書評

教養

【書評】人類と気候の10万年史|気候変動を長い期間で見つめる

こんにちは、いっとくです。 花粉がすごいですね。これも温暖化の影響ですか?それとも元々花粉ってこれくらい飛んでたんですか?とにかく今度花粉を見つけたらボコボコにしてやろうと思います。 そういえば、僕が小さい頃から温暖化が進んで...
エッセイ

【書評】ぜんぶ本の話|池澤親子による活字トーク

こんにちは、いっとくです。 普通の人よりは本を読む方ではあるのですが、世の中には引くほど読書している人がいますね〜。 とりあえず、最近は本の内容もそうですが、向き合い方みたいなのを変えたらもっと人生豊かになるんじゃないかと思っ...
ビジネス書

【書評】バナナの魅力を100文字で伝えてください|伝わる技術のコツを学ぶための本

こんにちは、いっとくです。 ビジネスの基本、それは伝えることですよね。 というか「伝える」ということはビジネスに限らず日常でもかなり関係のあるテーマだと思います。 そんな伝え方のコツが短くギュッと詰め込まれた1冊がこちら...
ビジネス書

【書評】NFTの教科書|NFTのこれまでとこれからが割と専門的にわかる本

こんにちは、いっとくです。 NFT流行ってますねぇ〜。なんか騒がれているのは知っていましたが、きっとまたインフルエンサーの人が騒ぎ始めて、そこのフォロワーたちがよくわからないまま良いと言い始めて盛り上がり始めた技術みたいな認識でした...
語学学習

【書評】基本の78パターンで英会話フレーズ800|英語の学習書籍は全部Audibleになってくれ

こんにちは、いっとくです。 英語できるようになりたいですね。 最近Audibleが聴き放題になったことで色々と検索をしてみた結果、名著と呼ばれるような技術書が英語版のみ存在していたので、突然英語聞き取れるようになりたいと思った...
ビジネス書

【書評】問いかけの作法|問いかけの質を上げてアイディアを引き出し、信頼を築く

ファシリテータ「〇〇について何かアイディアある人いますかー?」 A「…」 B「…」 C「…」 会議あるあるですねぇ。 マネージャー「何か不安とか不満とかあったりする?」 メンバー「今の所、特に思いつかな...
ネットワーク

【書評】ストーリーで学ぶネットワークの基本|ネットワークとエンジニアの働き方の両方を学べる良書

こんにちは、いっとくです。 感想を書くのが大分遅くなりましたが、年末年始に時間があったので何か1冊技術関連の書籍を読もうと思って、こんな本を読んでいました。 ストーリーで学ぶネットワークの基本著:左門 至峰 出版:インプレス ...
小説

たまには文学でも読んでみようじゃないか|三四郎【書評】

こんにちは、いっとくです。 今まで読んでいた本のジャンルがちょっと偏っていたので、もっと色々なものを読んでみようということで、普段なら絶対に読まないであろうこちらの本を読んでみました! 三四郎著:夏目 漱石 出版:青空文庫 ...
ビジネス書

ライフシフトの副読本|仕事2.0

「人生100年時代」「働き方改革」という言葉が広まったものの、あんまり変わった気がしないですね〜。 と思っているサラリーマンの皆様。 おっはようございます。 ということで、今回はそんな100年時代を生き抜くためのヒントに...
ビジネス書

生命原則と人生哲学のアナロジー|ビジネスと人生の「見え方」が一変する 生命科学的思考

こんにちは、いっとくです。 年末になるたびに年末ですねって言ってる気がします。そりゃそうですよね、年末なんですから。 ということで、年末なので読んだものの感想を書いていなかった本の消化タイムに入っております。 今回読んだ...
ビジネス書

現実的なダイエット本|筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方

こんにちは、筋トレビジネスエリートです。 言い過ぎたかもしれません。筋トレしてませんでした。あとエリートでもありませんでした。 気を取り直して… こんにちは、ビジネスです。 ということで筋トレもしてもなければ、ビジ...
ビジネス書

BtoBでIT商材を扱っている営業マンのための教科書|キャズム Ver.2

こんにちは、いっとくです! 今はもう営業マンではないですが、教養の一つとしてかつてアメリカで一斉を風靡したマーケティングのバイブルを読んでみました。 キャズム Ver.2 増補改訂版 新商品をブレイクさせる「超」マーケティング...
エッセイ

STAP細胞騒動の裏側に迫る|あの日【書評】

こんにちは、いっとくです! STAP細胞はありますか? 実際どうかはわかりません。真相は闇の中です。 しかし、この本は一読の価値があると思います。 あの日著:小保方 晴子 出版:講談社朗読:小保方 晴子 かな...
技術書

モデリングの本質を学ぶことができる本…らしい|UMLモデリング入門

こんにちは、いっとくです。 設計って難しいですよね。そりゃ上流工程って言われているくらいなので、難しいのは当然なのですが、特にソフトウェアって建築と違って、設計図がある程度揃っていなかったり間違ってたりしても、動くものが作れてしまう...
小説

SNSを通じたおじさんおばさんの文通かと思いきや…|ルビンの壺が割れた【書評】

寒くなってきましたね〜、、、いっとくです! 今回はこちらの本を読んだので感想でも書いていこうかなと思います! ルビンの壺が割れた著:宿野かほる 出版:新潮文庫 この「ルビンのツボが割れた」という小説は、なんとも言えない読...
教養

日本酒を美味しく飲むためには知識をつけるのがオススメ|ビジネスエリートが知っている教養としての日本酒

こんにちは、いっとくです。 下に貼った記事にも書きましたが、人間が感じる味というのは複合的な感覚で、味、舌触り、香り、見た目、そして物語を知っていることで最高に美味しくなるんだそうです。そう思います。 ということで...
ビジネス書

教えるということもわかるし、なんなら色々教えられる本|「教える」ということ【書評】

こんにちは、いっとくです。 久しぶりに出口治明さんの本を読みました。 「教える」ということ 日本を救う、を増やすには著:出口 治明 出版:角川書店 出口さんの書く本が好きで、今までにも何冊か読んでおり、かなり影響を受けて...
教養

切なくなるほど過酷な生き物たちの一生に思いを馳せる|生き物の死にざま

夏も終わりが近づくと、セミの亡骸が街中に転がっていますよね。 あれは自然界が生み出したドッキリ企画ですね。近づいたらいかにもヤバそうな音を立てながら暴れ回るんですから。住んでいるアパートの階段の真ん中に転がっていて立ち往生したことが...
教養

結論:うまい話はないからインデックスファンドを買え|臆病者のための株入門

オーディブルでは月に1冊、ボーナスタイトルで本がもらえます。 好きな本は選べないとはいえ、そのおかげで自分の感性から外れたところにある本を手にすることができるし、オーディブル1冊がだいたい2000円から3000円くらいすることを考え...
ビジネス書

睡眠の質を上げて生産性をバク上げせよ|成功する人ほどよく寝ている

寝ても寝てもスッキリしない…。僕です。 子供の時からとにかく朝が弱いんですよね。小学生の時は「寝坊が犯罪ならお前は常習犯だ」と野球チームの監督に言われ、新卒で入社した会社ではいきなり寝坊し、その後も定期的に寝坊してました。もちろん鬼...
タイトルとURLをコピーしました