書評

教養

切なくなるほど過酷な生き物たちの一生に思いを馳せる|生き物の死にざま

夏も終わりが近づくと、セミの亡骸が街中に転がっていますよね。 あれは自然界が生み出したドッキリ企画ですね。近づいたらいかにもヤバそうな音を立てながら暴れ回るんですから。住んでいるアパートの階段の真ん中に転がっていて立ち往生したことが...
教養

結論:うまい話はないからインデックスファンドを買え|臆病者のための株入門

オーディブルでは月に1冊、ボーナスタイトルで本がもらえます。 好きな本は選べないとはいえ、そのおかげで自分の感性から外れたところにある本を手にすることができるし、オーディブル1冊がだいたい2000円から3000円くらいすることを考え...
ビジネス書

睡眠の質を上げて生産性をバク上げせよ|成功する人ほどよく寝ている

寝ても寝てもスッキリしない…。僕です。 子供の時からとにかく朝が弱いんですよね。小学生の時は「寝坊が犯罪ならお前は常習犯だ」と野球チームの監督に言われ、新卒で入社した会社ではいきなり寝坊し、その後も定期的に寝坊してました。もちろん鬼...
ビジネス書

僕たちは自分のバグに気づかず生きている|予想どおりに不合理

人間の行動って面白いですね。 常に合理的でありたいと思っているのにも関わらず、知らぬ間に不合理な行動をとってしまう生き物なのです。 思うにこれはバグだと思う。 そんなバグを行動経済学というジャンルの様々な実験から知ること...
ビジネス書

とにかくデータを元に仕組みを改善するグーグルの組織づくりがわかる本|ワーク・ルールズ!

いやー、大ボリュームでした。 何がって、この本が。 ワーク・ルールズ著:ラズロ・ボック 訳:鬼澤 忍/矢羽野 薫出版:東洋経済新報社 今年に入ってから会社の採用面接に携わるようになったのですが、その時のオリエンテーション...
小説

【書評】わたしは灰猫

どうも、いっとくです。 Amazonの電子書籍の日替わりセールをチェックするようになってから積ん読が爆増しました。 というわけで今回も積んでいた1冊からこちらを読了。 わたしは灰猫著:青山 繁晴 出版:扶桑社 普段...
教養

人類史を紐解くロマン|サピエンス全史 上【書評】

こんにちは、いっとくです! 高校の時の得意教科は日本史、苦手教科は世界史でした。カタカナが覚えられないんですよね。特に何とかストゥストゥスみたいな名前が。 ということで今回はあまり手に取らない歴史、というか人類史の本です。 ...
ビジネス書

【書評】資本家マインドセット

こんにちは、いっとくです! 読みっぱなしの本が増えてきたので絶賛アウトプット祭り中です。 今回読んだ本はコチラ。 資本家マインドセット著:三戸 政和 出版:幻冬舎 ちょっと前に話題になっていた「サラリーマンは300...
ビジネス書

マインドフルネスを日常に取り入れる教科書|頭を「からっぽ」にするレッスン【書評】

…いっとくです。今、瞑想してます。 たまに禅の本を読んだりする程度には瞑想やマインドフルネス等のジャンルに興味があるのですが、今回コチラの本を読んだ影響で実際に日々の生活にマインドフルネスを取り入れてみようと思い立ちました。 ...
教養

「つながり」と「はみだし」の人類学から見つめ直す個人|はみ出しの人類学【書評】

どうも、いっとくです。 突然ですが、自分らしさって何だと思いますか? 何も考えずに生きていると、自分は自分なので、特に何か意識しなくても自分らしさというのがあるように感じます。 しかし、会社にいる時の自分、家族といる時の...
ビジネス書

短い言葉で話すことは重要だけど…ね?|1分で話せ【書評】

もっす!いっとくです! 今でこそプログラミングをお仕事にしていますが、もともとは営業マンでした。 営業という仕事は好きでも嫌いでもありませんでしたが、やってよかったなとは思います。 なぜなら情熱的なご指導によりアンサーフ...
グルメ

物語を知ってもっとコーヒーを楽しむ|珈琲の世界史【書評】

こんにちは、いっとくです! コロナで在宅ワークが増えたことにより、コーヒーにハマる人が増えたらしいですね。 どれくらい増えたかはわかりませんが、きっとたくさん増えたことでしょう。 もちろん僕もしっかりミーハーなので、ちゃ...
小説

【書評】マル暴総監|ハチャメチャ刑事コメディ(たぶん)

こんにちは、いっとくです! 小学生の時に、将来なりたい職業がなさすぎて将来の夢に警察って書いたことが一度だけあります。 さて、そんなわけで今回は刑事モノの小説の読書感想文です。 マル暴総督著:今野 敏 出版:実業之日本社...
ビジネス書

【書評】NETFLIXの最強人事戦略

どうも、いっとくです! きっとみなさんの中には、何かしらの動画のサブスクリプションサービスに入っているという人がかなりの割合でいるのではないでしょうか? そんなサービスの大本命であるNETFLIX。 もとはDVD宅配レン...
ビジネス書

【書評】レガシーコードからの脱却|とにかくテストせよ

どうも、いっとくです! レガシーコード。 なんとかっこいい言葉の響きでしょうか! もし僕がエンジニアでなければ、レガシーコードなんて単語を聞いたらさぞ伝統を大事に引き継いで洗練されてきたコードなんだろうな〜自分でも書きた...
小説

【読書感想】ビオレタ|まぁ、なんとも…。

こんにちは、いっとくです。 本屋が好きなので暇な休日は本屋に行って、クーラーの恩恵を感じながら今にも穴を開けそうな目線で本を吟味しています。 お気に入りの本屋は中野のブックファースト。 紙の本は紙でしか出版されていない本...
JavaScript

【書評】ハンズオンJavaScript|色々言いたいことはあるが学びは多かった

どうも、いっとくです! 業務ではPHPばっかりやっているのですが、やっぱりそれだけだと視野が広がらないよねってことで多少触ったことがあるJavaScriptでも深堀りしてみようかってことで、年始にこんな本を買ってコツコツ読んでいまし...
エッセイ

【書評】読みたいことを、書けばいい。|ROCKで正直な文章論に引き込まれる

こんにちは、いっとくです。 自粛が求められる大型連休が訪れたことにより、大型の暇が押し寄せてきています。最高ですね。 普段であれば人におすすめの本を聞いたものの読まないという悪事を繰り返しているのですが、流石に暇すぎたので読み...
小説

【読書感想】破天荒フェニックス|これを読んだらあなたもオンデーズの眼鏡が欲しくなる

こんにちは、いっとくです! 電車ですごい酔っ払っている人がいると、いち早く距離を置きたいと思うものの、なんか負けた気がするので何でもない顔して突っ立っている派です。 今回も読んだ本の感想ということで「破天荒フェニックス」という...
ビジネス書

思考は現実化する|読書感想

今年の花粉は急に消失した気がするのですが、僕だけでしょうか? 痒くないは正義。いっとくです。 最近の読書スタイルとしてビジネス書とプログラミング系の技術書と小説を並行して読んでいるのですが、たまたま全部の分野で重量級のやつを選...
タイトルとURLをコピーしました