キャッシュレス中心の生活始めました。

こんにちは。いっとくです!

25歳を超えたあたりから少しの不調でも重い病気なんじゃないかという不安を覚えるようになりました!

基本的には気のせいだと思うけど、かつて内臓関係で2回の入院歴があるので早めに病院行きたい!でもお金がなさすぎて行けない!そんな夏。

ということで現在、僕はこれほどまでにキャッシュをロスしている生活をしているのですが、それと同時にキャッシュレス決済のアプリも使いまくっています

数ヶ月ほど前のことなんですが、「その人の将来性を見極めるにはどうしたらいいか?」という話の中で「キャッシュレス決済を使っているかどうかで判断しましょう」的な回答があったと言う噂を聞きました。

又聞きな上にぼんやりとしか内容を覚えていないので、ざっくりした表現になってるのはご勘弁!

その理由として、今はキャッシュレス決済の覇権争いのために各社信じられないくらいお得なキャンペーンをバンバン打ち出しています。

それに気づかず、もしくはなんとなく知っているけど、新しいものを始めるのが面倒臭いとかの理由から、現金での支払いを続けている人間の将来性はどう考えてもないだろうと言う感じの話でした。

キャッシュレスの波に乗っているかどうかだけでそこまで決めるのは極端だとは思います。しかし、その言葉は僕にとってかなりのパワーワードであり、なんとなく存在は知っていたけど本格的にキャッシュレスの生活を始めていなかった僕を動かすには十分すぎる力を秘めていました。

そして僕はその話を聞いた瞬間にLINE PayとPayPayとOrigamiPayを一気に始めたのでした。

ちなみにもともと楽天カードユーザーなので、スマホで払えてよりポイントもたまるなら得しかしないってことで楽天Payだけはもともとやっていました。

ってことで現在4つ使っていますね。

そして、数ヶ月使ってみた結論ですが、キャッシュレス決済はめっちゃいいです!

便利さもお得さも素晴らしいし、何よりも将来性あると思われちゃうことがすごくいいですね!

ってことで、キャッシュレス決済を使って僕の生活がどう変わっていったかを書き出していこうと思います!

具体的なメリットとかデメリットが知りたいって人は、ちゃんとまとまっているサイトがたくさんあるのでそちらをご覧くださいまし、、、これは完全に僕個人がどう変わったかベースでまとめていきます。

スポンサードリンク

キャッシュレスで生活は激変する、、、わけではない

キャッシュレス決済は急速に普及し始めている影響か、キャッシュレスを積極的に使うようになれば超絶便利で生活がガラッと変わる!と思っていました。

でも実際キャッシュレス決済を使うようになったからといって、スマホが世の中に影響を与えたみたいな大革命は起きません。

物々交換の時代に貨幣が発明された時がスマホ登場くらいの革命で、キャッシュレス化っていうのは、iPhone5からiPhone8に変えたくらいの変化が訪れます。

ちょっと機能も増えたし画面も大きくて見やすいし、サクサク動いてすごく使いやすいんですけど〜!くらいの感じ。

まぁ、、、便利です。

これからiPhone11出るってのに今更iPhone5を買う人いないですよね?

そういうことです。

キャッシュレス決済の便利さは現金払いの延長線上にあるけど、確実に便利でお得なことには間違いないので是非とも普及してほしい!そして現金払いしかできないお店がどんどん減ってほしいとすら思ってます!

なんとなく面倒臭そうに思えていたキャッシュレス決済系のサービスですけど、使えるようになるまでの手間が素晴らしく少ないのもポイントですね!

ということでキャッシュレス化した僕に訪れた生活の変化を羅列していこうと思います!

1. 財布を出さなくなった

最近気付いたのですが、キャッシュレスの最大のメリットがここだと思っています。

僕らにとってもっとも有益なことはキャッシュをレスにすることじゃなくて、財布をレスにすることだと思うんですよ!

ちょっとコンビニに行くって時に、今までであれば携帯と財布を持つことによってポケットがやたらと重くなったりして歩きづらかったりなんてことがあったんですけど、スマホひとつあれば決済できちゃうという便利さね。

最寄りのコンビニ行くまでに電池切れたり電波を見失うことなんてまずないので、安心してキャッシュレス!財布レス!

カバンによってはどこに財布を入れようか悩ましい時とかも、もうどこに入れてもいいからね。だって財布なくても支払いできてしまうんですもの。

…iPhoneならね(※androidでもできます)

2. 銀行口座からお金を引き出さなくなった

もし、ちょくちょくコンビニでお金を下ろしていたせいで手数料を結構払っているって人は間違いなくキャッシュレスの波に乗った方がいいと思う。

キャッシュレス系の決済アプリは、クレジットカードを登録してクレジットカードのように使えるものと、口座から入金してプリペイド式で使えるタイプのものがあります。

クレジットカードタイプはもちろんクレジットカードのごとく使えるし、プリペイドタイプもアプリの中でボタンポチポチするだけでチャージできるのでわざわざATM探さなくて済みます。

結果として、1ヶ月の間でATMでお金を下ろす回数は1、2回くらいになり、現金もほとんど持ち歩かなくなりました。

これが結構便利だし、手数料とかもかからなくなるので経済的にも優しいんです!

3. コンビニでもお得に買い物ができるようになった

コンビニって高いじゃないですか。

特に最近は、まいばすけっとみたいな小型で営業時間の長いスーパーが増えているから余計に高く感じるようになりました。

でも、キャッシュレス系のアプリって平気で20%引きのキャンペーンやってたり、クーポンが配信されたります。20%キャッシュバックって相当じゃない!?

最近だとLINE Payで毎週セブンイレブンで使える100円のクーポンが配られていましたが、それを使うと50円くらいでペットボトル飲料買えますからね。

そんなわけでキャッシュレスのアプリを使うようになって、コンビニでもお得に買い物ができるようになりました。

4. 現金でしか支払えないお店は選択肢からなくなった

メリットというかキャッシュレスのアプリに慣れすぎて、キャッシュレス決済できるかどうかでお店を選ぶことが圧倒的に増えました。

その結果、キャッシュレス決済に対応していないというだけで使わなくなったお店とかもあります。

もし自分がお店の経営者なら無視できないレベルで普及し始めているな〜という実感。

逆にキャッシュレス決済に対応していない店を使わなくなること自体が不便じゃない?って思うかもしれませんが、対応している店舗は結構多いのでそれで困るということもありません。

5. 最初は恥ずかしい

これは生活が変わったというよりはただの感想なのですが、最初は使うのがちょっと恥ずかしいという感覚がありましたね。

なんというか「ペイペイで」って言う単語がなんかこう、、、ね?

「クレジットで」っていうのは大丈夫なんですけど、「ペイペイって(笑)」みたいな感じです。で、使ったらレジから「ペイペイ!」って音出ますから。あの音はいらんでしょ。笑

で、使ったらレジから「ペイペイ!」って音出ますから。あの音はいらんでしょ。笑

あと、もし店員さんが使い方わからなかったらどうしようみたいな謎のドキドキ感もありましたね。

でも慣れれば抵抗はなくなるし、逆に快感になってきます。

とりあえずキャッシュレス決済アプリはこれだけで大丈夫!

そんな感じで最近はキャッシュレス決済のアプリを使いまくっているわけですが、個人的なオススメは以下の通りです!

  • LINE Pay
  • PayPay
  • 楽天Pay

理由としてはLINE PayとPayPayはもっとも勢いのあるサービスで、使える店舗数が多く、お得なキャンペーンをやっていることが多いです。かなりお得に生活できるようになります。

そして楽天 Payですが、こちらは楽天カードを使っているのであれば必須で使った方がいいです使い勝手はカードと変わらないのに、追加でポイントがもらえるようになるので得しかしません。

逆に楽天カードユーザーじゃないのであれば独自のキャンペーンをやっているのも見たことないので、使う必要は全くないんじゃないかと思います。

選ぶ基準として、それぞれ相性のいいクレジットカードとかもあるので、自分がすでに使っているクレジットカードで選んでもいいかもしれません。

というわけで将来性があると思われるためにもキャッシュレス生活始めてみませんか!?

実際ノーリスクでお得なサービスを受けまくることができるので、こういう話に乗っておくのはかなり賢い選択だと思います。

ちょっとキャッシュレスとは違う話ですが、今流行りのウーバーイーツとかも定期的にクーポンが配られるので、かなり安い値段で料理を注文できたりします。

しかし、こういった新しいサービスって使い始めるまでに面倒臭くなることが多いと思うんですが、やってみると簡単に始めれて、しかもお得なことが多いのでお得に生活するためには必須のチャレンジだと思うんですよ。

ガラケーで十分だからといってずっとガラケーを使うと言っていた人たちがいつのまにかいなくなっていたように、きっとキャッシュレスにもリプレイスの波がくると思うので、恩恵を享受できる今始めてみるといい景色が見えたりするもんです。

以上、キャッシュレス使い始めたら結構生活変わったよ!という話でした。

おしまい!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする