います!

スポンサードリンク

HEM GINGER LILY ジンジャーリリーの香りの特徴について

まずは袋から出したらやることは一つ。

火をつける前の香りチェック!!

くんかくんか、、、

…ジンジャー!!

生姜とは別種の植物とはいえ、全くの別物というわけではなくある程度同じゾーンに分類されているので、しっかりとジンジャーの香りがしますね!

個人的には火をつける前の香りはかなりドンピシャ。

夏につけたくなるような爽やかな香水の香りがします!

これは期待が高まるぞーってことで着火!

火をつけると煙が立ち上って来るので香りを嗅いでみると…

あれ、、、?

さっきまでここにいたジンジャーはどこに、、、?

火をつけた瞬間、ジンジャー香が一気に消滅しました。

代わりに残っていたのは、少しもったりとしたフローラル系の香り。

フローラルといっても、パァーっと明るくて華やかな感じの香りではなく、少しおとなしげな印象。

花の名前がついたお香を買うと結構この系統の香りに落ち着きがちな印象ですね〜、火をつける前までの個性は一体どこへ…

少しイメージと違ったなぁと思っていると、中盤から急にユリの香りが、、、

あっ、リリー…!

ちょっと繊細な香りなのに、スティックタイプになっちゃってるもんだから、木の芯が燃える香りが結構邪魔してきてるんじゃないかなぁという気がします。

きっとこういう香りが好きな方もいるのでしょうが、僕はもうちょっとわかりやすい方が好みだったかなぁ。

GINGER LILIY ジンジャーリリーを買うならAmazonはやめた方がいい

見出しの通りなんですが、Amazonだと何故かめちゃくちゃ高いです。

なぜか1箱3000円なうえに6箱セットしかないから、普通に20000円弱します。

これに2万円払うなら良いイヤフォン買った方が絶対いいから!

まぁ今回は絶賛しているわけでもなかったのでわざわざ2万円のやつを買おうとする人はいないし、仮に絶賛していても買わないと思うけど、普通1箱100円くらいで買えますから!

とはいえジンジャーリリーはあんまり流通量の多い商品でもないので、お香が充実している雑貨屋さんに行くか、ネットで買うなら楽天がオススメです。楽天は良心的価格!

以上、生姜でリリーなジンジャーリリーでした!

それではみなさん良いお香ライフを!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする